EXILEのTAKAHIRO、三代目J Soul Brothersの登坂広臣、俳優の斎藤工が共演する「HiGH&LOW」プロジェクトの映画第2弾『HiGH&LOW THE RED RAIN』が10月8日(土)より全国公開される。かつて「SWORD地区」一帯を圧倒的な力で支配していたチーム「ムゲン」と並び、最強と称された「雨宮兄弟」の絆の物語を描く今作で、尊龍の行方を雨宮兄弟同様に探している少女・成瀬愛華を、いまや映画やドラマに引っ張りだこの吉本実憂が熱演する。今回は物語の鍵を握るキーパーソンとして出演する、いま最旬の女優・吉本実憂に作品の魅力を伺った。

HiGH&LOW

──映画第2弾からの参加ということで、現場の雰囲気などが出来上がっている中に飛び込まれたわけですが、だいぶ緊張されたのでは?

吉本:「緊張はない」と言うと嘘になりますが、いつも役をいただいたときに、その役のバックグラウンドを作ることにとにかく時間をかけるんです。今回も愛華のバックグラウンドを作らせていただいて、表面的には気の強い女の子なんですけど、でも繊細な部分を持っていると感じました。その繊細な部分にすごく惹かれる部分があって。バックグラウウンドを作れば作るほど、「現場に行きたい」っていう。もちろんプレッシャーもあったんですが、楽しみの方がどんどん上に上がっていったような気がします。

──雨宮兄弟を演じるTAKAHIROさん、登坂広臣さんとの初共演はいかがでしたか?

HiGH&LOW
HiGH&LOW

吉本:愛華は気が強いし繊細だし、あとお茶目な部分も持っているので、雨宮兄弟に対してもそういうのをちょっとずつ出していったんです。おふた方(TAKAHIRO、登坂)も「自分に近い部分がある」とおっしゃっていたので、現場でもそういうのが見えたというか。本当に良い意味で雅貴と広斗のままでいらっしゃったので、私もカメラがまわっていないときも、環境的に雰囲気的に愛華になりやすかったです。

吉本:私がクランクインの時が墓地のシーンで、雨宮兄弟2人と初めて会うシーンだったんです。それが一番最初だったので、ちょうど良いくらいの緊張感で臨めたのかなと思います。

──今回、物語の核を握る雨宮三兄弟の長男・尊龍を演じる斎藤工さんとの共演はいかがでしたか?吉本さん演じる愛華にとって大切な存在のようですが。

HiGH&LOW

吉本:この約2か月間は、愛華として生きさせてもらったなという感じがすごくありました。作品によってオンとオフをしっかり使い分けることがあるんですが、今回は役柄的に全く分けずに過ごしていたら、家に帰ってた時も尊龍さんのことを思い出してしまいました。尊龍さんに命も心も助けられて、唯一心の鍵を開けてもらった存在だったりするので、その尊龍さんが突然姿を消したことに、愛華としては「なんで?」っていう不安と、「どこに行ったの?」っていう不安と…。尊龍さんに「会いたい」っていう気持ちがたくさんあって、家に帰ってもそれが抜けなくて、意味もわからず泣いちゃいました(笑)。それくらい愛華にさせてもらったというか、尊龍さんの存在があったことで愛華として生きさせてもらいました。

──実生活の中まで役に入り込んでたんですね。ちょっと強気になっちゃったり、普段過ごす中で影響とかありませんでしたか?

吉本:強かったかもしれない(笑)。でもよかったなって思います、愛華はそれでいいんだって。今はだいぶ抜けました。でも予告とか観ると思い出しちゃって、一部だけ観ても「あぁ尊龍さんに会いたいな」って愛華の気持ちになります。でも、そうなれたのはきっと尊龍さんの説得力だったり暖かさがあったからだと思うので、ありがたかったですね。

──役と真摯に向き合っているようですが、愛華というキャラクターを演じてみて、何か成長を感じたところはありましたか?

