“レプリカント論争”に終止符か…封印された真実が明かされる『ブレードランナー 2049』日本版ポスター

SF映画の金字塔と名高いリドリー・スコット監督作『ブレードランナー』の続編、『ブレードランナー 2049』が10月27日(金)に公開される。この度、本作の日本版ポスタービジュアルが到着した。

ブレードランナー

本作は、人造人間“レプリカント”の反乱を鎮圧すべく立ち向かう捜査官リック・デッカードの戦いと葛藤を描く『ブレードランナー』の続編。オリジナル作品の舞台である2019年から30年後の2049年の世界を舞台にしており、ハリソン・フォードが前作の主人公リック・デッカード役を再び演じるほか、リドリー・スコットは製作総指揮を執り、『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務める。ハリソン・フォード、ライアン・ゴズリングほかロビン・ライト、ジャレッド・レト、デイヴ・バウティスタらが出演する。

日本版ポスターは、新たなブレードランナー“K”と、かつてのブレード ランナー“デッカード”、2人の新旧ブレードランナーが背中を合わせて並ぶビジュアルに。ポスター中央には“知る覚悟はあるか──。”の文字が刻まれている。

ブレードランナー

人類への反乱を目論み社会に紛れ込んでいる違法なレプリカントを処分する役目の捜査官“ブレードランナー”であるデッカードをハリソン・フォードが演じ、斬新でありながら現実的な世界観でSFの金字塔となった前作『ブレードランナー』。30年以上経った今なおファンの間で物議をかもしているのが、恋人である女性レプリカント(人造人間)と共に姿を消したデッカードの行方や、彼の正体などの謎、そして人間と見分けのつかない存在である“レプリカントの是非をめぐる”論争だ。長年決着がつかなかった様々な“謎”があるだけに、重大な“真実”が明かされることを明言したポスターに期待が高まるばかり。

ブレードランナー

デッカードがこつ然と姿を消してから30年、“知る覚悟はあるか──。”という言葉が物語るように、本作では知られざる<封印された真実>が明かされることになる。今なお色あせることなく、映画界と世界中のカルチャーを魅了し続けている『ブレードランナー』。続編『ブレードランナー 2049』で描かれる30年後の世界は、その圧倒的な映像美をよりパワフルに引き継ぎ、ベールに包まれ多くの謎を抱えながらも、新たな映画新時代の幕開けを感じずにはいられない。

映画『ブレードランナー 2049』は10月27日(金)より全国公開

【CREDIT】
製作総指揮:リドリー・スコット/監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レト、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で