『HiGH&LOW』町田啓太×佐藤寛太×佐藤大樹 インタビュー【サイン入り3ショットチェキプレゼント】

映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』町田啓太×佐藤寛太×佐藤大樹 インタビュー

HIGH&LOW
(左から)佐藤寛太、町田啓太、佐藤大樹

5つのチームが拮抗するSWORD地区を舞台に、覇権を争う若き男たちの闘いと、 熱い友情ドラマを描いてきた「HiGH&LOW」シリーズ。映画、ドラマ、動画配信、コミック、アルバム、LIVEなどあらゆるメディアを巻き込み繰り広げられる総合エンターテインメントだ。

8月19日(土)公開の映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』では、山王連合会・White Rascals・鬼邪高校・RUDE BOYS・達磨一家のSWORDは、新たな脅威としてSWORDに牙を剥くDOUBT・プリズンギャングに立ち向かっていく。さらに、権力と癒着してカジノ建設の野望を持つ反社会組織・九龍グループと、その陰謀を暴こうとする琥珀と九十九、雨宮兄弟の激闘も絡み、SWORD地区はかつてない事態へと突入する。

今回「山王連合会」より、ノボル役の町田啓太、テッツ役の佐藤寛太、チハル役の佐藤大樹に作品の見どころを伺った。【インタビューの最後には、サイン入り3ショットチェキのプレゼント概要あり】

HiGH&LOW

──「HiGH&LOW」プロジェクト、ますます盛り上がっていますね!よみうりランドとコラボした「THE LAND」「THE MUSEUM」も大盛況ですが、これだけ大きな規模のプロジェクトに参加してみて、改めて感じていることはありますか?

町田:本当にすごいなっていうか。どんどん規模が大きくなっていますし、携わらせていただけてありがたいなって。

寛太:全く一緒です(笑)。

大樹:撮りはじめた2年前は確かにこんなに大きくなると思ってなかったですし、こんな敵の数も増えると思っていなかったので(笑)。でも1番最初の、山王でいうと立ち上げの頃から参加できていることは嬉しいし、単純に2年間同じ役をやれているっていうのはありがたい環境だなって思います。

HIGH&LOW
町田啓太

町田:あとはもう、アクションがどんどんすごくなっていってるので。

寛太:そうですね。回を重ねるごとにボリュームアップしていく一方で。

町田:新しいカーアクションだったりとか!

──ゴープロを車で轢いて撮影していると聞きました。

寛太:そうなんです…凄まじいです。

──続編もスケールアップしていて、今回「山王連合会」に亀裂が走る出来事が起こるようですが、ご自身が演じる役の変化や「ここを注目して欲しい」と思うところはありますか?

HIGH&LOW
佐藤大樹

大樹:自分は前回の映画だったら、山王に入りたてでやっと仲間に入れたという印象だったんですけど、今回の『END OF SKY』に関してはノボルも帰ってきて、全員山王連合会が集合して、より時間が経っているということを表現するために、違和感なくチームに溶け込もうという姿勢で撮影しました。

町田:なんで喧嘩しちゃったんだろうね(笑)。

大樹:はい(笑)。

町田:仲の良い、でも、(仲良いからこそ)そういうこともあるかなって思いながら演じていました。そういうこと(亀裂)があると山王の仲も深まる話になってるんじゃないかと思いますし、より絆を感じられる内容かと思って。僕もその中で、まぁ今回がだいぶ山王の中にしっかり入って、物語の中にいるので、意外と第三者目線でいる立場が多いんですけど、俯瞰で見ているとどっちもどっちで、思い合ってるから、なんか「いいな」ってずっと思いながら僕はやっていました。

HIGH&LOW
DTC

寛太:(山王連合会に亀裂が走るのは)僕のせいと言いますか。テッツの銭湯が原因で、ダンさんに話をしたのがきっかけで、そこから山王に亀裂が走るんです。やっぱり仲間同士の絆が強い分、1回別の方向を向きだすとなかなか直らないのが、今回、1度決別してしまうシーンに繋がったんじゃないかなっていうのはあって…。ダンさんがテッツのことをすごい想ってくれてるからこそ、コブラさんに頭下げて「ITOKAN」から出て行くシーンがあったりとか、そういうシーンはすごく大事だなって思いました。

