ホーム タグ スカーレット・ヨハンソン

タグ: スカーレット・ヨハンソン

『ゴースト・イン・ザ・シェル』DVD特典、スカーレットが宙を舞うメイキング映像公開

スカーレット・ヨハンソン主演のSFアクション『ゴースト・イン・ザ・シェル』のBlu-ray&DVDが8月23日(水)にリリースされる。この度、特典からアクションシーンのメイキング映像が公開となった。 1991年に誕生した士郎正宗の漫画原作「攻殻機動隊」を、スカーレット・ヨハンソン主演でハリウッドが実写映画化した本作。脳以外が全身義体である世界最強の捜査官・少佐(スカーレット・ヨハンソン)が、上司の荒巻(ビートたけし)やバトー(ピルー・アスベック)らエリート捜査組織・公安9課の面々とともに、脳をハックする脅威のサイバーテロリストとの世界を揺るがす戦いに身を投じていくさまが描かれる。 公開となったのは、光学迷彩スーツを纏ったスカーレット・ヨハンソンが宙を舞うアクションシーンのメイキングの1部。スカーレット演じる少佐の激しくも鮮やかな銃撃戦と人間離れしたアクションの裏側に迫っている。本作でファイトシーンを担当した格闘技トレーナーのリチャード・ノートンは 「スカーレットはものすごく自分に厳しくて、20回でも30回でもやり直す。絶対に妥協しないんだ」と数多くの作品で活躍を続ける彼女のアクションスターたる所以を語っている。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=TVv-E9eng7I] 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』のBlu-ray&DVDは8月23日(水)よりリリース □ゴースト・イン・ザ・シェルBlu-ray+DVD+ボーナスBlu-rayセット(※初回限定生産) 価格:3,990円(税別) □【数量限定生産】『ゴースト・イン・ザ・シェル』&『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』Blu-rayツインパック+ボーナスBlu-rayセット 価格:7,590円(税別) □ゴースト・イン・ザ・シェル [4K ULTRA HD + Blu-rayセット] 価格:5,990円(税別) □ゴースト・イン・ザ・シェル 3DBlu-ray+Blu-rayセット 価格:5,990円(税別) 発売・販売元:NBC ユニバーサル・エンターテイメント ⓒ 2017 Paramount Pictures and StorytellDistribution Co., LLC. All Rights Reserved.
スパイダーマン

スパイダーマン、ドクター・ストレンジも参戦!『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』2018年4月27日公開決定

アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルクらマーベル・スタジオ作品の主人公たちが集結し、映画史に残る破格のメガ・ヒットを続ける「アベンジャーズ」シリーズ最新作、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』がUS公開よりも早い2018年4月27日(金)に日本公開されることが発表された。 製作には、数々のマーベル作品を大ヒットに導き続けるケヴィン・ファイギ、監督は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を大成功させたルッソ兄弟が務め、ヒットメーカーの再タッグに世界中から熱い視線が注がれている。 本作の製作でありマーベル・スタジオのトップでもあるケヴィン・ファイギ。全世界を熱狂させ広がり続けるマーベル・シネマティック・ユニバースが、前人未到の興行的成功を続けている理由について「今日はコンテンツ数多く、競争が激しい時世であり、映画の観客の反応や観たいと思ってもらい続けることは決して簡単なことではありません。私はもう何年もそう言い続けていますが、いまだに続いているのは、マーベル・ユニバースの強みがキャラクターの深みと複雑性にあるからです。その全員が何らかの形で不完全な存在です。だからこそ私たちのキャラクターは興味深いのであり、だからこそ彼らは長い間愛され続けているのです」と言及している。 また、アベンジャーズと言えば、豪華俳優陣が主役級のキャラクターを演じるという点で毎回その出演者ラインナップに注目が集まる。本作でも最新情報がUSで公開されるたびに世界が一喜一憂するほどだ。そんな出演者についてケヴィンは「私たちは幸運なことに、長年ずっと、最高レベルの才能豊かな演者たちを惹きつけることができています。そんな彼らが自分の演じるキャラクターに自身の独創性を吹き込んでいることが、私たちのすべての映画を更に高めているのです。『アイアンマン』以来、私たちはずっと、素晴らしいけれど弱点や欠点を持ち、人々が共感し心を通わせられるようなキャラクターやストーリーを重視し続けているのです」と魅力的なキャラクターの誕生の秘訣を明かしつつ、マーベル作品にとってどれだけキャスティングが重要なのかを語った。 今回はアイアンマンなどお馴染みのメンバーをはじめ、銀河を救う“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”や、新ヒーロー“ブラックパンサー”、さらにあのスパイダーマンやドクター・ストレンジの参戦も決定。名前を聞くだけで心躍るキャラクターが勢揃いすることはすでに解禁されており、今後のキャララインナップにも期待が膨らむ。 エンターテイメントの歴史を大きく変えながら、拡大しつつけるマーベル・シネマティック・ユニバース。直近では『スパイダーマン:ホームカミング』『マイティ・ソー バトルロイヤル』『ブラックパンサー(原題)』と最新作も続々と公開を控えている。 映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日(金)より日本公開 【CREDIT】 監督:アンソニー&ジョー・ルッソ 製作:ケヴィン・ファイギ 出演:ロバート・ダウニーJr./クリス・ヘムズワース/マーク・ラファロ/クリス・エヴァンス/スカーレット・ヨハンソン/ジェレミー・レナー/ベネディクト・カンバーバッチ/トム・ホランド/クリス・プラット 原題:Avengers: Infinity War 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン ©Marvel

