ホーム 著者 からの投稿 映画ランド編集部

映画ランド編集部

4871 投稿 0 コメント

染谷将太『空海―KU-KAI―』特報、東京ドーム約8個分のスケールに唐の都を完全再現!

空海
「エヴェレスト 神々の山嶺」「陰陽師」などで知られるベストセラー作家・夢枕獏の「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を原作に、日中共同製作で映画化する『空海―KU-KAI―』の特報映像が解禁となった。 本作は、7世紀の中国・唐代を舞台に、日本から遣唐使としてやってきた若き僧侶・沙門空海が、詩人・白楽天(のちの白居易)とともに、首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫るさまを描く。日中共同製作となる本作の主演を染谷将太が務め、黄軒(ホアン・シュアン)、阿部寛、松坂慶子、火野正平が共演。監督を、カンヌ映画祭パルム・ドール、ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞ほか数々の受賞を果たし、世界にその名を轟かせる巨匠・陳凱歌(チェン・カイコー)が務める。 解禁された特報映像には、約6年の歳月をかけて東京ドーム約8個分(367,000ヘクタール)の土地に再現された「長安の都」の圧倒的スケールや、絢爛豪華な衣装を身にまとう染谷、ホアンら日中豪華スターたちの姿が収められている。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=rVZcHypyYR0] 映画『空海―KU-KAI―』は2018年2月に全国東宝系にて公開 【CREDIT】 出演:染谷将太 黄軒(ホアン・シュアン) 阿部寛 他 原作:夢枕獏(角川文庫/徳間文庫) 監督:陳凱歌(チェン・カイコー) 配給:東宝/KADOKAWA ©New Classics Media Corporation and Kadokawa Corporation 2016

『ダンケルク』C・ノーランが日本に用意した究極の映像体験とは、メイキング映像公開

ダンケルク
『ダークナイト』『インセプション』『インターステラー』のクリストファー・ノーランが初めて実話の映画化に挑んだ新作『ダンケルク』より、日本での35mm本編フィルムによる上映が決定したことがわかった。あわせて、メイキング映像が解禁となった。 本作で描かれるのは、相手を打ち負かす「戦い」ではなく、生き残りをかけた「撤退」の物語。容赦なく敵勢が迫るなか、陸海空の3視点で描かれるストーリーが同時に進行する。時間描写において他と一線を画すノーラン監督ならではの緊迫のタイム・サスペンスが、IMAXカメラによる迫力の映像で描かれる。トム・ハーディ、マーク・ライランス、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィー、ハリー・スタイルズらが出演する。 本作を引っさげ、『インセプション』以来7年ぶりの来日を果たすノーラン。“観客に最高の体験を提供したい”という本人の希望で8月23日(水)に開催されるジャパンプレミアでは、なんと特別に35mm本編フィルムでの上映が決定した。残念ながら日本での70mm本編フィルム上映は叶わないが、丸の内ピカデリーでは公開初日の9月9日(土)~9月18日(月)の期間限定、ミッドランドスクエアシネマ(名古屋)では9月23日(土)~期間限定で35mm本編フィルムで上映される。ノーラン自身は23日(水)のジャパンプレミアと24日(木)の来日記者会見、YouTube Space TOKYOでのトークイベントに登壇を予定している。 デジタル化が進む映画業界で、以前からフィルム上映の重要性を訴え続けているノーランは「映画は劇場に行って鑑賞するもの。フィルムを使った理由は、映画を鑑賞するという体験の可能性を最大限に引き出したいから。観客をダンケルクに連れて行き、劇場にいる皆さんで体感できる鑑賞こそが、私の考える映画体験だ」と語っている。 解禁された映像でも「70mmフィルムの上映は壮大な物語を伝えるのに最適だ。観客はきっと大画面で堪能するだろう。その色彩と画質のクオリティをね。ゴーグル要らずのVR映像、まさに究極の映像体験だ。大画面でダンケルクを体験した人々の思いを体感してほしい」と話し、圧倒的な臨場感を約束している。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=i1Fd9Kv49yY] 映画『ダンケルク』は9月9日(土)より全国公開 【CREDIT】 監督・脚本・制作:クリストファー・ノーラン 出演:トム・ハーディ、マーク・ライランス、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィー、ハリー・スタイルズ、フィオン・ホワイトヘッド 公式サイト:http://dunkirk.jp © 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.IMAX® is a registered trademark of IMAX Corporation. IMAX 3D and IMAX DMR are trademarks of IMAX Corporation.