──撮影現場での思い出や、印象的なエピソードを教えてください。

HiGH&LOW

大樹:HIROさんが、皆さんにいろいろ意を込めてと、この作品が「よりチームワークを増して撮影できるように」ってクレープカーが差し入れで現場に来たりとか、飲み物が飲み放題とか(笑)。達磨一家と絡めて「差し入れ一家」って呼んでました(笑)。毎回度肝を抜くようなスケールの差し入れを、スタッフの皆さんとキャストの皆さんにしてくれたのがすごく印象的だったなというのと、あとキャスト、スタッフさん全員でその列に並んでいる画がすごい面白いなって(笑)。他の現場じゃなかなかないと思いますし、「HiGH&LOW」ならではのエピソードかなと。

寛太:(劇中で)いがみあってるかと思えば、みんなで笑いながらクレープ食べてました(笑)。

──町田さんは印象的なエピソードはありますか?

HIGH&LOW
町田啓太

町田:やっぱり3人(ダン・テッツ・チハル)の関係性じゃないですかね。いじられていたり、いじっていたり。この3人がワイワイしてくれているので、現場の雰囲気もすごい良くなりますし。あとは、バイク走行のシーンとか「山王全員で」というシーンがかなりあったので、そこはすごくテンション上がりました!今まで僕はそういうシーンがなかったので、見どころにもなっているんじゃないかと思います。

──最後にファンへメッセージをお願いします。

大樹:山王連合会の成長はもちろん、今回映画で本当に豪華な俳優の方々にも出ていただいて、この作品がどんどん大きくなってくのをシーズン1からやってきている僕らも感じているので。『END OF SKY』を観て次の続編を期待してくれる方が多くいればいいなと思いますし、初めて観る方も絶対楽しめる要素がたくさん詰まっているので、ぜひ劇場に足を運んで観てほしいです。

HIGH&LOW
佐藤寛太

寛太:回を重ねるごとにアクションシーンがますます激しくなって。映画の美術さんとかも、すごいセットを本当に毎回毎回作り込んでくださって。あと、バイクの走行シーンもさらにカッコよくなって、みんなの登場シーンもかっこよくなって…っていう視覚的に楽しめる部分もあるんですけど、番宣では、そんな派手なシーンを抽象的にピックアップされています。でも、実は人間ドラマも深いところまで描かれていて、今回『END OF SKY』『FINAL MISSION』で、これまで伏線で伸びてた部分が色々回収されて、どんどん(人間ドラマが)深くなっていくので、新キャスト含め、そういう部分も注目してもらえたらなって思います。

町田:今回、九龍グループとSWORDがバチバチになるんですけど、その中で感じることってたくさんあると思います。正義が、誰が強いのか、それぞれの正義がぶつかり合う闘いになっていると思うので、そこが見どころだなと思います。あとは映画ももちろん、映画に付随したいろんな「HiGH&LOW」プロジェクトがたくさん進んでいくので、そこもぜひ楽しみにしていただければなと思います。

上映時間はこちら

★3ショットチェキプレゼント★

HIGH&LOW

【応募期間】2017年8月17日(木)〜8月31日(木)終日
【当選人数】1名様
【賞品発送】9月上旬(予定)
※当選は賞品の発送をもって発表させていただきます。

Step1:映画ランドアプリをダウンロード

ダウンロードはこちらから

appstore googleplay

Step2:Twitter or Facebookで拡散
Twitterから応募する場合】フォロー&RT

Facebookの場合】フォロー&いいね!

Step3:下のボタンから応募フォームへ!チェキ

スライドショーには JavaScript が必要です。

映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』は8月19日(土)より全国公開

配給:松竹

© 2017「HiGH&LOW」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で