『ゴースト・イン・ザ・シェル』田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ら原作アニメ声優による日本語吹替版DVD予告公開

スカーレット・ヨハンソン主演のSFアクション『ゴースト・イン・ザ・シェル』のBlu-ray&DVDが8月23日(水)にリリースされる。この度、田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ら原作アニメ声優による日本語吹替版のDVDトレーラーが公開された。 1991年に誕生した士郎正宗の漫画原作「攻殻機動隊」を、スカーレット・ヨハンソン主演でハリウッドが実写映画化した本作。脳以外が全身義体である世界最強の捜査官・少佐(スカーレット・ヨハンソン)が、上司の荒巻(ビートたけし)やバトー(ピルー・アスベック)らエリート捜査組織・公安9課の面々とともに、脳をハックする脅威のサイバーテロリストとの世界を揺るがす戦いに身を投じていくさまが描かれる。 押井守監督による1995年のアニメ映画『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』(95)で声優を担当した田中敦子(草薙素子役)、大塚明夫(バトー役)、山寺宏一(トグサ役)が、『攻殻機動隊SOLID STATE SOCIETY 3D』以来6年ぶりに同じ役柄で出演し、大きな話題を呼んだ吹替版。通常Blu-ray&DVDをはじめ、3D Blu-rayや4K ULTRA HD Blu-rayを収録したものがセット価格で8月23日(水)より発売される。メイキングやインタビューなど約52分の特典映像が収録されており、加えて実写版と原作アニメ「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」のBlu-rayがセットになったツインパックも登場する。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=2p9JAsE24XQ] 『ゴースト・イン・ザ・シェル』3D Blu-ray+Blu-rayセット 価格:6,469円/『ゴースト・イン・ザ・シェル』4K ULTRA HD+Blu-rayセット 価格:6,469円/『ゴースト・イン・ザ・シェル』Blu-ray+DVD+ボーナスBlu-rayセット 価格:4,309円/『ゴースト・イン・ザ・シェル』&「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」Blu-rayツインパック+ボーナスBlu-rayセット 価格:8,197円 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』Blu-ray&DVDは8月23日(水)リリース/同時レンタル ©MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co....
ゴースト・イン・ザ・シェル

