銀魂
『銀魂』WEB版本ポスター

単行本発行部数累計5,000万部を超える空知英秋原作の大人気コミックを、小栗旬×福田雄一のタッグで実写化した『銀魂』が7月14日より全国公開される。この度、本作のWEB版予告と本ポスタービジュアルが解禁となった。

銀魂
『銀魂』WEB版本ポスター

抱腹絶倒のギャグと壮絶アクション、そして厚い人情をも詰め込んだ天下無敵の痛快エンターテイメントである本作は、パラレルワールドの江戸を舞台に、己を信じる侍魂を堅持するちょっと変わった天パの銀髪男「万事屋」の坂田銀時と、ひょんなことから出会った仲間の身に起きる様々な出来事を描く。

解禁となったWEB版予告には、菅田将暉扮する新八の「その男は、侍と呼ぶにはあまりにも荒々しく、チンピラというにはあまりにまっすぐな目をした男だった」という言葉と共に、小栗演じる銀時をはじめ、続々と各キャラクターの姿が登場する。さらには、銀時と薄赤く光る刀を手にした男が月に照らされる中、激しく剣を交えるアクションシーン、最後には新八と佐藤二朗演じる武市変平太2人のコミカルなやり取りも収められている。公式サイトでは、高杉晋助役の堂本剛が映るビジュアルなども公開されている。

映画『銀魂』は7月14日より全国公開

【CREDIT】
脚本/監督:福田雄一
出演:小栗旬 菅田将暉 橋本環奈
原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
製作:「銀魂」製作委員会 制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:gintama-film.com

©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会

あさひなぐ

2014年度に小学館漫画賞(一般向け部門)を受賞したこざき亜衣原作、ビッグコミックスピリッツ連載中の大人気“薙刀”コミック「あさひなぐ」が、乃木坂46をキャスト陣に迎え映画&舞台化される。この度、齋藤飛鳥が主演を務める舞台版が全国46の映画館で生中継されることがわかった。

あさひなぐ

原作は、“美の武道”と言われる“薙刀”に⻘春の全てをかけた少女たちの成⻑物語。主人公の東島旭は中学まで美術部だったが、競技人口が少なくインターハイに出やすい「薙刀は高校部活界のアメリカンドリーム!」という謳い文句に惹かれ、薙刀部に入部。個性豊かな仲間たちとともにインターハイ全国大会制覇へ向け、ライバルや様々な困難に立ち向かっていく”なぎなたガールズ“たちの奮闘を描く。

あさひなぐ

全公演のチケットがすでに即日完売となっていた中、本公演を映画館で鑑賞できるライブビューイングの開催が決定。開催日は5月30日(火)夜の公演となる。さらに上演後には、9月22日(金)に公開される映画版『あさひなぐ』のキャスト発表イベントも開催される。

舞台『あさひなぐ』ライブ・ビューイング(スペシャルイベント付き)


日時 : 5月30日(火)19:00開演
会場(映画館):全46館
詳細はこちら http://www.toho.co.jp/theater/ve/asahinagu_lv/
料金 : 3,600円(税込)
※映画館により、特別シートなどは追加料金がかかる場合がございます。
※各種割引券・招待券使用不可。

映画『あさひなぐ』は9月22日(金)より全国公開/舞台は5月20日(土)よりEXシアター六本木ほか上演

【CREDIT】
原作:こざき亜衣「あさひなぐ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
出演:⻄野七瀬 白石麻衣 ほか(映画版)
監督:英勉

©2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 ©2011 こざき亜衣/小学館

原作:こざき亜衣「あさひなぐ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
出演:齋藤飛鳥、井上小百合、新内眞衣、若月佑美、生駒里奈、堀未央奈、衛藤美彩、北野日奈子、 石井一彰、則松亜海 、真琴つばさ ほか(舞台版)
脚本・演出:板垣恭一

©2017 舞台「あさひなぐ」製作委員会 ©2011 こざき亜衣/小学館

ラストコップ

唐沢寿明×窪田正孝共演のアクションコメディ『ラストコップ THE MOVIE』が5月3日(水)より公開される。この度、映画公開直前を記念して4月24日(月)に行われるイベントの様子がLINE LIVEにて生配信されることがわかった。

