『トリガール!』土屋太鳳、間宮祥太朗との“アドリブ合戦”に自信「そこそこスリムだろうが!!」

映画『トリガール!』完成披露イベントが17日、都内・イイノホールにて行われ、主演の土屋太鳳をはじめ、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、矢本悠馬、監督の英勉が登壇した。

トリガール

本作は、一浪を経て理系大学に入学し、一目惚れした先輩に誘われるまま人力飛行サークルに入部した「毒舌ツッコミ」系の女子大生・鳥山ゆきなが、仲間たちとともに「鳥人間コンテスト」への出場を目指すさまを描く青春ラブコメディ。主演の土屋太鳳をはじめ、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、矢本悠馬が共演する。監督を『ヒロイン失格』の英勉が務める。

トリガール

本編で「明らかに笑っちゃってるのにOKだったシーンがある」と暴露された土屋。問題のシーンについて、間宮は「一番わかりやすいのは、僕らが言い合ってメンチを切り合いながら、おでこをくっつけるシーン」と予告編などでも垣間見れる一幕であることを明かす。間宮がアドリブでメンチを切りながら土屋にどんどん迫っていったようで「俺がおでこを押し当てながら歩いてったら、後ろ向いて笑いながら去って行ったんです。それに対して『お前!今笑ったろ!』って出ちゃった(笑)」と詳しく説明すると、土屋は「監督、あれはギリギリ(OK)でしたよね?」とにっこり。

間宮のアドリブに対し「真剣勝負なんです!気合を入れて攻めの姿勢で行こうと思ってたら、あまりにも素晴らしい攻めの姿勢で来られたので(笑)もうすごかったです!目を合わせて、おでこに集中して『絶対負けない!』と思うんですけど、映像では一瞬後ろ向いちゃってると思います(笑)」と明かしていた。

トリガール

そんな土屋に、「まだ笑ってるところある」と追い打ちをかける間宮。劇中で土屋をおんぶするも「アドリブで『お前重いぞ!ちょっとは痩せろ!』みたいなことを言って落とすんです。それに対して『そこそこスリムだろうが!!』ってアドリブが返ってきた(笑)僕と監督の中では“土屋太鳳 個人的な叫び”って呼んでます。このシーン結構好きなんだよね」と暴露した。

土屋は「撮影前に(ペダルを)漕ぐので体重を落としたんですよ。それなのに『まだ痩せろ』と…そこそこスリムになっただろ!!って心の叫びが出ちゃいました(笑)」と撮影を振り返っていた。続けて「ちゃんと考えてアドリブを出したいんですが、『トリガール!』の場合は考える時間がなくて。反射的に出てしまった“真のアドリブ”です!」と自信をのぞかせていた。

土屋のアドリブに対して、間宮は「スピード感もあって、なにか動物的な反射神経でくるので、僕もすごく楽しくなっちゃって。一生やり続けられると思いました」と絶賛していた。

映画『トリガール!』は9月1日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国公開

【CREDIT】
出演:土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、ナダル、矢本悠馬ほか
監督:英勉
原作:中村航
配給・宣伝:ショウゲート

©2017「トリガール!」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で