『ゴースト・イン・ザ・シェル』Blu-ray&DVDが8月23日リリース、原作アニメ「攻殻機動隊」とのツインパックも登場

スカーレット・ヨハンソン主演のSFアクション『ゴースト・イン・ザ・シェル』のBlu-ray&DVDが8月23日(水)にリリースされる。 1991年に誕生した士郎正宗の漫画原作「攻殻機動隊」を、スカーレット・ヨハンソン主演でハリウッドが実写映画化した本作。脳以外が全身義体である世界最強の捜査官・少佐(スカーレット・ヨハンソン)が、上司の荒巻(ビートたけし)やバトー(ピルー・アスベック)らエリート捜査組織・公安9課の面々とともに、脳をハックする脅威のサイバーテロリストとの世界を揺るがす戦いに身を投じていくさまが描かれる。 通常Blu-ray&DVDをはじめ、3D Blu-rayや4K ULTRA HD Blu-rayを収録したものがセット価格で発売される。メイキングやインタビューなど約52分の特典映像が収録されており、加えて実写版と原作アニメ「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」のBlu-rayがセットになったツインパックも登場する。 『ゴースト・イン・ザ・シェル』3D Blu-ray+Blu-rayセット 価格:6,469円 『ゴースト・イン・ザ・シェル』4K ULTRA HD+Blu-rayセット 価格:6,469円 『ゴースト・イン・ザ・シェル』Blu-ray+DVD+ボーナスBlu-rayセット 価格:4,309円 『ゴースト・イン・ザ・シェル』&「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」Blu-rayツインパック+ボーナスBlu-rayセット 価格:8,197円 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』Blu-ray&DVDは8月23日(水)リリース/同時レンタル ©MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
犬ヶ島

ウェス・アンダーソン新作アニメが2018年春公開、RAD野田洋次郎が声優としてハリウッドデビュー

『グランド・ブダペスト・ホテル』のウェス・アンダーソン監督最新作『Isle of Dogs(原題)』の邦題が『犬ヶ島』に決定。2018年4月20日の全米公開、および2018年春に日本を含む世界公開が決定した。 本作は、全編にわたり日本を舞台とし、失踪した愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描き出す。声優陣にビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンドといったアンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能が集結した。 また、第一弾日本人ボイスキャストとしてRADWIMPS・野田洋次郎、夏木マリの出演が決定。映画『君の名は。』の音楽を担当し、幅広い世代から支持を得るRADWIMPSのボーカル&ギタリストである野田は、映画『トイレのピエタ』で主演を務め俳優デビューを果たし、第39回日本アカデミー賞・新人賞を受賞している。今回ハリウッドでもその才能を発揮することとなった。 野田は「ニュースキャスター役で参加させてもらいました。iPhoneのボイスメモ機能を使っての台詞のやり取りから始まりました。そのデータを送って、返ってきて、修正して。はじめての経験で面白かったです。僕自身ストーリーの全容をまったく見ずに断片的に関わらせて頂いたので完成を観るのが今から楽しみです。とても幅広いキャストに象徴されるように、きっとボーダーレスでどこまでも自由なウェス・アンダーソン監督の作品になるのかなと期待しています」とコメントを寄せている。 映画『犬ヶ島』は2018年春日本公開

スカヨハが圧倒的な身体能力発揮!ポールアクション収めた『ゴースト・イン・ザ・シェル』本編映像、メイキングも公開

大ヒット上映中の『ゴースト・イン・ザ・シェル』から、この度、少佐を演じるスカーレット・ヨハンソンが圧倒的な身体能力を魅せる本編映像と、唯一無二の近未来アクションに迫る特別映像が到着した。 日本を中心に瞬く間に世界へと拡散し、世界が熱狂するバイブルと化した日本が世界に誇るSF作品の金字塔『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』ハリウッドが実写映画化した本作は、脳以外が全身義体である世界最強の捜査官・少佐(スカーレット・ヨハンソン)が、上司の荒巻(ビートたけし)やバトー(ピルー・アスベック)らエリート捜査組織・公安9課の面々とともに、脳をハックする脅威のサイバーテロリストとの世界を揺るがす戦いに身を投じていくさまが描かれる。 解禁された本編映像では、潜入捜査中にサイバーテロリストの仲間に捕まり、片手をポールに繋がれて尋問を受ける少佐が捉えられている。少佐はポールを使って一回転し、後ろの敵に蹴りかかり、さらに、別のテロリストを掌底打ちで突き飛ばすなど、片手を封じられながらも敵を次々と撃破していく。反撃してきた敵に発砲されるも銃弾を難なく避けながらポールを使って部屋の壁を走り、そのままの勢いで強烈な飛び蹴りを繰り出す。まるでポールダンスかの如く繰り出されるアクションは鮮やかな仕上がりとなっており、本編への期待を高めている。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=fpliNn1BC20] 特別映像では、脳以外は全身義体のため圧倒的な身体能力を有する少佐を演じるスカーレット・ヨハンソンが「本作の特徴は独特のアクションと銃撃戦ね。斬新だわ」と語る。本作では現代のアクションシーンとは異なる近未来のアクションが繰り広げらており、スタント・コーディネーターのガイ・ノリスが「少佐のアクションは超人的にならないようバランスを重視した」と緻密な計算が行われたことも明かした。 また本作でスカーレットが着用し、『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』シリーズでも象徴的なアイテム・熱光学迷彩の表現についてもそのこだわりを披露。ガイも「多くの新しいアイデアと技術が投入され唯一無二のアクションが生まれた」とクオリティに自信を覗かせてる。 スカーレットは1年以上かけて、少佐の身体性を表現する為に過酷なトレーニングを積み「凄まじい戦闘や銃撃戦抜きでは『攻殻機動隊』になり得ない。武器の扱い方を学び、スタントチームの協力のおかげですべての格闘とワイヤーアクションをやり遂げることができた。身体性はこのキャラクターにとってすごく重要な部分だから、何でも自分でやれるようになろうと心に決めていた」とアクションのほとんどをスタントマンなしで挑んだことを明かした。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=4MHIHh_kPq8] 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』は大ヒット公開中 【CREDIT】 監督:ルパート・サンダース 音楽:川井憲次 出演:スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、ジュリエット・ビノシュ、マイケル・ピット、ピルー・アスベック 配給:東和ピクチャーズ 公式サイト:http://ghostshell.jp/ ©MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
ゴースト・イン・ザ・シェル

