【注目新作】オスカー2冠、A・ガーフィールド主演『ハクソー・リッジ』、ディーン・フジオカが結婚詐欺師を熱演『結婚』ほか公開

<6月23日(金)〜6月24日(土)より公開の新作映画をご紹介!>

フィフティ・シェイズ・ダーカー』(6.23[金]公開)

フィフティ・シェイズ・ダーカー
(C)2016 UNIVERSAL STUDIOS

巨大企業の若き起業家にしてCEO、女性ならば誰もが憧れずにはいられない超絶イケメンのグレイ(ジェイミー・ドーナン)と、それまで恋の経験がなかった女子大生アナ(ダコタ・ジョンソン)の特異な恋愛模様を過激な描写で描き出し、世界中の女性を虜にしたELジェイムズのデビュー小説を映画化した前作。

官能世界の過激さは勿論、より深さを増したドラマティックな展開が繰り広げられる第2章では、前作に引き続きアナ役をダコタ・ジョンソン、グレイ役をジェイミー・ドーナンが続投。新たに、グレイをSMの世界にひき込み“育てた”女主人・エレナ役を、007シリーズ『ネバーセイ・ネバーアゲイン』でボンドガールを演じたキム・ベイシンガーが務め、監督は前作のサム・テイラー=ジョンソンから代わり、海外ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」シーズン1~2を手掛けたジェームズ・フォーリ-が務める。

結婚』(6.24[土]公開)

結婚
©2017「結婚」製作委員会

NHK連続テレビ小説「あさが来た」で五代友厚役を演じ、劇中の彼の死を受け入れられない視聴者の間で“五代ロス”という言葉が生まれるほど大ブレイクしたディーン・フジオカ。本作では、あらゆる女性を大人の色気で翻弄し、金品を騙し取る魅惑の結婚詐欺師・古海健児を演じる。共演に柊子、中村映里子、松本若菜、安藤玉恵、古舘寛治、萬田久子、貫地谷しほりが名を連ねる。監督は「あさが来た」でチーフ演出を務めた西谷真一、脚本を「結婚できない男」「梅ちゃん先生」を手がけた尾崎将也が担当する。

ハクソー・リッジ』(6.24[土]公開)

ハクソー・リッジ
© Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

ブレイブハート』でオスカー5部門を獲得したメル・ギブソンが、10年ぶりに監督を務めた本作は、第2次世界大戦下で、武器を持たない兵士としてアメリカ史上初となる名誉勲章を受けた兵士デズモンド・ドスの実話を描いた戦争ドラマ。銃を持たずに激戦地“ハクソー・リッジ”に赴き、衛生兵として一晩に75人もの日米の負傷兵を救ったデズモンド。臨場感溢れる戦闘シーンを緊迫の映像で再現することで、1人の兵士の強い信念と心の葛藤を浮き彫りにしていく。アンドリュー・ガーフィールドが主演を務める。

いつまた、君と ~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~』(6.24[土]公開)

何日君再来
(C)2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会

原作は、向井理が大学生のときに、祖母の手記をパソコンで打ち直し、家族や親戚と共に自費出版をして、卒寿(90歳)をむかえた祖母へお祝いとしてプレゼントした「何日君再来」。衣食住もままならない戦後の混乱期、夫・吾郎(向井理の祖父)と妻・朋子が、時代の波に翻弄されながらも、日本人としての誇りを失わずに懸命に生きる、50年におよぶ愛の物語。現代の朋子が書き綴った手記を、孫の理が1冊の本にまとめていく過程で、過去を振り返っていく回想形式によって語られていく。

妻の芦村朋子役に尾野真千子、夫の吾郎役を向井理が演じる。監督を『神様のカルテ』などで知られる深川栄洋が務め、脚本には、NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」や大河ドラマ「八重の桜」などで知られる山本むつみが担当する。

週末はチケット予約アプリ【映画ランド】で映画館へ行こう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で