【注目新作】『猿の惑星』『アナベル』『宇宙戦艦ヤマト2202』らのシリーズ最新作や『恋と嘘』ほか公開

<10月13日(金)〜10月14日(土)より公開の新作映画をご紹介!>

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』(10.13[金]公開)

猿の惑星
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

高度な知能を得た猿たちの反乱、人類の文明崩壊、猿と人類の戦争という衝撃的なストーリーを描いた「猿の惑星」シリーズ。『聖戦記(グレート・ウォー)』と命名された本作では、地球の支配者が変わりゆく激動の歴史のうねりがついにクライマックスを迎える。カリスマ的な主人公のシーザーが、リーダーとしての使命感と家族を奪われた復讐心の狭間で葛藤するドラマを核に描かれる。

上映時間はこちら


アナベル 死霊人形の誕生』(10.13[金]公開)

アナベル 死霊人形の誕生
(c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

“史上最も呪われた人形”として現在も米コネティカット州のオカルト博物館に保管されている実在の死霊人形「アナベル」誕生の起源に迫る本作。強力な呪いの力を持つ存在として知られており、大ヒットホラー映画『死霊館』シリーズにも登場している。

製作は前作に引き続きジェームズ・ワンが担当。監督を、長編デビュー作『ライト/オフ』で高い評価を受けた気鋭デイビッド・F・サンドバーグが務める。アナベルに戦慄するシスターと少女たちを演じるのは、『007 スペクター』のステファニー・シグマン、『フィフス・ウェイブ』のタリタ・ベイトマン、『Ouija 2』のルル・ウィルソンらフレッシュな顔ぶれに「WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!」のアンソニー・ラパリアや『ロード・オブ・ザ・リング』三部作のミランダ・オットーらベテラン勢も加わり、物語をより恐ろしくドラマチックに盛り上げている。

上映時間はこちら


恋と嘘』(10.14[土]公開)

恋と嘘
©2017「恋と嘘」製作委員会 ©ムサヲ/講談社

原作はマンガアプリ「マンガボックス」にて連載され、一ヶ月あたり総閲覧数350万人を超え読者人気No.1に輝き、発売されたコミックスも続々重版となった大ヒット漫画。どこにでもいるようなお姫様になることに憧れる女の子が、性格が真逆の2人のイケメン男子に挟まれる王道の三角関係ストーリー。物語は、国が国民の遺伝子情報を分析・把握し最良の結婚相手を決める政策「超・少子化対策法」(通称「ゆかり法」)が施行された世界で繰り広げられる。

政府が決めた最高の結婚相手か、側にいる最高の相手か、究極の選択を迫られるヒロイン・仁坂葵役に森川葵、葵に密かに想いを寄せるイケメンで優しい幼なじみ・司馬優翔役に北村匠海(DISH//)、葵の政府通知相手であり、謎めいた無口なオラオラ系イケメン・高千穂蒼佑役に佐藤寛太(劇団EXILE)が選ばれた。監督を『ReLIFE リライフ』『一礼して、キス』の古澤健が務める。

上映時間はこちら


宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章 純愛篇』(10.14[土]公開)

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章「純愛篇」
©西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

TVアニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」の続編であり、全7章からなる『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』の第3章。日本全土を熱狂させた劇場用映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』を新たな解釈 と装いで現代に甦らせる。監督は『宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット』にてアニメーションディレクターを担当した羽原信義、シリーズ構成・ 脚本に『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の福井晴敏を起用。 音楽は引き続き、ヤマトの遺伝子を受け継ぐ宮川彬良が務める。上映時間はこちら


リングサイド・ ストーリー』(10.14[土]公開)

リングアウトストーリー
©2017 Ringside Partners

本作は、売れない役者でヒモ同然の男・ヒデオと10年間同棲している江ノ島カノコが織り成すファイト・ラブコメディ。主人公・カノコを、4年ぶりに映画主演を務める佐藤江梨子が演じ、ヒモ男・ヒデオを2ヶ月以上断酒・食事制限し役作りに徹底した瑛太が扮する。そのほか、武藤敬司・武尊・黒潮“イケメン”二郎などK-1×プロレス界のトップアスリートたちが豪華共演している。主題歌はフラワーカンパニーズの「消えぞこない」を起用した。上映時間はこちら


週末はチケット予約アプリ【映画ランド】で映画館へ行こう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
映画ランドをインストール