スカーレット・ヨハンソンの“光学迷彩ファイト”!『ゴースト・イン・ザ・シェル』本編映像

大ヒット上映中の『ゴースト・イン・ザ・シェル』から、オリジナル版でも屈指の名シーンのひとつ、主人公が光学迷彩で敵を圧倒する戦闘シーンの一部を収めた本編映像が到着した。 日本を中心に瞬く間に世界へと拡散し、世界が熱狂するバイブルと化した日本が世界に誇るSF作品の金字塔『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』。ハリウッドが実写映画化した本作は、脳以外が全身義体である世界最強の捜査官・少佐(スカーレット・ヨハンソン)が、上司の荒巻(ビートたけし)やバトー(ピルー・アスベック)らエリート捜査組織・公安9課の面々とともに、脳をハックする脅威のサイバーテロリストとの世界を揺るがす戦いに身を投じていくさまが描かれる。 圧倒的なハイクオリティで描き、攻殻機動隊の実写化にハリウッドが本気度MAXで挑んだことが伝わる本映像。レインコートを着た男が駆け抜けてきた先は、サイバーパンクを象徴するようなネオン煌めく近未来都市が奥に広がる用水地。不穏な気配を感じ取った男が銃を乱射するも手ごたえはなく、次の瞬間、光学迷彩で景色に完全に同化した少佐(スカーレット・ヨハンソン)が男を一蹴。姿を現してもなお無類の強さを発揮し、完膚なきまでに叩きのめす。 攻殻機動隊シリーズが描く近未来の世界観を象徴する名シーンとして名高く、オリジナルでも人気の高いこのアクションシーン。スカーレット・ヨハンソンの体当たり演技はもちろんのこと、あまりにも見事な映像技術で再現された少佐の光学迷彩シーンをデザインしたのは、ニュージーランドに拠点を置きVFXの最先端を行くWETAワークショップ。この世界的に有名なデザイン・特殊メイク工房でクリエイティブ・ディレクターを務めるサー・リチャード・テイラーは、本作の話を聞いた時のことを振り返り「アーティストとして、ファンとして、私たちはこのプロジェクトに参加せずにはいられなかったよ。原作は私たちWETAのみんなにとって大きなインスピレーションをもたらしてきた作品だし、そのキャラクターたちをアニメから取り出して、実写映画用の生きて動くキャラクターに作り上げるなんて機会は、想像もつかないほどのチャンスだったんだ!」とコメント。 映像表現に定評があり、もともと攻殻機動隊シリーズの大ファンだと公言しているルパート・サンダース監督も、オリジナルへの愛が溢れるこの場面を満足いくまで描けたのはテイラーのおかげであると大賛辞を送っており、「サー・リチャード・テイラーはテクノロジー、科学、そしてアートを横断できる数少ない映画製作者のひとりだよ。私は軽々しくこの言葉は使わないが、やはり彼は天才だ。志を同じくし、アーティスティックで、科学的で、才能に溢れた彼とそのチームに本当に参加して欲しかったんだ」と語っている。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=hvgBbV4XR00] 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』は大ヒット公開中 【CREDIT】 監督:ルパート・サンダース 音楽:川井憲次 出演:スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、ジュリエット・ビノシュ、マイケル・ピット、ピルー・アスベック 配給:東和ピクチャーズ 公式サイト:http://ghostshell.jp/ ©MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

