トム・クルーズ主演『オール・ユー・ニード・イズ・キル』続編タイトルが決定!

日本人作家・桜坂洋のライトノベルを原作に、トム・クルーズ×エミリー・ブラントがW主演を務めたSF映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の続編のタイトルが、『Live Die Repeat and Repeat(原題)』に決定した。

Live Die Repeat and Repeat

前作に引き続き、本作の監督を務めるダグ・リーマンがColliderのインタビューで明らかにしたもので、前作公開後にリリースされたデジタル版、Blu-ray&DVD版が『Edge of Tomorrow(原題)』から『Live Die Repeat:Edge of Tomorrow(原題)』への変更を受けてこのタイトルになったとみられる。前作の前日譚を描く続編には臆病な二等兵ウィリアム・ケイジ役を演じたトム・クルーズに加え、女性軍曹役リタ・ヴラタスキに扮するエミリー・ブラントの出演が決定している。

「トムも続編の制作にワクワクしているし、エミリーもワクワクしている。もし大きな疑問があるとすればそれはいつやるかということ。”続編を撮影するのか” ではなくて、”いつ撮影するか”が問題なんだ」とリーマン監督は強調する。「1作目は大好きだけど、2作目はそれ以上の映画になる」と明言するリーマン監督がメガホンを握る日を心待ちにしたい。

参考:http://io9.gizmodo.com/edge-of-tomorrow-sequel-gets-title-and-return-of-emily-1794997313?utm_campaign=socialflow_gizmodo_facebook&utm_source=gizmodo_facebook&utm_medium=socialflow

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で