ラストコップ

開催が決定した『ラストコップ』プロジェクト・ファイナル祭りと題した公開直前イベントでは、主演の唐沢寿明をはじめ、窪田正孝、佐々木希、和久井映見、竹内涼真、松尾諭、桜井日奈子、武田玲奈、マギー、田山涼成、宮川一朗太、加藤雅也、吉沢亮ら豪華キャスト陣が一挙勢ぞろい。これまで数々の常識を覆してきた『ラストコップ』にふさわしい、史上初となる公開生ドラマを披露。さらに、イベント後には、唐沢、窪田、竹内の3人による「スペシャルアフタートーク」も生配信される。


番組名:映画『ラストコップ THE MOVIE』スペシャルLIVE
配信日時:2017年4月24日(月)17:00~
配信URL:https://live.line.me/channels/21/upcoming/2572360(LINE LIVE公式アカウント)
※番組内容、開始時間は予告なく変更となる可能性がございます。
※コーナーにより出演者が異なります。

映画『ラストコップ THE MOVIE』は5月3日(水)全国公開

【CREDIT】
出演:唐沢寿明 窪田正孝 佐々木希 藤木直人(特別出演) 小日向文世 和久井映見 黒川智花 竹内涼真 松尾諭 桜井日奈子 武田玲奈 伊藤沙莉 ・ 田山涼成 マギー 宮川一朗太
ゲスト:加藤雅也 吉沢亮 ふなっしー 升毅
監督:猪股隆一
原作:「DER LETZTE BULLE」Red Arrow International
配給:松竹

©2017映画「ラストコップ」製作委員会

 

3月のライオン

映画『3月のライオン』後編初日舞台挨拶が22日、都内・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、神木隆之介、有村架純、倉科カナ、清原果耶、前田吟、加瀬亮、伊勢谷友介、大友啓史監督が登壇した。

3月のライオン

本作は、幼い頃に両親と妹を交通事故で亡くし、孤独を抱え、すがりつくように将棋を指し続けてきた17歳のプロ棋士・桐山零が、同じ下町に住む三姉妹との出会いや数々の対局から人生を取り戻していくさまを描く。神木隆之介をはじめ、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、加瀬亮、高橋一生、中村倫也、尾上寛之、伊藤英明、豊川悦司らが出演し、新たに伊勢谷友介が川本3姉妹を捨てた放蕩な父親・誠二郎として参戦する。監督は『るろうに剣心』シリーズの大友啓史が務める。

3月のライオン

この日は客席サイドから登場し、大歓声で迎えられたキャスト陣。前編・後編を通して「観て欲しいポイント・印象に残っているシーン」についてトークが進められると、後編から出演している伊勢谷は「僕が出ていない前編からもちろん観させていただいたんですが、棋士の皆さんが緊張感を持って、人生をかけて打っているなと。単純に闘いからくるオーラに『すごいなぁ』とファンになりました」と述懐。続けて「神木君じゃなきゃこの役はやれないんじゃないかってくらい、神木君が詰まった映画で素敵でしたね!」とファン目線で感想をこぼすと、神木は「おこがましいです!ありがとうございます」と笑顔をのぞかせていた。

3月のライオン

棋士たちの対局シーンは長回しで撮っていた本作。“神の子”と恐れられる宗谷冬司 名人を演じた加瀬は「ほんとにしんどかったですね…」と振り返り、「もうずーっと長回しされるんで、予想以上に疲労しました」と語る。そこに伊勢谷が「対局の展開をわかっている上で長尺で打ち続けてるってこと?」と疑問を投げかけると、神木は「そうです!棋士の先生に『何十手先にこうしたい』と教えてもらった上で、それを自分で思いついたかのように指していくんです」と明かし、ポイントとなる何十手先までにたどり着く展開は自身で考えて打っていると話した。伊勢谷は「ん〜!だからあんなリアリティがあるんですね!この映画の素晴らしさを僕はぜひ伝えたい!宣伝にも協力したい!」と興奮しきりだった。

