ホーム タグ アリシア・ヴィキャンデル

タグ: アリシア・ヴィキャンデル

光をくれた人

『光をくれた人』インタビュー映像、A・ヴィキャンデル「世界中がこの映画に心を動かされている」

マイケル・ファスベンダー×アリシア・ヴィキャンデル共演の映画『光をくれた人』が5月26日(金)に公開された。この度、ヒロイン・イザベル役を演じたアリシア・ヴィキャンデルのインタビュー映像が解禁となった。 本作は、オーストラリア西武に住む灯台守のトム、その妻で度重なる流産で心を痛めていたイザベルを主軸とするヒューマン・ドラマ。ボートに乗って島に漂流した女の子の赤ん坊を発見し、自分たちの娘として育てた4年後、幸せの絶頂にいた2人の前に娘の本当の母親ハナが現れる。 トムとイザベル役には、『それでも夜は明ける』『スティーブ・ジョブズ』でオスカーに2度ノミネートされているマイケル・ファスベンダーと、『リリーのすべて』でオスカー助演女優賞に輝いたアリシア・ヴィキャンデル。また、夫婦が育てる子供の実の母親ハナには、『ナイロビの蜂』でオスカーを手にした名女優レイチェル・ワイズが扮する。監督は『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランスが務める。 ヴィキャンデルは本作が“時代を超えたラブストーリー”と評価されている理由を、「普遍的なことを描いているからよ。感情豊かな登場人物たちの様々な愛を描いているの。誰もが本物の愛を見つける物語だからよ」と答える。 「この映画の登場人物は全員善良な心を持っているけれど、彼らがいつも道徳的に正しい判断ができるとは限らない。その判断は過ちだったかもしれないけれど、誰かを思う純粋な愛がそうさせたものなの」 と語り、「だからこの物語に、私が脚本を読んで号泣したのと同じように、たくさんの人々が心を動かされている。 それがとても嬉しいわ」と、微笑んだ。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=AeQcxHAm8-g] 映画『光をくれた人』は5月26日、TOHOシネマズ シャンテ他全国公開 【CREDIT】 監督:デレク・シアンフランス 出演:マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィキャンデル、レイチェル・ワイズ 配給:ファントム・フィルム (C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

『光をくれた人』M・ファスベンダー×A・ヴィキャンデル、作品への想い入れ語る2ショットインタビュー映像到着

マイケル・ファスベンダー×アリシア・ヴィキャンデル共演の映画『光をくれた人』が5月26日(金)に公開され、2016年ベネチア国際映画祭に2人で登壇した際に収録した貴重なインタビュー映像が到着した。 本作は、オーストラリア西武に住む灯台守のトム、その妻で度重なる流産で心を痛めていたイザベルを主軸とするヒューマン・ドラマ。ボートに乗って島に漂流した女の子の赤ん坊を発見し、自分たちの娘として育てた4年後、幸せの絶頂にいた2人の前に娘の本当の母親ハナが現れる。 トムとイザベル役には、『それでも夜は明ける』『スティーブ・ジョブズ』でオスカーに2度ノミネートされているマイケル・ファスベンダーと、『リリーのすべて』でオスカー助演女優賞に輝いたアリシア・ヴィキャンデル。また、夫婦が育てる子供の実の母親ハナには、『ナイロビの蜂』でオスカーを手にした名女優レイチェル・ワイズが扮する。監督は『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランスが務める。 インタビュー映像でヴィキャンデルは、本作に惹かれた理由について「脚本を読んだ時、ものすごく心を揺さぶられたの。どの登場人物にも共感でき胸が張り裂けそうだった。そして同時に(この作品は)赦しや現実的な問題も描いている。たとえ善人でも最善策を講じるとは限らないと、観客は自らの経験と照らし合わせて必ず何かしら共感できるはずよ」とコメント。 ファスベンダーは「古き良き物語だと感じた。こんな脚本とは滅多に出会えない。まるで違う時代の映画のように感じた。それが新鮮だったし、なにより大切だと思ったんだ。それぞれの登場人物が抱えてる問題はとてもリアルだし共感できた。そしてシンプルなヒューマンドラマに何よりも惹かれたんだ」と強い想い入れを明かしている。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=MjrMnwk3rC0] 映画『光をくれた人』は5月26日、TOHOシネマズ シャンテ他全国公開 【CREDIT】 監督:デレク・シアンフランス 出演:マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィキャンデル、レイチェル・ワイズ 配給:ファントム・フィルム (C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