美しい花嫁を生贄に…『ゴースト・ブライド』予告、ハロウィンホラーオールナイト上映開催

ゴースト・ブライド
11月25日(土)より公開の映画『ゴースト・ブライド』の日本オリジナル予告編と場面写真が到着した。 アメリカVSロシア “ホラーバトル・ウィークス”として『ドクター・エクソシスト』とともに2本立て上映される本作。19世紀から伝えられた死者を甦らせる恐ろしい儀式を、現在に復活させるさまを描いたミステリー・ホラー。 死者を甦らせる儀式には生贄が必要であり、その生贄は花嫁<ブライド>。ミステリアスなベールに包まれた帝政ロシア時代の儀式と恐怖を『ミラーズ 呪怨鏡』で脚光を浴びホラー映画の演出に定評のあるスヴィヤトスラフ・ポドゲイエフスキー監督が映像化。 異様な儀式をさせられそうになる花嫁役に抜擢されたのは、長編映画初主演となるロシアの若手女優・ヴィクトリア・アガラコヴァ。古典的なサスペンスの構造と、帝政ロシアの伝承に基づく独自のテーマが組み合わさった本作は、2017年に開催された第4回ブライトナイツ・ホロラント映画祭で最優秀撮影賞を受賞している。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=ekzuryIgSYk] また、「仮装して来て!ハロウィンホラーオールナイト!!」と題したオールナイト上映イベントの開催が決定。10月28日(土)よりシネマート新宿にて行われる(開場:23:00/開映:23:30/入場料:2500円)※オールナイト上映イベントの詳細は「ホラーバトル・ウィークス」の公式SNSにて随時発表される。 映画『ゴースト・ブライド』は11月25日(土)より公開 監督・脚本:スヴィヤトスラフ・ポドゲイエフスキー 出演:ヴィクトリア・アガラコヴァ、ヴィアチェスラブ・チェブチェンコ、アレクサンドラ・レベノク、イゴール・クリプノ ©2017, Force Media LLC

乃木坂46白石麻衣と生田絵梨花、伊藤万理華、桜井玲香が「あさひなぐ」着回し30days【Ray】10月号発売

Ray
ファッション誌「Ray」2017年10月号が8月23日(水)に発売される。カバーは3号連続で乃木坂46/Ray専属モデルの白石麻衣が飾る。 もしも、 まいやん&乃木坂46メンバーが”なぎなた部”だったら…? 映画『あさひなぐ』の9月22日(金)公開を記念して、まいやんこと白石麻衣が主演の着回しに乃木坂46の人気メンバー・生田絵梨花、伊藤万理華、桜井玲香がスペシャルゲストとして登場。映画のエッセンスを注入したRayオリジナルストーリーをお届け。美人見えを意識したオトナ可愛いまいやんの着こなしにも注目だ。 “美の武道”と言われる“薙刀”に⻘春の全てをかけた少女たちの成⻑を描く本作。主人公の東島旭役に映画初主演となる西野七瀬を迎え、旭が憧れる先輩・宮路真春役に白石麻衣、2人の最強のライバル・一堂寧々役に生田絵梨花が出演。桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華ら乃木坂46メンバーに加え、富田望生、中村倫也、森永悠希、角替和枝、江口のりこらが共演する。監督を『ヒロイン失格』などで知られる英勉が務める。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=OjW_Uqmu81I] 映画『あさひなぐ』は9月22日(金)より全国公開 【CREDIT】 原作:こざき亜衣「あさひなぐ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中) 出演:⻄野七瀬 白石麻衣 桜井玲香 松村沙友理 伊藤万理華 富田望生 生田絵梨花 ほか 監督:英勉 ©2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 ©2011 こざき亜衣/小学館