3月のライオン

イベントでは、大ヒットを祈願して鏡開きを敢行。また、観客4名へ神木、有村、倉科、清原から映画にまつわるお土産やグッズ、キャストサイン入りポスターなどを直接手渡するプレゼント企画も行われた。さらに、6月17日より開幕する第20回上海国際映画祭に、前編・後編が同映画祭史上初の2夜連続のプレミア上映として正式出品されることがサプライズで発表された。

3月のライオン

前編・後編と2部作構成の作品は1日で連続上映されることがセオリーだが、史上初の2夜連続のプレミア上映に、神木は「嬉しいです!」たくさんの方に観ていただきたいですし…史上初、2夜…いいっすね!“史上初”って響き!本当に幸せなことだと思います。感謝です!」と満面の笑みをのぞかせた。大友監督は「中国はが以外の映画を観られる数が30本くらいとか決まってるんですよね。こういう映画祭で他の国の映画が上映されると、本当皆さん喜んでくれる。特に神木君の人気も中国ですごくあるし、かなり楽しみにしているかと思うので、ぜひ現地へ行って(現地の反応など)報告したいですね!」と喜びをあらわにしていた。

映画『3月のライオン【前編】【後編】は大ヒット公開中

【CREDIT】
監督:大友啓史
主演:神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶 佐々木蔵之介 加瀬亮 伊勢谷友介 前田吟 高橋一生 岩松了 斉木しげる 中村倫也 尾上寛之 奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏 伊藤英明/豊川悦司
原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)
制作プロダクション:アスミック・エース、ロボット
配給:東宝=アスミック・エース

©2017 映画「3月のライオン」製作委員会

悪と仮面のルール

芥川賞受賞作家・中村文則の原作『悪と仮面のルール』を玉木宏主演で映画化されることが発表された。

原作者の中村文則は、2005年に「土の中の子供」で芥川賞を受賞して以来、その評価は国内に止まらず「The Wall Street Journal」で[年間ベスト10ミステリー]に2012年、2013年と連続で選出。2014年には、ノワール文学(=犯罪や暴力を主題に据えた小説)への貢献を讃えるアメリカの文学賞「デイヴィッド・グディス賞」を日本人として初めて受賞、世界的にも注目されている日本人作家だ。

悪と仮面のルール

本作は、“純粋悪”になることを望まれて生まれた、ある財閥家の男・久喜文宏を主人公にした物語。狂気にして巨悪、当主である実父に「お前に地獄を見せる」と告げられる。想いを寄せ合う相⼿、久喜家の養女・香織が父の手によって汚されようとしている現場を目撃した文宏は、⾹織を守るために父親を殺害する。奇しくもそれは、父が望んだ悪に近づくことでもあった。次第に望まない父に似ていく自分に気付き、おびえる香織のもとから離れた文宏は、顔を捨てて別⼈・新⾕に成りすまし、彼⼥を影から見守り続け、再度罪を犯すことを決意を固めていく。

愛がありながらも“純粋悪”に満ちてしまう主人公・久喜文宏を玉木宏が演じる。監督を中村哲平が務める。

玉木宏 コメント


──本作品のオファーがあった時の第一印象
中村文則さんの持ち味である、深く深く出口のない溝に落ちていくようなスケールの大きい作品を映像化するというのはチャレンジングだと感じました。

──主人公はすべてを秘めて押し殺した役柄ですが、演じてみてのご感想や、演じる際に意識したことなど
非常にデリケートで難しい役柄だと感じました。結論から言うと、文宏は整形をして他人の顔を手に入れ、覚悟を決めて進もうとするが、人の内面は整形出来ない。悪に対して理性があるが故の脆さを大切に演じたいと思いながら、この作品と文宏という役に向き合いました。

──出来上がる作品への期待
特異な作品だからこそ、「善悪」「真の愛」「家族」「友人」の事を、改めて見つめ直すきっかけになるのではないかと思います。

中村哲平監督 コメント


中村文則先生の描く世界を映像化することは、プレッシャーと共に大きな喜びでした。
闇の中に一筋だけ感じる温かな光。
作品は重くて、苦しくて、ズシリと心に来るけれど、
それを乗り越えた先には、純粋な愛が感じられる。
玉木宏さんを筆頭に、魅力的なキャスト、優秀なクルーが集結し、素晴らしい作品になりました。
先生の表現する光や空間や熱、繊細に描かれた人物にストーリー、そして心に響く言葉たち。
その全てを大切に、この映画の中に込めました。

