AKB48 田野優花が映画初主演、青春タイムスリップ・コメディ『リンキング・ラブ』10月公開

萩島宏による同名ネット小説を原作に、AKB48の田野優花が映画初主演を果たす『リンキング・ラブ』が10月28日(土)より全国公開されることがわかった。

リンキング・ラブ

1991年のバブル終焉直後の世界を舞台に、アイドル好きの女子大生・美唯が両親の離婚危機を阻止するため奮闘する青春タイムスリップ・コメディ。魔法のランプの守護神によって1991年のバブル終焉期にタイムスリップした美唯は、大学生の若き両親に出会い、2人の恋を成就させて未来の危機を回避するべく、未来から持ってきたAKB48の楽曲を使用して母親とアイドル・グループASG16を結成する。

主人公・美唯を、本作でスクリーンデビューを果たし初主演を飾るAKB48・田野優花が演じる。美唯の母親・由美子役に石橋杏奈、若き父親・茂手木健一郎に白洲迅を迎え、ASG16のメンバーに益田恵梨菜、樋井明日香、未浜杏梨、長谷川眞優、佐々木しほ、眞嶋優、古橋舞悠、森岡朋奈、磯原杏華、葉月、百合沙、落合萌、久田莉子、木下愛華らが顔を揃える。ほか共演に中尾明慶、落合モトキ、加藤諒、大倉孝二、浅田美代子、渡辺徹、西村まさ彦らが脇を固める。監督を『平成ガメラ』シリーズ、『デスノート』前後編などを手がけた金子修介が務める。

劇中では、AKB48のヒット曲「制服が邪魔をする」「Everyday、カチューシャ」「フライングゲット」「恋するフォーチュンクッキー」などが使用されているほか、本田美奈子が1987年に歌って大ヒットした80年代の名曲「Oneway Generation」をThinking Dogsが本作の主題歌としてカバーする。

映画『リンキング・ラブ』は10月28日(土)より丸の内TOEI2ほか全国公開

【CREDIT】
監督:金子修介
原作:萩島宏「Linking Love」
公式サイト:http://movie.linking-love.com/

(C)2017 AiiA Corporation

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で