新星リリー=ローズ・デップ、出演作『プラネタリウム』を語るインタビュー到着

プラネタリウム
ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップが姉妹役で初共演を果たした映画『プラネタリウム』が9月23日(土)より公開される。この度、リリー=ローズ・デップのインタビューが到着した。 第83回アカデミー賞で主演女優賞に輝いた『ブラック・スワン』などで知られるナタリー・ポートマンと、ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディを両親に持ち、映画出演作が相次ぐリリー=ローズ・デップが姉妹役で初共演を果たした本作。パリを舞台に心霊術師として華々しく活躍する姉妹が、彼女たちに魅了された映画プロデューサーと出会ったことで、互いの運命を狂わせていくさまを描く。監督を、初の長編監督作『美しき刺』がカンヌ国際映画祭の監督週間部門で上映され、次世代の名監督として称賛された美貌の天才レベッカ・ズロトヴスキが務める。 本作で映画出演4作目となったリリー=ローズは「(本作に)に出演したいと思ったのは、脚本の独創的な魅力と、レベッカ・ズロトヴスキとのミーティングでキャラクターに親近感を感じたからよ」と明かし、続けて「フランスで働きたかったの。 そのためには美しい映画で初めたかったんだけど、この脚本を読んで、“見つけた!!”って思ったのよ」と出演を決めた時の気持ちを振り返った。 役柄については「霊を呼び寄せるスピリチュアリストという役柄を演じるのは、すごく大変だったわ。でも私は、死んだ後も魂が一緒にいるという考え方は好きだわ」と共感する部分があると答え、また1番不安だったと話す、涙を流すシーンについては「全身全霊でキャラクターになりきり、感情移入して、太陽を見上げたの。太陽がちょっと手助けしてくれて(笑)自分でも止められないくらいに自然に涙が溢れて。目薬を使わずに、キャラクターに入り込みたかったの。これが映画で私の最初の本物の役柄となるでしょうね」と女優としての才能を感じさせる経験を振り返った。 リリー=ローズ・デップ インタビュー全文 Q、本作への出演について A、『プラネタリウム』に出演したいと思ったのは、脚本の独創的な魅力と、レベッカ・ズロトヴスキとのミーティングでキャラクターに親近感を感じたからよ。最初は脚本をフランス語で読んだわ。勉強は英語でしていたから、フランス語で読むことは私のバックボーンに合うのよ。私にとって、 フランス語で読むことは文学的な感じがするの。私が持っている別の文化背景で大好きなのよ。映画に出てみたくなったの。 私が知っているアメリカ映画に比べてとってもフランスらしいものだったけれど。言うまでもないことだけど、そう思ったのは言語の問題じゃなく、私はフランスで働きたかったの。 そのためには美しい映画で初めたかったんだけど、この脚本を読んで、“見つけた!!”って思ったのよ。 Q、ケイトという役柄について A、ケイトのキャラクターが私の琴線に触れたのは、彼女の性格に共鳴したからね。私は元気で明るい部分もあるけど、彼女のように引っ込み思案でシャイな部分もあるのよ。自分の世界に引きこもったりしたりもするわ。ケイトは100パーセント地に足がついているわけじゃなくて、時々、生と死の間をさまよっているように思うの。霊を呼び寄せるスピリチュアリストという役柄を演じるのは、すごく大変だったわ。でも私は、死んだ後も魂が一緒にいるという考え方は好きだわ。逆説的ではあるけど、物語は悲しい話なのに、セットは楽しかったわ。一番、怖かったのは、泣かなきゃいけないシーンよ。でも全身全霊でキャラクターになりきり、感情移入して、太陽を見上げたの。太陽がちょっと手助けしてくれて(笑)、できたのよ。自分でも止められないくらいに自然に涙が溢れて。この追い詰められた状態が気に入ったのよ。目薬を使わずに、キャラクターに入り込みたかったの。結局のところ、これが映画で私の最初の本物の役柄となるでしょうね」と女優としての才能を感じさせる経験を振り返った。 Q、ナタリー・ポートマンと姉妹役を演じたことについて A、知っての通りナタリーは、すごいキャリアの持ち主で、彼女の出演した映画はほとんど見ていたの。私たちはよく似ているって言われるんだけど、こんなふうにナタリーとエマニュエルとレベッカ監督と一緒に映画に出演できてすごくラッキーだと思っているわ。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=dHssVBCCgLI] 映画『プラネタリウム』は9月23日(土)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開 【CREDIT】 監督:レベッカ・ズロトヴスキ 脚本:レベッカ・ズロトヴスキ、ロバン・カンピヨ 出演:ナタリー・ポートマン、リリー=ローズ・デップ、エマニュエル・サランジェ、アミラ・カサール、ピエール・サルヴァドーリ、ルイ・ガレル、ダーヴィット・ベネント、ダミアン・シャペル 提供:ファントム・フィルム/クロックワークス 配給・宣伝:ファントム・フィルム 公式サイト:planetarium-movie.com © Les Films Velvet – Les Films du Fleuve – France 3 Cinema – Kinology – Proximus – RTBF

