広瀬アリス、制服まだイケる?「顔が似ていて制服の似合う女の子が…」妹・すずの影響明かす

映画『氷菓』完成披露試写会が11日、都内・TOHOシネマズ新宿にて行われ、山﨑賢人、広瀬アリス、岡山天音、監督の安里麻里が登壇した。

氷菓

本作で好奇心旺盛なお嬢さま・千反田えるに扮した広瀬。劇中で制服姿を披露していることから、山﨑が広瀬に「まだ制服いける?現場で『すごい心配』って言ってたので」と質問。

広瀬は「イケることならいきたいです!ただ、撮影時期に『新宿スワンⅡ』もやっていて…キャバ嬢だったんです。だからキャバ嬢の後に制服を着ることにすごく抵抗があって…」と話し、「この業界に顔が似ていて、ちょっとちっちゃめの制服の似合う女の子がいるんです!」と、妹・広瀬すずに影響を受けている様子も。

「その子をよく(映画やドラマなどで)観ているので、そのギャップに『大丈夫かな?』ってそわそわしちゃいました!」と胸の内を明かした。


累計220万部突破、ミステリーランキング3冠・米澤穂信による学園ミステリー小説「古典部シリーズ」初の実写映画化作品となる本作。ひょんなことから廃部寸前の古典部に入部することになった“省エネ主義”の男子高校生・折木奉太郎が、好奇心旺盛なお嬢さま・千反田えるとともに学園に潜む謎を次々と解き明かしていくさまを描く青春学園エンターテインメント。奉太郎を山﨑賢人、えるを広瀬アリスがそれぞれ演じる。監督・脚本を『劇場版 零 ゼロ』の安里麻里が務める。

映画『氷菓』は11月3日(金・祝)より全国公開

【CREDIT】
出演:山﨑賢人、広瀬アリス、小島藤子、岡山天音
原作:米澤穂信「氷菓」(角川文庫刊)
監督・脚本:安里麻里
主題歌:イトヲカシ「アイオライト」 エイベックス・トラックス
配給:KADOKAWA

©2017「氷菓」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で