スカヨハが芸者ロボットの“記憶の海”にダイブ、『ゴースト・イン・ザ・シェル』本編映像

1991年に誕生した士郎正宗の漫画原作「攻殻機動隊」を、スカーレット・ヨハンソン主演でハリウッドが実写映画化した『ゴースト・イン・ザ・シェル』が4月7日より全国公開される。この度、サイバーテロリストの手がかりを求めて芸者ロボットの記憶に潜り込んだ少佐(スカーレット・ヨハンソン)が絶対絶命の危機に陥る緊迫の本編映像が到着した。 日本を中心に瞬く間に世界へと拡散し、世界が熱狂するバイブルと化した日本が世界に誇るSF作品の金字塔『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』。ハリウッドが実写映画化した本作は、脳以外が全身義体である世界最強の捜査官・少佐(スカーレット・ヨハンソン)が、上司の荒巻(ビートたけし)やバトー(ピルー・アスベック)らエリート捜査組織・公安9課の面々とともに、脳をハックする脅威のサイバーテロリストとの世界を揺るがす戦いに身を投じていくさまが描かれる。 少佐がサイバーテロリストの手がかりを求め、犯人にハッキングされた芸者ロボットの記憶に入り込もうとするところから始まる本映像。相棒のバトー(ピルー・アスベック)が見守る中、芸者ロボットの深い記憶の海に潜っていく少佐だが、そこで目撃したのは、芸者ロボットが何者かに襲われていた現場。さらに記憶の奥へ進むと、犯人らしき人物と遭遇。突如、少佐は記憶の外に吹き飛ばされ、無数の人影に引きずり込まれてしまう。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=AQrC0c82rQw] 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』は4月7日より全国公開 【CREDIT】 監督:ルパート・サンダース 音楽:川井憲次 出演:スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、ジュリエット・ビノシュ、マイケル・ピット、ピルー・アスベック 配給:東和ピクチャーズ 公式サイト:http://ghostshell.jp/ ©MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
ゴースト・イン・ザ・シェル

『ゴースト・イン・ザ・シェル』芸者ロボットの正体は福島リラ、こだわり抜いた衣装制作の裏側明かす特別映像公開

1991年に誕生した士郎正宗の漫画原作「攻殻機動隊」を、スカーレット・ヨハンソン主演でハリウッドが実写映画化した『ゴースト・イン・ザ・シェル』が4月7日より全国公開される。この度、「俳優は衣装に袖を通して初めてキャラクターになりきれる」と熱弁するほど、ルパート・サンダース監督がこだわリ抜いた衣装の製作現場の裏側を映し出す特別映像が到着した。 日本を中心に瞬く間に世界へと拡散し、世界が熱狂するバイブルと化した日本が世界に誇るSF作品の金字塔『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』。ハリウッドが実写映画化した本作は、脳以外が全身義体である世界最強の捜査官・少佐(スカーレット・ヨハンソン)が、上司の荒巻(ビートたけし)やバトー(ピルー・アスベック)らエリート捜査組織・公安9課の面々とともに、脳をハックする脅威のサイバーテロリストとの世界を揺るがす戦いに身を投じていくさまが描かれる。 今回解禁された特別映像では、衣装デザインを担当したバート・ミューラーが「衣装は監督の視覚センスが根底にある」と説明するように、デザインのあらゆる面に携わったというルパート監督が捉えられている。 「俳優は衣装に袖を通して初めてキャラクターになりきれるんだ」と強調していることからも、映画をつくる上で衣装に対して並々ならぬこだわりをもっていることがわかる。また、カートと共に衣装デザインを担当したバート・スワンソンが「アニメ版『攻殻機動隊』に敬意を表しつつ、同時に特徴的で記憶に残るものを目指した」と語っていることから、ルパート監督のビジョンを形にしようとチーム一丸となって本作に取り組んだ様子も窺える。 特にスタッフ陣が注力したのが芸者ロボットの衣装。「伝統的、そして非伝統的な要素を混在させた。特に“帯”はとても伝統的だ。帯は従来の手法で作ったが、デザインは独自のものだ。電気回路のような模様で顔にも同じものがある」と日本文化を基礎に新たなアイデアを加えたことを明かす。映像内では、芸者ロボットを演じた福島リラがマスクと衣装を身に纏い、実際に演じている場面も収められており衝撃を受けることだろう。 少佐の代名詞ともいえる、姿を消すことができるスーツ“光学迷彩”は、5度のアカデミー賞受賞経験を持つ特殊効果担当のサー・リチャード・テイラーのチームの協力のもと製作。機能的かつスタイリッシュな仕上りとなった光学迷彩を見たカートは「まさに衣装にとっての新たなテクノロジーだろう。これを着たヨハンソンは魅力的だ」と絶賛した。初めて全身シリコン製のスーツを作ったリチャードもまた「アーティストとして、私たちはこのプロジェクトに参加せずにいられなかった。観客は魅力的なキャラクターに溢れた独自でダイナミックな世界を目にする。他に類を見ないだろう」と喜びを語っている。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=1oaeNlX6Cbg] フォトギャラリー 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』は4月7日より全国公開 【CREDIT】 監督:ルパート・サンダース 音楽:川井憲次 出演:スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、ジュリエット・ビノシュ、マイケル・ピット、ピルー・アスベック 配給:東和ピクチャーズ 公式サイト:http://ghostshell.jp/ ©MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