『ニドナツ』×ハジメ☆ファンタジー、村上虹郎がモデルを務めるコラボTシャツ発売

二度めの夏、二度と会えない君
赤城大空原作の同名ライトノベルを村上虹郎主演で映画化した『二度めの夏、二度と会えない君』が9月1日(金)に公開される。この度、本作とハジメ☆ファンタジーがコラボを果たした限定Tシャツが発売されることがわかった。 本作は、不治の病を患う転校生の燐と、恋心を抱く男子高校生・智の関係を描く青春ラブストーリー。燐の死に際に自分の思いを告白したことを後悔する智が、2人の思い出の場所でタイムリープ。半年前・夏の出会いから物語を紡いでいく。篠原智を演じる村上虹郎をはじめ、森山燐役に演技初挑戦となる新星・吉田円佳(5人組バンド・たんこぶちんのボーカル&ギター。アーティスト活動はMADOKA名義)、生徒会長の菅野瑛子役にAKB48・加藤玲奈、智たちとバンドを組むドラムの花京院姫子役に金城茉奈、ベースの石田六郎を山田裕貴がそれぞれ演じる。 この度、発売されるTシャツには「二度めの夏をやり直せたら、今度こそ君を好きにならない」という主人公・智のセンチメンタルな思いが込められており、モデルを智役の村上が務めている。 ハジメ☆ファンタジー(センチメンタル研究家)とは、“うまく言えないけど伝えたい気持ち”を可視化したグッズ制作のほか「恋に不器用なひとたちへ」をテーマに多分野で活動。苦しい恋の絵本「胸ギュン」や気持ちを届ける恋の戦闘服「SUNEGE(スネゲ)」を発表するなど、恋に不器用なひとたちを不器用なりに全力で応援している。公式ホームページ(http://hajimefantasy.jp/) ヴィレッジヴァンガードの公式オンラインストア(https://vvstore.jp/feature/detail/11326/)にて受注販売。 受注販売期間:8月22日(火)18:00~9月5日(火) 価格:2500円(税込) サイズ:S、M、Lの3サイズ カラー:青、白の2色 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=NY8IgdV2I2Q] 映画『二度めの夏、二度と会えない君』は9月1日(金)より新宿バルト9ほか全国公開 【CREDIT】 監督: 中西健二 脚本: 長谷川康夫 原作: 赤城大空「二度めの夏、二度と会えない君」(ガガガ文庫刊)/ガガガ文庫10周年企画 出演: 村上虹郎 吉田円佳 加藤玲奈 金城茉奈 山田裕貴/菊池亜希子/本上まなみ 配給: キノフィルムズ 公式サイト:http://nido-natsu.com/ © 赤城大空・小学館/ 『二度めの夏、二度と会えない君』製作委員会

【試写会】キム・ユンソク×ピョン・ヨハン共演『あなた、そこにいてくれますか』一般試写会プレゼント! 