『光をくれた人』M・ファスベンダーインタビュー映像、A・ヴィキャンデルは「何に対しても果敢に攻めることができる女優」

マイケル・ファスベンダー×アリシア・ヴィキャンデル『光をくれた人』が5月26日(金)に公開される。この度、ファスベンダーのインタビュー映像が到着した。 プロデューサーと主演を務めた『アサシン クリード』来日プロモーション時に行ったインタビュー映像。劇中では、心閉ざし孤独だけを求めオーストラリアの孤島で灯台守となったトムを演じたファスベンダー。そんな孤独だったトムに再び生きる力を与えてくれたのは、アリシア・ヴィキャンデル演じるイザベルで、2人の深い絆で結ばれた夫婦愛をはじめ、様々な“愛”の形が描かれた本作。 “純粋な愛”を描く本作の脚本を読んで、「とにかく感動した」というファスベンダー。もともとデレク・シアンフランス監督のファンでもあり、「監督とこの脚本で映画を撮るのであれば、それは断る理由はない」と出演を即決したことを告白。これまでの作品でも“演技”を越えたリアルを求めるシアンフランス監督は、本作でもわずかなキャストとスタッフだけで人里離れたロケ地で共同生活を行い、徹底的にリアリティを追及。 ファスベンダーは当初「仕事と私生活はある程度距離を置きたいと思っていたので、正直最初は悪夢だと思った」と言い、実際にロケ地で共同生活を過ごし「監督と自分たちでスクリーンを設置し“映画ナイト”を催したり、バーベキューをしたりした」と撮影裏話を披露。滞在中、見るのも嫌になるくらいたくさんのザリガニを食べたり、初体験のヤギの乳しぼりに興味深々になったりと、大自然での共同生活を存分に楽しんだ様子だ。「様々な技術とは無関係の生活を送り、大自然に身をさらすことができたのは貴重な体験だった。日の出と日の入りの美しさや、吹き荒れる風の大変さを味わい、結果的に素晴らしい経験になった」と語っている。 ファスベンダー演じるトムがヴィキャンデル演じるイザベルに心を開いていくシーンが、観ている側まで幸せに感じられるほど印象的である本作。ファスベンダーは「アリシア以外、イザベル役は考えられない」と話し、「彼女の過去作品は観たことがなかったが、撮影初日から彼女に特別なものを感じた。近々大物になるだろうってね。とても素直な演技が出来るし、何に対しても果敢に攻めることができる女優」と、ヴィキャンデルの魅力を明かした。 『光をくれた人』という邦題にちなみ、ファスベンダーにとっての“光をくれた人”について、「いろんなものが光をくれる。音楽も刺激を与えてくれるし、家族や親戚、友人も光を与えてくれてきた」と語ってくれた。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=uCHMkXTe9ho] 映画『光をくれた人』は5月26日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開 【CREDIT】 監督:デレク・シアンフランス 出演:マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィキャンデル、レイチェル・ワイズ 配給:ファントム・フィルム (C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC
光をくれた人

M・ファスベンダー×A・ヴィキャンデル、交際のきっかけとなった『光をくれた人』本編映像

マイケル・ファスベンダー×アリシア・ヴィキャンデル『光をくれた人』が5月26日に公開される。この度、2人のラブラブシーンを収めた本編映像が到着した。 本作は、オーストラリア西武に住む灯台守のトム、その妻で度重なる流産で心を痛めていたイザベルを主軸とするヒューマン・ドラマ。ボートに乗って島に漂流した女の子の赤ん坊を発見し、自分たちの娘として育てた4年後、幸せの絶頂にいた2人の前に娘の本当の母親ハナが現れる。 トムとイザベル役には、『それでも夜は明ける』『スティーブ・ジョブズ』でオスカーに2度ノミネートされているマイケル・ファスベンダーと、『リリーのすべて』でオスカー助演女優賞に輝いたアリシア・ヴィキャンデル。また、夫婦が育てる子供の実の母親ハナには、『ナイロビの蜂』でオスカーを手にした名女優レイチェル・ワイズが扮する。監督は『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランスが務める。 映像には、もともと脚本にはなかったシーンを、好きな相手のために自分を変えるという、愛の証の表現のためにマイケルが提案した髭を剃るシーンが収められている。このシーンについて監督のデレク・シアンフランスは「最高のアイデアだと思ったよ。男女の関係ってそういうものだからね。相手のために自分を変えるのさ。トムが“壁”を取り除く瞬間を見せることもできた」と絶賛している。 ニュージーランド南島の人里離れた岬で、限られたクルーたちと共同生活を送りながら撮影を続け、劇中の夫婦のように世間から隔絶した状態で過ごした2人は本作をきっかけに交際に発展。演技を超えたリアリティは、つくられたものではなく2人の間の信頼関係から生まれたものだ。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=p4Z-YkJrgrc] 映画『光をくれた人』は5月26日、TOHOシネマズ シャンテ他全国公開 【CREDIT】 監督:デレク・シアンフランス 出演:マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィキャンデル、レイチェル・ワイズ 配給:ファントム・フィルム (C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