中村文則 コメント


素晴らしい役者の方々に演じていただけて光栄です。
現場にお邪魔して、とても面白くなると肌で感じました。大変楽しみにしています。
中村文則

映画『悪と仮面のルール』は2018年公開

【CREDIT】
出演:玉木宏 ほか
監督:中村哲平
原作:中村文則『悪と仮面のルール』(講談社文庫)

(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

劇場版第21作目『名探偵コナン から紅の恋歌』が4月15日に公開を迎え、シリーズ歴代最高の興行収入を記録している。この度、大ヒットを記念してオンライン動画配信サービスHuluでは劇場版『名探偵コナン』シリーズの歴代20作品を独占配信することが決定した。

劇場版名探偵コナンから紅の恋歌劇場版 『名探偵コナン』配信スケジュール
■好評配信中

第1弾   劇場版『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』(1997年)
第2弾   劇場版『名探偵コナン 14番目の標的』(1998年)
第3弾   劇場版『名探偵コナン 世紀末の魔術師』(1999年)
第4弾   劇場版『名探偵コナン 瞳の中の暗殺者』(2000年)
第5弾   劇場版『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』(2001年)
第6弾   劇場版『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』(2002年)
第7弾   劇場版『名探偵コナン 迷宮の十字路』(2003年)
第8弾   劇場版『名探偵コナン 銀翼の奇術師』(2004年)
第9弾   劇場版『名探偵コナン 水平線上の陰謀』(2005年)
第10弾 劇場版『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌』(2006年)
第11弾 劇場版『名探偵コナン 紺碧の棺』(2007年)
第12弾 劇場版『名探偵コナン 戦慄の楽譜』(2008年)
第13弾 劇場版『名探偵コナン 漆黒の追跡者』(2009年)
第14弾 劇場版『名探偵コナン 天空の難破船』(2010年)
第15弾 劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分』(2011年)
第16弾 劇場版『名探偵コナン 11人目のストライカー』(2012年)
第17弾 劇場版『名探偵コナン 絶海の探偵』(2013年)
第18弾 劇場版『名探偵コナン 異次元の狙撃手』(2014年)
第19弾 劇場版『名探偵コナン 業火の向日葵』(2015年)
※19作品の配信期間はいずれも2017年7月7日(金)までの期間限定配信となります。

■2017年4月28日(金)~Huluのみで配信!
第20弾 劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』    (2016年)

場版名探偵コナンから紅の恋歌※劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』は5月11日(木)までの期間限定配信となります。

劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌』は全国東宝系にて大ヒット公開

【CREDIT】
原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:静野孔文 脚本:大倉崇裕 音楽:大野克夫
声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、堀川りょう、宮村優子 ほか
製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント
配給:東宝 公式サイト:http://www.conan-movie.jp

(C)1997-2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

帝一の國

4月29日(土)より公開される菅田将暉主演の『帝一の國』とファンタがコラボ。#ハッシュタグつきのユニークなキャラネームを楽しめる「ファンタ」みんなのキャラボトルのタイアップCMとメイキング映像が公開された。

帝一の國

4月21日(金)0時から「ファンタ」公式サイトにて公開された両映像。本タイアップCMは、4月24日(月)から4月28日(金)の5夜連続放送される『帝一の國』スピンオフドラマ「帝一の國~学生街の喫茶店~」のCM枠で限定放映される。菅田将暉を筆頭に、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗といった注目の若手俳優が、映画の役柄そのままでタイアップCMに出演。CMは、菅田演じる赤羽帝一が、それぞれのキャラクターを「ファンタ」みんなのキャラボトルで紹介していく遊び心満載なCMに仕上がっている。

菅田将暉 インタビュー


──今回のタイアップCMの見どころをお聞かせください。
なかなかこんなに楽しい企画はないですね。映画『帝一の國』も“キャラクター祭り”みたいなところがあるので、まさに(「ファンタ」みんなのキャラボトルと)ぴったり。これ以上にないコラボだなと思いました。