あなた、そこにいてくれますか
9月14日(木)開催 『あなた、そこにいてくれますか』 一般試写会10組20名様ご招待! (c)2016 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved. 『チェイサー』『海にかかる霧』など数々のヒット作に主演し、日本でも人気のある実力派俳優キム・ユンソクと、大ヒットドラマ「ミセン -未生-」で一躍脚光を浴びたイケメン俳優ピョン・ヨハンが過去と現在の主人公を2人1役で演じ、話題となった韓国映画『あなた、そこにいてくれますか』が10月14日(土)から公開となります。そしてこの度、本作の一般試写会に10組20名様をご招待致します。 プレゼント概要 【上映作品】『あなた、そこにいてくれますか』 【応募期間】2017年8月22日(火)〜9月5日(火)終日 【日程】2017年9月14日(木)開場18:30/開映19:00 【ご招待人数】10組20名様 【会場】さくらホール(渋谷区文化総合センター大和田/渋谷区桜ヶ丘町23-21) [googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3241.874367041044!2d139.6977639152582!3d35.65546683020025!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x60188b57382f2acb%3A0x5abdd1961e2f24b7!2z44GV44GP44KJ44Ob44O844Or!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1503387196563&w=300&h=300] 応募方法 Step1:映画ランドアプリをダウンロード (映画ランドアプリでレビューをしていると当選率UP!) ↓ダウンロードはこちらから↓ Step2:Twitter or Facebookで拡散 【Twitterから応募する場合】フォロー&RT (公開アカウントの場合当選率UP!) 【#プレゼント】#キム・ユンソク×#ピョン・ヨハン 共演『あなた、そこにいてくれますか』一般試写会に10組20名様ご招待! ◆締切:9月5日(火) ◆応募方法:フォロー&RT☞アプリDL☞応募フォームへhttps://t.co/fmHarlEaSP #あなそこ pic.twitter.com/5dqKoQQEea — 映画ランド (@eigaland) 2017年8月22日 【Facebookから応募する場合】フォロー&いいね STEP3:下記ボタンから応募フォームへ! ※注意事項 住所不備により、お送りする試写状ハガキがお手元に届かない事態が発生しています。 応募の前に住所、氏名、SNSアカウントの見直しをお願いいたします。 作品情報 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=pVqmVbettKk] 【STORY】 フランスのギヨーム・ミュッソの小説「時空を超えて」を原作に、『チェイサー』のキム・ユンソクを迎えて実写映画化。医療ボランティアでカンボジアを訪れた医師のハン・スヒョンは、赤ん坊の手術をしたお礼に願いを叶えるという10錠の薬を受け取る。彼の願い。それは、30年前に亡くなった当時の恋人ヨナに、もう一度だけ会いたいということだった。半信半疑で薬を飲むと、1985年にタイムスリップし、そこで過去の自分と出会う。ヨナの身に起きた事実を知った若い自分は彼女を助けたいと願うが、彼女との未来を選んでしまうと、彼女の死から10年後に生まれた娘の存在を消してしまうことになる......。 【CREDIT】 監督:ホン・ジヨン キャスト:キム・ユンソク/ピョン・ヨハン/チェ・ソジン/キム・サンホ/アン・セハ ほか 作品情報:http://eigaland.com/movie/55662#details 公式サイト:http://gaga.ne.jp/anasoko/ 配給:ギャガ・プラス © 2016 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved. 【当選発表】 応募期間終了後、厳正なる抽選の上、当選者を決定します。 当選発表は、発送をもってかえさせていただきます。※結果のお問い合わせにはお答えできかねます。 【注意事項】 ・ご応募いただく際にお預かりする個人情報の考え方に関しましては、アプリ内のプライバシーポリシーに記載されておりますので、必ずお読みいただいた上ご応募ください。 ・複製・転売・譲渡(オークションへの出品を含む)を固くお断り申し上げます。 ・ご住所・転居先が不明などの理由によりお届けの遅延や、お届けできない場合もございます。 【お問合せ】 support@eigaland.com(映画ランド運営事務局)

