『トイ・ストーリー3』監督新作、“死者の日”の祝祭を題材に描くファンタジー『リメンバー・ミー』公開日が2018年3月16日に変更

ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』の公開日が、2017年12月23日(土)から2018年3月16日(金)に変更になった。

リメンバー・ミー

本作は、第83回アカデミー賞2部門(長編アニメーション賞、主題歌賞)に輝き、日本でも動員740万人、興収108億の大ヒットを記録したディズニー/ピクサーの名作『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督の最新作。主人公は、 音楽を禁じられた少年ミゲルと、彼が死者の国で出会うスケルトンのヘクター。ストーリーの重要なカギを握るのが、タイトルにもなっている曲”リメンバー・ミー“。1年に1度だけ亡くなった家族たちと会えるという“死者の日”の祝祭を題材に、テーマパークのような死者の国を舞台に繰り広げられるミステリーアドベンチャーを描く。

映画『リメンバー・ミー』は2018年3月16日(金)より全国公開

【CREDIT】
監督: リー・アンクリッチ/製作:ダーラ・Kアンダーソン
原題:COCO 全米公開:2017年11月22日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト:Disney.jp/remember-me

©2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で