帝一の國』ほどわかりやすく(キャラが)ハマるのはないかもしれないですが、「ファンタ」みんなのキャラボトルは周りの友達も含め、みんなで遊べると思うので、ぜひ活用してほしいと思います。

──映画『帝一の國』では、赤場帝一を演じていますが、帝一に当てはまる“キャラボトル”はどれだと思いますか?
帝一は間違いなく平成にはいないタイプの人間。『#セレブですが何か?』というのも、帝一っぽさはありますけど、『#ドヤ顔日本代表』ですね。常に自信満々で総理大臣を目指しているくらいなので。原作の漫画でも、すごくかっこいい顔でクズなことや小さいことを言うのですが、お前(帝一)そんなかっこよくないぞ、というところがあるので、やはり『#ドヤ顔日本代表』ですね。

──映画のキャラを一度忘れて、他の出演者(野村さん、竹内さん、間宮さん)に“キャラボトル”を当てはめるとしたらどれだと思いますか?
『#イケメンの無駄遣い』は間宮祥太朗です。そこが彼のいいところです。顔が男前すぎておもしろい。黙っていたらかっこいいのにふざけちゃうから、彼は『#イケメンの無駄遣い』日本代表ですね。

竹内くんは、当てはまりそうなのがいっぱいありますね。『#しゃべりの天才』も『#コミュ力モンスター』も。でも一番『#イケメンかよ』がハマりますね!ちょっとトレンディなんですよ。周平は『#パワフル野生児』。彼は絶滅危惧種みたいなところがあって、恐竜だと思っています。

野村、竹内、間宮が共演者それぞれに「ファンタ」みんなのキャラボトルを当てはめるとしたら?


──野村周平 コメント
菅田くんは『#おしゃれ番長』。毎日のように撮影があったけど、ちゃんと違う服を着てました。俺は毎日同じジャージで行っちゃうのに、菅田くんは毎日凝ってた。竹内は『#イケメンかよ』。顔がイケメン、身長も高いし、性格も良いし、まさに『#イケメンかよ』という感じ。間宮は『#変顔の神』。あいつは顔がおもろい。変顔してなくてもおもしろい、イケメンなのに。彼は顔の筋肉がすごく動くから、変顔したときのインパクトがすごいと思いました。自分は『#パワフル野生児』が一番ハマる。『#パワフル野生児』は結構、『帝一の國』の人たちみんなに当てはまります。

──竹内涼真 コメント
菅田くんは『#異次元ファッショニスタ』。菅田くんのファッションは僕らでは想像がつかない感じがするから、毎回驚かせるんですよね。こういう組み合わせ方があるんだ、と。菅田くんがコーディネートしたものを僕に着て欲しいらしいので、一回(一緒に)買い物に行ってみたいですね。全部菅田くんが選んだものを買うみたいな。

野村くんは『#盛り上げ隊長』、『#ネタの宝庫』。実際に盛り上げ隊長をやってくれて、いないと静かだし、いるとにぎやかだし、(一緒に居て)心地よかったです。間宮くんは、『#パーリーピーポー』。ご飯会、飲み会隊長だから。でも男気があるから『#性格イケメン』だとも思います。自分は『#妄想バクハツ族』。妄想しかしていないです。現場までの電車の中で割と妄想しています。仕事がうまくいったらいいなとか、自分の好きな映画の主人公に自分を置き換えるとか、そんなことばっかり考えていますね。

──間宮祥太朗 コメント
菅田くんは『#我らがエース』、『#異次元ファッショニスタ』。独創的な格好を着こなします。あと、彼は好奇心旺盛で、プライベートでもすごく色々なことをやっているので、『#リア充の手本』かなとも思います。

野村くんは『#パワフル野生児』。彼は素直で、彼の中で一度考えて出す言葉でなく、動物のように素直に思ったことが口から出てきている。竹内くんは『#やさ紳士』であり、『#ゆるふわ星人』でもあります。すごく紳士的で優しい一面もありながら、つかみどころがない、ふわっとしていていじられる一面もある。あと『#イケメンかよ』も間違いなくしっくりきますね。