浅野忠信×三島有紀子監督『幼な子われらに生まれ』モントリオール世界映画祭出品決定

幼な子われらに生まれ
直木賞作家・重松清の同名小説を浅野忠信主演で映画化した『幼な子われらに生まれ』が8月26日(土)より公開される。この度、第41回モントリオール世界映画祭のコンペティション部門に正式出品されることが決定した。 モントリオール世界映画祭は、トロント国際映画祭と並ぶ北米最大規模の映画祭で、2014年には呉美保監督・綾野剛主演の『そこのみにて光輝く』と成島出監督・吉永小百合主演の『ふしぎな岬の物語』が、2016年には錦織良成監督・青柳翔主演の『たたら侍』が同部門へ出品されている。 本年度の映画祭では、コンペティション部門に選ばれた18作品の中で本作が唯一の日本映画となる。 また、三島有紀子監督は、2014年に『ぶどうのなみだ』で第38回モントリオール世界映画祭のワールド・グレイツ部門に招待されている。開催期間は 8月24日から9月4日で、本作の上映は9月1日(金)19時と9月3日(日)11時にImperial Cinemaで予定されている。 三島有紀子監督 コメント スタッフ・キャストみんなで心を込めて作った作品が、憧れのモントリオール世界映画祭のコンペティション部門に選ばれ、このうえない幸せを感じています。 文化によって家族のコミュニケーションの仕方は異なりますが、家族は普遍なもの。日本のある種の家族の姿が世界中でどう受け止められるか、興味深いですし、伝わってくれるといいと思っています。 いま世界で起こっていること、日本で起こっていることを見ていると、人間を嫌いになることが多くなってきました。でも、人間は愛おしい生き物だということをこの映画では再認識してもらえると思います。 だから英語タイトルは『DEAR ETRANGER』にしました。たくさんの皆さまに届きますよう祈っております。 本作は、44歳の信が、元妻、現在の妻、妻の連れ子、元妻と暮らす実娘、そして新しく産まれくる命をめぐって不器用な大人たちが成長していくヒューマンドラマ。重松清の傑作小説を、夫婦別姓、同性婚など、家族のあり方を問うと同時に、つぎはぎだらけのパッチワークのような家族の中で、成長していく大人たちをリアリティあふれるタッチで、かつ優しく見守るように描いた作品だ。 バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・田中信を浅野忠信が、二度目の妻・奈苗を田中麗奈がそれぞれ演じるほか、宮藤官九郎、寺島しのぶ、南沙良らが共演する。監督を『繕い裁つ人』『少女』の三島有紀子が務める。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=M3IUP7tZp50] 映画『幼な子われらに生まれ』は8月26日(土)よりテアトル新宿・シネスイッチ銀座ほか全国公開 【CREDIT】 出演:浅野忠信 田中麗奈/水澤紳吾 池田成志 南沙良 鎌田らい樹 新井美羽/宮藤官九郎 寺島しのぶ 原作:重松清「幼な子われらに生まれ」(幻冬舎文庫刊) 監督:三島有紀子 脚本:荒井晴彦 配給:ファントム・フィルム 公式サイト:Osanago-movie.com (C) 2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

