ジェイミー・フォックスがサイコな犯罪者に!『ベイビー・ドライバー』特別映像

エドガー・ライトが脚本・監督を務める最新作『ベイビー・ドライバー』が8月19日(土)より公開される。この度、凶悪な犯罪者“バッツ”を演じたジェイミー・フォックスが、自身のキャラクターについて語る特別映像が到着した。

ベイビー・ドライバー

バッツは本作のキャラクターたちの中でも群を抜いて異色な犯罪者。映像では常に真っ赤な衣装に身を包んでいるのが印象的だ。ジェイミーが「彼はベイビーを威嚇する」と語るように、常に音楽を聞いているベイビーに対し「本物のサイコは俺だ、ナメんなよ」 と言い放つ姿は、クセ者揃いの本作においても最上級に狂っている。『Ray/レイ』でアカデミー主演男優賞を受賞した穏やかな彼からは想像も出来ない姿が収められている。


エッジの効いたコメディセンスとヴィジュアル・テクニック、あらゆる映画の引用で世界中のファンから愛されているエドガー・ライト。イギリス出身の彼がハリウッド長編映画デビューを果たし、脚本・監督を務める最新作では、事故の後遺症で耳鳴りが激しい青年が、“音楽”で天才的なドライビング・テクニックを引き出し、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍するさまが描かれる。エドガー自ら「ロックンロール・カーチェイス・ムービー」と評する本作は、カーアクション×監督が厳選した全30曲の名曲の数々で送るアドレナリンフルスロットルの1時間53分だ。

主人公のベイビーを『きっと、星のせいじゃない。』のアンセル・エルゴートが演じるほか、共演にリリー・ジェームズ、ジェイミー・フォックス、ジョン・ハム、エイザ・ゴンザレス、ケヴィン・スペイシーらが名を連ねる。

映画『ベイビー・ドライバー』は8月19日(土)より新宿バルト9ほか全国公開

【CREDIT】
監督・脚本:エドガー・ライト
出演:アンセル・エルゴート、リリー・ジェームズ、ジェイミー・フォックス、ジョン・ハム、エイザ・ゴンザレス、ケヴィン・スペイシー
原題:Baby Driver
配給:ソニー・ピクチャーズ・エンターテイメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で