【試写会】『光をくれた人』イベント付き試写会へご招待

5月11日(木)開催 『光をくれた人』 イベント付き試写会へご招待 (C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC 孤島に暮らす灯台守の夫婦。他に誰もいらない。そう願うほど幸福だった。 その<罪>に気づくまでは。 『それでも夜が明ける』のマイケル・ファスベンダー、『リリーのすべて』のアリシア・ヴィキャンデル『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランスが孤島に暮らす灯台守夫婦の愛と葛藤を描いた『光をくれた人』が5月26日(金)に公開。この映画の公開を記念し、映画ランドではイベント付き試写会へ5組10名様をご招待いたします! 概要 【上映作品】『光をくれた人』イベント付き試写会 【イベント】手紙文化振興協会むらかみかずこさんによる ”愛が伝わる手紙術”トークイベント(上映後20:45~21:15)   【応募期間】2017年4月26日(水)〜5月2日(火)終日 【ご招待人数】5組10名様 【日程】5月11日(木) 【会場】神楽座(東京都千代田区富士見2丁目13−12 KADOKAWA富士見ビル) [googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3240.1398387546324!2d139.7415389151188!3d35.69817628019042!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x60188c4319955555%3A0xd4c4802f5d19e778!2z56We5qW95bqn!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1493193819719&w=229&h=229] 応募方法 Step1:映画ランドアプリをダウンロード (映画ランドアプリでレビューをしていると当選率UP!) ↓ダウンロードはこちらから↓ Step2:Twitter or Facebookで拡散 【Twitter の場合】フォロー&RT (公開アカウントの場合当選率UP!) 【#プレゼント】『#光をくれた人』イベント付き試写会へ5組10名様をご招待!■締切:5月2日(火)■応募方法:フォロー&RT☞アプリDL☞応募フォームへhttps://t.co/m9jtIJbIG7#デレクシアンフランス #マイケルファスベンダー #アリシアヴィキャンデル pic.twitter.com/Kv3QDhXKlg— 映画ランド (@eigaland) 2017年4月26日 【Facebookの場合】フォロー&いいね! Step3:下のボタンから応募フォームへ! ※注意事項 住所不備により、お送りする試写状ハガキがお手元に届かない事態が発生しています。 応募の前に住所、氏名、SNSアカウントの見直しをお願いいたします。 作品概要 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=ErFrJTRJezk] 【STORY】絶海に浮かぶ孤島・ヤヌス島の灯台守として赴任した帰還兵トム(マイケル・ファスベンダー)は、妻のイザベル(アリシア・ヴィキャンデル)と幸せに暮らしはじめる。しかし、身ごもった子供を流産と死産で失ってしまう。そんな時、男性の死体と生後間もない赤ん坊を乗せたボートが島に流れ着き……。詳しくはこちら 【CREDIT】 監督:デレク・シアンフランス キャスト:マイケル・ファスベンダー/アリシア・ヴィキャンデル/レイチェル・ワイズ/ブライアン・ブラウン/ジャック・トンプソン ほか 公式サイト:http://hikariwokuretahito.com/ 配給:ファントム・フィルム (C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION...
佐々木希