映画『帝一の國』は4月29日より全国東宝系にて公開

【CREDIT】
出演:菅田将暉 野村周平 竹内涼真 間宮祥太朗 志尊淳 千葉雄大/永野芽郁 吉田鋼太郎
企画・製作:フジテレビ 制作プロダクション:AOI Pro.
配給:東宝

©2017フジテレビジョン 集英社 東宝 ©古屋兎丸/集英社

君の膵臓をたべたい

住野よるの同名ベストセラー小説を、浜辺美波×北村匠海(DISH//)のW主演で実写映画化した『君の膵臓をたべたい』が7月28日に全国公開される。この度、本作の主題歌がMr.Childrenの新曲「himawari」に決定した。

君の膵臓をたべたい

原作は、重い膵臓の病を抱えた女子高生・山内桜良と、彼女の病気を唯一知ることになるクラスメイト“僕”を中心に描かれる青春物語。映画版では、教師となった“僕”が学生時代を回想する2つの時間軸が交差する≪現在≫と≪過去≫それぞれの視点で物語が紡がれていく。山内桜良を浜辺美波、学生時代の“僕”を北村匠海が演じるほか、現在の“僕”を小栗旬、桜良の親友・恭子の現在の姿を北川景子がそれぞれ扮する。 監督を『黒崎くんの言いなりになんてならない』『君と100回目の恋』などを手掛ける月川翔が務め、脚本を『ホットロード』『アオハライド』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』で知られる吉田智子が担当する。

君の膵臓をたべたい

本作に寄り添うような楽曲へと仕上がった主題歌「himawari」。今回のコラボは、小栗演じる“僕”が、いま何を想っているのか、どう過去をふり返るのか、それを歌で表現するとしたら、どの世代も共感できるアーティストは一体誰なのか…と思案した制作陣が、Mr.Childrenへ真っ先に連絡したことがきっかけ。そのオファーをMr.Childrenが快諾したことにより実現した。

原作者・住野よるは、主題歌「himawari」を聞いて「桜良(さくら)をヒロインとしたこのお話の主題歌に夏の花のタイトルがついていたことに想像を悠々に超えられた感覚があった」と語り、楽曲に映画全体を包み込むような印象を受け、「とても幸せ」とコメント。映画版で描かれている12年の時を超えた“桜良”と“僕”の物語に「桜が散ってもその先に足を踏み出さなくてはならない、主人公やこの映画を観た全ての人にとってとても重要な曲になると感じています」と原作と映画を繋ぐ楽曲を絶賛した。

桜井和寿(Mr.Children)コメント


この物語の中にある苦しい程の美しさ、強さ、優しさ、残酷さ
それらを包み込みながらも
更に拡がりを持って押し出していける、
そんな音を探して探して、やっとのこと辿り着いた曲は、
自分の想像を超え、また新しい力を与えてくれるものでした。
この映画に、物語に感謝です。

住野よる コメント


自分や自分の書いたお話がMr.Childrenさんと関わる日が来るなんて思ってもみませんでした。映画にとって主題歌はもの凄く大事なものだと思います。たとえば映画に対する評価をひっくり返してしまうような重要性を持っているものではないかと。そんな主題歌に、今回Mr.Childrenさんが映画全体を包み込むようなスケールの楽曲を提供してくださったこと、本当に「君の膵臓をたべたい」は幸せだなと思っています。楽曲のタイトルが「himawari」、桜良(さくら)をヒロインとしたこのお話の主題歌に夏の花のタイトルがついていたことに想像を悠々と超えられた感覚があったのですが、それ以上に、桜が散ってもその先に足を踏み出さなくてはならない、主人公やこの映画を観た全ての人にとってとても重要な曲になると感じています。

映画『君の膵臓をたべたい』は7月28日より全国東宝系にて公開

【CREDIT】
原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社刊)
監督:月川翔
出演:浜辺美波 北村匠海/北川景子 小栗旬
企画・製作:東宝 映画公式サイト:http://kimisui.jp/

©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社

散歩する侵略者

黒沢清監督の最新作で5月17日に開幕する第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品されることが決定している映画『散歩する侵略者』が9月9日(土)に全国公開される。この度、特別映像が解禁となった。

