【注目新作】『探偵はBARにいる3』『鋼の錬金術師』『パーティで女の子に話しかけるには』『デメキン』ほか公開

<12月1日(金)〜12月2日(土)より公開の新作映画をご紹介!>

鋼の錬金術師』(12.1[金]公開)

鋼の錬金術師
©2017 荒川弘/SQUARE ENIX ©2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

シリーズ全世界累計7,000万部超の大ベストセラー、月刊「少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載された荒川弘による国民的人気コミックを実写映画化した本作。幼き日に最愛の母を生き返らせようと、禁断の術を犯したエドは手脚を失い、アルは魂だけの鎧の身体になった。

身体を取り戻す唯一の手がかりは、謎に包まれた「賢者の石」。伝説を求めて旅をする2人は、やがて国家を揺るがす恐大な陰謀に巻き込まれていく。壮大な旅の果てに、待ち受ける驚愕の真実とは?兄弟の絆を懸けた、超ド級の冒険がいま始まる!予告編は公式サイト(http://hagarenmovie.jp)にて。


探偵はBARにいる3』(12.1[金]公開)

探偵はBARにいる3
©2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

アジア最北の歓楽地である札幌・ススキノを舞台に、その町の表も裏も知り尽くした探偵の活躍を描いた気鋭ミステリー作家・東直己の〈ススキノ探偵シリーズ〉を原作に、『探偵はBARにいる』『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』と映画化され大ヒットを記録した本シリーズ。

主演を大泉洋(探偵)、松田龍平(その相棒兼運転手・高田)が続投し、北川景子が【探偵】を翻弄するモデル事務所の美人オーナー・岬マリに扮するほか、リリー・フランキー、前田敦子が新たに参戦。ほか田口トモロヲ、松重豊、マギー、安藤玉恵、篠井英介、片桐竜次らススキノの仲間たちに加え、北川景子扮するヒロイン・マリの過去を知る元コールガール役で鈴木砂羽が共演する。脚本をシリーズに引き続き古沢良太、監督を新たに『疾風ロンド』の吉田照幸が務める。


パーティで女の子に話しかけるには(12.1[金]公開)

パーティで女の子に話しかけるには
© COLONY FILMS LIMITED 2016

本作は、77年のロンドン郊外を舞台に、パンクに憧れながらも内気な少年エンと、遠い惑星からやってきた美しい少女ザンの48時間の恋を描く。主人公のエンをアレックス・シャープが、ザンをエル・ファニングがそれぞれ演じ、ニコール・キッドマンが共演する。監督をヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のジョン・キャメロン・ミッチェルが務める。


デメキン』(12.2[土]公開)

デメキン
(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ  (C)2017映画『デメキン』製作委員会

お笑い芸人・バッドボーイズ佐田正樹の不良時代を描いた実録自伝小説・コミックスを実写映画化した本作。幼少期から“デメキン”と呼ばれ、いじめられてた佐田が、喧嘩無敗と数々の伝説を作り出し、福岡最大勢力の暴走族の総長へと登り詰めるまでを描く。

佐田正樹役の健太郎に加え、佐田に匹敵する問題児・合屋厚成を、『トモダチゲーム 劇場版』『HiGH&LOW』続編2作、『亜人』『あゝ、荒野』『二度めの夏、二度と会えない君』と、年内公開作品を多数控える山田裕貴が演じる。共演に栁俊太郎、今田美桜ほか、佐田自身も審査に加わったオーディションで選ばれた若手俳優陣が出演する。


週末はチケット予約アプリ【映画ランド】で映画館へ行こう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
映画ランドをインストール