押井守も太鼓判!『ゴースト・イン・ザ・シェル』原作へのリスペクトが滲み出る本編映像到着

1991年に誕生した士郎正宗の漫画原作「攻殻機動隊」を、スカーレット・ヨハンソン主演でハリウッドが実写映画化した『ゴースト・イン・ザ・シェル』が4月7日より全国公開される。この度、原作・アニメ版「攻殻機動隊」シリーズへのリスペクトと、圧巻の世界観、鮮やかな銃撃アクションが際立つ約5分間の本編映像が到着した。 日本を中心に瞬く間に世界へと拡散し、世界が熱狂するバイブルと化した日本が世界に誇るSF作品の金字塔『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』。ハリウッドが実写映画化した本作は、脳以外が全身義体である世界最強の捜査官・少佐(スカーレット・ヨハンソン)が、上司の荒巻(ビートたけし)やバトー(ピルー・アスベック)らエリート捜査組織・公安9課の面々とともに、脳をハックする脅威のサイバーテロリストとの世界を揺るがす戦いに身を投じていくさまが描かれる。 今回到着した本編映像では、サイバー犯罪が行われている高層ホテルの屋上で一人佇む“少佐”の姿が捉えられている。そのホテルでは、人間の義体化を推進するハンカ・ロボティックス社のオズモンド博士とある国の大統領との会合が行われていた。しかし、オズモンド博士が大統領に人間の義体化推進に協力を求めるも、話し合いは難航。すると突然、ホテル内に黒服集団が侵入し会合を制圧。少佐はすぐさま光学迷彩を身にまとい現場へと急行する。 屋上からのダイブシーンや日本人女優・福島リラ演じる芸者ロボットの登場など、本作はキャスト・スタッフの原作やアニメ版に対するリスペクトが込められている。それについてスカーレットは「アニメ版そっくりのシーンもあるわ。そういうシーンを再現するのはワクワクしたし、観客も実写化されているのを見て興奮できるはずよ」と説明しつつも、「とはいえ、再現ばかりしていたわけではない。オリジナル版へきちんと敬意を払いながらも、それ以外は独自の作品になっているわ」とアピール。撮影現場に招かれたという押井監督も「間違いなく今まで作られた『攻殻』のなかで、一番ゴージャスな作品になると思う」と太鼓判を押している。そしてこの本編映像は正体不明の敵からの謎めいたメッセージで終わり、より先の展開が気になる仕上がりとなっている。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=asEkLAgjvTo] 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』は4月7日より全国公開 【CREDIT】 監督:ルパート・サンダース 音楽:川井憲次 出演:スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、ジュリエット・ビノシュ、マイケル・ピット、ピルー・アスベック 配給:東和ピクチャーズ 公式サイト:http://ghostshell.jp/ ©MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
13,681ファンいいね
19,927フォロワーフォロー
28,184フォロワーフォロー

記事ランキング

公式Instagram