“新婚”佐々木希、指輪はまだ?子供は「何人でも欲しい!」国内初の公の場で幸せオーラ満開

先日、お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建との結婚を発表した女優/モデルの佐々木希が19日、都内・アキバシアターにて行われた映画『光をくれた人』の試写イベントに登壇。日本での公の場に登場したのは今回が初となる。 新婚ホヤホヤの佐々木は、MCから祝福の言葉をかけられると「ありがとうございます!」とハニカミ。理想の夫婦像を問われると、「きちんとコミュニケーションを毎日交わすことはすごく大事だと思います。良いことも悪いことも、乗り越えていけるような強い夫婦になっていけたら」と明かす。夫の渡部と良く映画を観にいくようで「ラブストーリーも観ますし、コメディからシリアスなものまで。その日の気分で決めて観ています」と笑顔をのぞかせた。 また、本作のタイトルにちなみ「人生に“光をくれた存在”は?」と尋ねられると、佐々木は少し間を置いて「...愛犬ですかね(笑)ごめんなさい、予想と違うような答えになってしまって(笑)デビューして間もない頃から、ずっと9年間一緒にいるので、大変なときに支えになってくれたなと思っています」と語った。 トークを終えた後、報道陣から「愛の光をくれた人は?」「(渡部の愛称)わっくんですか?」と声が飛び交うと、佐々木は微笑みながら「ねぇ...言いたいんですけど...なんでしょうね?」「そんな感じですかね(笑)」と照れ笑い。結婚指輪については「まだ...忙しくてなかなか。(今日付けているのは)衣装のやつです!ごめんなさい(笑)」と明かした。 また、挙式について「全く決まっておらず。あちら(渡部)もすごく忙しい方なので、どうなることやらって感じです(笑)」と告白。子供に関しては「何人でも欲しいですね!兄弟がいたら良いかな(笑)」と幸せそうな表情をのぞかせていた。さらに「今日は行ってきますのチューは?」と尋ねられると、佐々木は「今日はしておりません(笑)時間がバラバラでしたので、起こさないように来ました」と明かし、笑いをとっていた。 本作は、オーストラリア西武に住む灯台守のトム、その妻で度重なる流産で心を痛めていたイザベルを主軸とするヒューマン・ドラマ。ボートに乗って島に漂流した女の子の赤ん坊を発見し、自分たちの娘として育てた4年後、幸せの絶頂にいた2人の前に娘の本当の母親ハナが現れる。 トムとイザベル役には、『それでも夜は明ける』『スティーブ・ジョブズ』でオスカーに2度ノミネートされているマイケル・ファスベンダーと、『リリーのすべて』でオスカー助演女優賞に輝いたアリシア・ヴィキャンデル。また、夫婦が育てる子供の実の母親ハナには、『ナイロビの蜂』でオスカーを手にした名女優レイチェル・ワイズが扮する。監督は『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランスが務める。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=g7cWeGin55M] 映画『光をくれた人』は5月26日よりTOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー 【CREDIT】 監督:デレク・シアンフランス 出演:マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィキャンデル、レイチェル・ワイズ 配給:ファントム・フィルム (C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC
トゥームレイダー

アリシア・ヴィキャンデル主演『トゥームレイダー(原題)』2018年日本上陸!

『リリーのすべて』のアリシア・ヴィキャンデルが主演を務める『トゥームレイダー(原題)』が2018年に日本公開されることが決定した。 昨年に誕生から20周年を迎え、世界的人気を博すゲームシリーズ「トゥームレイダー」を原作とする本作。2001年、2003年にアンジェリーナ・ジョリーが強く美しい主人公ララ・クロフトを演じ、日本を含め世界的大ヒットを記録。最新作では、ロンドンの大学に通いながらバイク便の仕事で生計を立てていたララ・クロフトが、7年前に失踪した冒険家である父親の死の真相を突き止めようと旅に出るさまが描かれる。 今回、新たにオスカー女優アリシア・ヴィキャンデルを迎え、新生ララ・クロフト=トゥームレイダーが始動する。共演に『300<スリーハンドレッド>』のドミニク・ウェスト、『ヘイトフル・エイト』のウォルトン・ゴギンズ、『香港国際警察』のダニエル・ウーが名を連ね、監督は『THE WAVE/ザ・ウェイブ』のローアル・ユートハウグが務める。撮影は南アフリカとイギリスで敢行している。 映画『トゥームレイダー(原題)』は2018年全国公開 【CREDIT】 出演:アリシア・ヴィキャンデル、ドミニク・ウェスト、ウォルトン・ゴギンズ、ダニエル・ウー 監督:ローアル・ユートハウグ

マイケル・ファスベンダー×アリシア・ヴィキャンデル『光をくれた人』公開日決定、新ビジュアル解禁

マイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデルが共演する映画『光をくれた人』が5月26日に公開されることが決定した。あわせて、新ビジュアルが到着した。 本作は、オーストラリア西武に住む灯台守のトム、その妻で度重なる流産で心を痛めていたイザベルを主軸とするヒューマン・ドラマ。ボートに乗って島に漂流した女の子の赤ん坊を発見し、自分たちの娘として育てた4年後、幸せの絶頂にいた2人の前に娘の本当の母親ハナが現れる。 トムとイザベル役には、『それでも夜は明ける』『スティーブ・ジョブズ』でオスカーに2度ノミネートされているマイケル・ファスベンダーと、『リリーのすべて』でオスカー助演女優賞に輝いたアリシア・ヴィキャンデル。また、夫婦が育てる子供の実の母親ハナには、『ナイロビの蜂』でオスカーを手にした名女優レイチェル・ワイズが扮する。監督は『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランスが務める。 これまでの作品でも“演技”を越えたリアルを求めるシアンフランス監督は、本作でもわずかなキャストとスタッフだけで人里離れたロケ地で共同生活を行い、徹底的にリアリティを追求。この映画の撮影中に恋に落ちたファスベンダーとヴィキャンデルの、まさに演技を越えた演技は必見だ。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=repIB988vwc] 映画『光をくれた人』は5月26日、TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー 【CREDIT】 監督:デレク・シアンフランス 出演:マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィキャンデル、レイチェル・ワイズ 配給:ファントム・フィルム (C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