ナチスに最も抵抗した国王の運命の決断に迫る新作12月公開

ヒトラーに屈しなかった国王
アカデミー賞外国語映画賞のノルウェー代表作品『The King’s Choice』(原題)が『ヒトラーに屈しなかった国王』の邦題で12月より公開されることが決定した。この度、日本オリジナルポスタービジュアルが解禁となった。 本作は、第二次世界大戦中、ナチス・ドイツ軍に首都を占領され、降伏を要請されたノルウェー国王が国の運命を左右する決断を下すまでの苦悩の3日間を描く。ナチスに従うか、国を離れて抵抗を続けるかの究極の選択を迫られた、国王・ホーコン7世。北欧の小国ながらナチス・ドイツに最も抵抗し続けたノルウェーが下す、歴史に残る重大な決断とは。実在した国王・ホーコン7世を『007』シリーズのイェスパー・クリステンセンが演じる。監督を『おやすみなさいを言いたくて』のエリック・ポッペ、製作を『ドッグヴィル』のピーター・ガーデンが務める。 日本オリジナルポスターでは、イェスパー・クリステンセン演じる、ノルウェー国王・ホーコン7世とノルウェー国旗が堂々と中央に配置されている。国民に愛された国王が、国のトップとして歴史上最も重要な決断をした、その苦悩と優しさに満ちた表情が捉えられている。 映画『ヒトラーに屈しなかった国王』は12月よりシネスッチ銀座ほか全国公開 【CREDIT】 監督:エリック・ポッペ 出演:イェスパー・クリステンセン、アンドレス・バースモ・クリスティアンセン、カール・マルコヴィクス   製作:ピーター・ガーデン  配給:アット エンタテインメント (C)2016 Paradox/Nordisk Film Production/Film Väst/Zentropa Sweden/Copenhagen Film Fund/Newgrange Pictures

浅野忠信が1人カラオケでエレカシ「悲しみの果て」を熱唱『幼な子われらに生まれ』本編映像

幼な子われらに生まれ
直木賞作家・重松清の同名小説を浅野忠信主演で映画化した『幼な子われらに生まれ』が8月26日(土)より公開される。この度、本編映像が到着した。 本作は、44歳の信が、元妻、現在の妻、妻の連れ子、元妻と暮らす実娘、そして新しく産まれくる命をめぐって不器用な大人たちが成長していくヒューマンドラマ。重松清の傑作小説を、夫婦別姓、同性婚など、家族のあり方を問うと同時に、つぎはぎだらけのパッチワークのような家族の中で、成長していく大人たちをリアリティあふれるタッチで、かつ優しく見守るように描いた作品だ。 バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・田中信を浅野忠信が、二度目の妻・奈苗を田中麗奈がそれぞれ演じるほか、宮藤官九郎、寺島しのぶ、南沙良らが共演する。監督を『繕い裁つ人』『少女』の三島有紀子が務める。 映像では、浅野忠信演じる主人公・信が仕事終わりにスーツ姿でひとり、カラオケに訪れるシーンが捉えられている。皺のない清潔なYシャツにネクタイを緩めることなく、音量を調整して歌う姿は、信という生真面目な人物の性格をよく表している。 歌われるのは、エレファントカシマシの「悲しみの果て」。ほんの少し先の未来である“悲しみの果て”について歌っているだけなのに、真っ直ぐでストレートで力強い歌詞は、信の心情に寄り添っている。 浅野は、本作について「一見この話は信が【苦難を乗り越えて、父親として変わっていく】話に思えるけど、そうではない。信が変わるのではなく、信に関わる人たちが変わっていく話だ、と僕は思ったんです」と語り、自身が演じた信を「変われない男」と捉えている。「悲しみの果て」の「涙のあとには/笑いがあるはずさ/誰かが言ってた/本当なんだろう/いつもの俺を/笑っちまうんだろう」の歌詞にあるように、悲しみの果てを越えてから、「やっぱり何も変わってないな、いつもの俺だな」と思って笑うのだ。誰もが抱える悲しみや怒りを、まるで代弁しているかのように田中信は存在している。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=YYsj4idSmWQ] 映画『幼な子われらに生まれ』は8月26日(土)よりテアトル新宿・シネスイッチ銀座ほか全国公開 【CREDIT】 出演:浅野忠信 田中麗奈/水澤紳吾 池田成志 南沙良 鎌田らい樹 新井美羽/宮藤官九郎 寺島しのぶ 原作:重松清「幼な子われらに生まれ」(幻冬舎文庫刊) 監督:三島有紀子 脚本:荒井晴彦 配給:ファントム・フィルム 公式サイト:Osanago-movie.com (C) 2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会
12,416ファンいいね
19,558フォロワーフォロー
26,956フォロワーフォロー

記事ランキング

公式Instagram