2005年初演、その後も再演を重ねる、劇作家・前川知大による劇団イキウメの舞台「散歩する侵略者」を原作とする本作は、数日間の行方不明の後、不仲だった夫が「地球を侵略しに来た」と、別人のようになって帰ってきたことから巻き起こる奇々怪界を描くエンターテインメント。別人のようになって帰ってきた夫に翻弄される妻・加瀬鳴海を長澤まさみが、「侵略者に体を乗っ取られた男」鳴海の夫・加瀬真治を松田龍平が、町で発生する一家惨殺事件を追ううちに「侵略者」と行動をともにすることになるジャーナリスト・桜井を長谷川博己が演じるほか、高杉真宙、恒松祐里が共演する。

この度解禁された特別映像では、長澤まさみ演じる主人公・加瀬鳴海とその夫・加瀬真治(松田龍平)が過ごす穏やかな日常が突如“異変”に巻き込まれる衝撃の場面が収められている。自衛隊も出動するほどの想像を越える事態に、事件を追うジャーナリストの桜井(長谷川博己)らは混乱に包まれ、さらに第二・第三の侵略者である天野(高杉真宙)と立花あきら(恒松祐里)が人類の滅亡を暗示するかのように意味深に微笑む姿も。映像が解禁されるも深まるばかりの謎、新感覚の展開に本編への期待が高まる仕上がりとなっている。

映画『散歩する侵略者』は9月9日より全国公開

【CREDIT】
監督:黒沢清
原作:前川知大「散歩する侵略者」
出演:長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里 長谷川博己
製作:『散歩する侵略者』製作委員会 配給:松竹 日活

©2017『散歩する侵略者』製作委員会

ママダメ

Facebookで知り合った台湾全力女子「リンちゃん」と日本人緩慢男子「モギさん」が、距離を縮めゴールインするまでの過程をたどるノンフィクション・ラブストーリー『ママは日本に嫁に行っちゃダメと言うけれど。』が5月27日に公開される。この度、本作の予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

ママダメ

本作のモデルとなるリンちゃん&モギさん本人が、2人の日常を紹介するFacebookページ「雖然媽媽説我不可以嫁去日本。」は現在32万人のファンを突破。Facebookの投稿を読みやすくまとめ、公開後大反響を呼んだウェディングフォトを収録した書籍「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」を原作に、リンちゃんをドラマ「あの日を乗り越えて」の台湾女優ジェン・マンシューが、モギさんを『新宿スワンⅡ』などに出演する中野裕太がそれぞれ演じる。監督を、2016年放送のドラマ「拝啓、民泊様」を手掛け、現在韓国に在住している谷内田彰久が務める。

予告編には、リンちゃん(簡嫚書: ジェン・マンシュー)とモギさん(中野裕太)2人がFacebookを通じて知り合う様子や、台湾の街中をデートする可愛らしい映像が主題歌「ハンブンコ」(ericka hitomi)にのせて映し出されている。また、本作のタイトルにもなっているような、リンちゃんが日本へお嫁に行くことを全力で止めようとするママ(王彩樺:ワン・サイファー)と言い争う一幕も。

中野裕太 コメント


原作の雰囲気を踏襲したポスタービジュアルですが、映画は、またそれをファンタジーにまでしっかり作り上げた、素敵なラブストーリーになっています。恋っていいな、旅っていいなって興味がわくキッカケにな るんじゃないかな!まずは予告編でその世界を少しのぞいて見て下さいね。

簡嫚書:ジェン・マンシュー コメント


ようやく、日本の皆さんにこのキュートな実話を元にした映画を観て頂ける事に興奮しています!ポスター は元になったモギ夫婦の本の表紙とリンクしています。この映画の世界感を感じて頂けると嬉しいです!

谷内田彰久監督 コメント


この映画には、恋して結婚できるってほんとに幸せなことだ!ってなんで忘れてた?って気がついて明日運命の人にできるかどうかは自分次第だというメッセージを込めています。一回目に1人で見た人は、2回目は絶対誰かと一緒に見てください!

映画『ママは日本に嫁に行っちゃダメと言うけれど。』は5月27日より新宿シネマカリテ他にて順次公開

©“Mamadame” production committee