アリシア・ヴィキャンデル主演のリブート版『トゥームレイダー』ストーリー展開明らかに

オスカー女優アリシア・ヴィキャンデルが新生ララ・クロフトを演じるリブート版『トゥームレイダー』のオフィシャルフォトとシノプシスが公開された。 本作は2013年にリメイク版として発売され、全世界で500万本以上を売り上げたゲームのシナリオをベースにするとされており、アンジェリーナ・ジョリーがララ・クロフトを演じた『トゥームレイダー』『トゥームレイダー2』以前の物語となる。 父親の謎の失踪から7年。21歳になったララ・クロフトは、父親のグローバルビジネス事業の後継者となることを拒み、ロンドンの大学に通いながら、バイク便として生計を立てていた。ついに、父親の謎の失踪について突き止めようと心に決めたララは、父が最後に旅立った場所として知られる日本海沖のどこかにあるという島にある伝説の墓を探す冒険の旅に出る。 突如として、かつてないほどの危険にさらされることになったララは、その明晰な頭脳、信念、生まれ持った不屈の精神のみを武器に、「未知の世界へと飛び込んでいく」自身の限界を突破する術を学ばなければならない。この危険な冒険を見事攻略することができたその時、初めてララは"トゥームレイダー"の呼び名にふさわしい冒険家へと成長していく。 2枚のオフィシャルフォトには、グレーのタンクトップ、カーゴパンツとたくましい肉体美をのぞかせるヴィキャンデルが写っている。『リリーのすべて』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したその演技と、新たに試みるアクションにも期待したい。 Here’s your first-look at Alicia Vikander as Lara Croft in #TombRaider, in theaters March 2018. pic.twitter.com/ZLGroVggBo — Warner Bros Pictures (@wbpictures) 2017年3月28日 参考:http://www.vanityfair.com/hollywood/2017/03/tomb-raider-lara-croft-alicia-vikander-exclusive-first-look?mbid=social_twitter

アリシア・ヴィキャンデルが肉体を鍛え上げ臨む!リブート版『トゥームレイダー』撮影開始、メイキングカット公開

トレジャーハンター、ララ・クロフトを主人公とする人気アドベンチャーゲームを映画化した『トゥームレイダー』リブート版がクランクインし、『リリーのすべて』で昨年アカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル扮する新ララ・クロフトのビジュアルが初解禁された。 🔸🔹 Alicia Vikander on set of Tomb Raider!!! pic.twitter.com/SV2NVXNdwX — AliciaVikander Daily (@AliciaVikanderD) 2017年2月6日 Twitterのファンページに公開された4枚の写真には、グレーのタンクトップにカーキ色のパンツ姿のヴィキャンデルが写っており、腕に包帯を巻いたその姿はまるで2013年にリブート版として発売されたゲームから飛び出してきたようだ。またヴィキャンデルは「Collidar」のインタビューに対し、本作がリブート版のゲームにインスピレーションを得ていることを明らかにしていた。 かつてアンジェリーナ・ジョリーの出世作となった『トゥームレイダー』のリブート版である本作では、若き日のララ・クロフトの冒険が描かれるといわれており、考古学者である父親役のリチャード・クロフト卿をドミニク・ウェストが演じ、父親探しの旅に出るララを協力する船長のルー・レン役にはダニエル・ウー、ララに立ちはだかるヴィラン役にはウォルトン・ゴギンズの出演が決定している。 Credit: Microsoft/Square Enix リブート版『トゥームレイダー/Tomb Raider(仮題)』は2018年3月16日(金)全米公開予定 参考:https://moviepilot.com/p/first-look-alicia-vikander-tomb-raider-lara-croft/4203641?utm_source=fb-stream-post&utm_medium=facebook&utm_campaign=first-look-at-alicia-vikander-in-tomb-raider-reboot-is-impressive
13,679ファンいいね
19,927フォロワーフォロー
28,184フォロワーフォロー

記事ランキング

公式Instagram