HiGH&LOW

吉本:成長できたのは体力面と精神的な部分。愛華として生きさせてもらって、やっぱり辛かったです(笑)。愛華として生きれたからこそ辛かったのかも。お父さんへの葛藤や、尊龍さんと会えない気持ちの辛さも感じたので、それが上手く良い方向に作品につながっているのを映像として魅せられたら良いなと思います。

吉本:体力面では、海外ロケの現場が大変で、すごく暑かったんです!湿気もすごくて、しかもMA-1着てて(笑)。おふた方(TAKAHIRO、登坂)も革ジャンですごく暑そうで…。でもスタッフさんやキャストの皆さんが、そんな中でも精一杯、全力でやっていらしていたので、負けないように頑張ろうって。アクションで一緒に闘うことはできないけど、“心のアクション”という意味では一緒に闘うことができたので、上手く作品として魅せられたらいいなと思います。本当に精神的にも体力的にも鍛えられました。

──今作の吉本さんなりの見どころは?

HiGH&LOW

吉本:愛です!今回メインになっている雨宮三兄弟の愛、雨宮家の愛情、愛華的には親子愛、尊龍さんに対してだったり他人への愛。愛がたくさん詰まった作品だなと思います。私自身、人に何かを伝える時は愛を持って伝えたいなってすごく思っていますし、愛ってやっぱり生きていく中ですごく大事なものじゃないですか。愛すること、愛されること。私なりにですが、愛をテーマに表現する作品に出会えたことはすごくありがたいなって思います。愛情っていうのは、今回一つのキーになるじゃないかなって思います。

吉本:感謝することもたくさんありました。支えてもらってることもそうですし、「大切な〇〇」っていうものがある大切さ。私の中でいま一番大切なものは演技なんです。演技が大好きだし、ずーっと演技やっていきたいし、実力とか演技力とかまだまだですけど、作品を作ってそれを観ていただいて、もしかしたら誰かの役に立ったり、一歩踏み出して明日から頑張ってみようって思うきっかけになる。それができる仕事じゃないですか。お芝居と出会えたっていうのも、一つの演技に対する愛だと思いますし、そういう感謝を改めて今回感じましたね。“愛華”だし(笑)。

──役者としてまた一歩、新境地を開けたようですね。

HiGH&LOW

吉本:私自身、繊細な女の子っていうのを演じきることが目標の一つだったんです。自分ができることを全てやったつもりではいるので、そういうチャンスをいただけたことはすごく光栄です。またこれからも繊細な役だったり、いろんな役を、いろんな人になれるような役者さんになりたいなと素直に改めて思いました。

吉本:次はちょっとミステリアスな役だったり、何考えてるんだろうっていう役をやりたいですね。サスペンスに出たい!

HiGH&LOW

映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』は、雨宮雅貴をTAKAHIROが、雨宮広斗を登坂広臣が引き続き演じるほか、今まで謎に包まれた雨宮兄弟の長男・尊龍を斎藤工が演じる。危機から助けてくれた尊龍の行方を、雨宮兄弟同様に探している少女・成瀬愛華役で吉本実憂が出演するほか、石黒賢や岩城滉一、飯島直子ら実力派俳優陣に加え、E-girls / Flowerの藤井萩花、坂東希、濱田龍臣、中村達也、早乙女太一、長谷川初範らが共演。さらに、山王連合会から岩田剛典、鈴木伸之、町田啓太、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹も登場する。

映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』は10月8日より全国公開

【CREDIT】
出演:TAKAHIRO 登坂広臣 / 斎藤工 企画プロデュース:EXILE HIRO
監督:山口雄大 脚本:松田裕子、牧野圭祐、平沼紀久、渡辺啓
配給:松竹 公式HP:http://high-low.jp/

©2016「HiGH&LOW」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね!で映画情報をGET!

Twitter で
download-app-store@2x download-google-play@2x