ホーム タグ ライアン・ゴズリング

タグ: ライアン・ゴズリング

ブレードランナー

『ブレードランナー 2049』の前日譚描く短編アニメ制作、「ブラックアウト 2022」監督に渡辺信一郎

SF映画の金字塔と名高いリドリー・スコット監督作『ブレードランナー』の続編、『ブレードランナー 2049』の前日譚を描く短編アニメーションの制作が決定。監督を「カウボーイビバップ」の渡辺信一郎が務めることがわかった。 「ブレードランナー2049」へ至る、空白の30年間とは──? 続編である「2049」の舞台となるのは、前作から30年後、“2049年”の世界。本作の舞台に至る空白の30年間── デッカードが姿を消した後の世界では、レプリカントは制約のない寿命を持つよう改良。しかし2022年、アメリカ西海岸で原因不明の大規模停電が発生し、財政や市場は世界的に停止、食物の供給は切迫。世の大半がそれを“レプリカントが原因”と非難したことで、社会ではレプリカントの製造を禁止する法令が出されるようになった。 そして、この世界の危機を救ったのが、理想主義的な科学者ウォレス(ジャレッド・レト)。彼は2025年、人工農法を開発し、世界的な食糧危機を終焉させた。さらに、以前レプリカントを製造していたタイレル社の負債を買い取り、ウォレスは新型レプリカントの製造を始め、“レプリカント禁止法”の廃止を実現。 2022年の大停電=“ブラックアウト2022”── そのとき、一体何が起こったのか? その“前奏”をひとつの作品として描くため、『ブレードランナー 2049』製作チームが白羽の矢を立てたのは 日本を代表するアニメーション監督・渡辺信一郎。「カウボーイビバップ」「アニマトリックス」「サムライチャンプルー」などを手がけ、日本のみならず海外でも高い評価を得続けるアニメ ーション監督だ。 『ブレードランナー 2049』の制作スタジオである Alcon Entertainment からオファー受け、短編アニメーション「ブレードランナー ブラックアウト 2022」を制作することが決定し。本アニメーションの制作は追い込みに入っており、その現場を垣間見ることのできる予告映像も到着した。10月27日(金)公開の映画『ブレードランナー 2049』の前奏となる本アニメーションは、9月26日(火)に世界に先駆けて披露が予定されている。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=924olvhb2pU] 映画『ブレードランナー 2049』は10月27日(金)より全国公開 【CREDIT】 製作総指揮:リドリー・スコット/監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レト、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタ
ブレードランナー

“レプリカント論争”に終止符か…封印された真実が明かされる『ブレードランナー 2049』日本版ポスター

SF映画の金字塔と名高いリドリー・スコット監督作『ブレードランナー』の続編、『ブレードランナー 2049』が10月27日(金)に公開される。この度、本作の日本版ポスタービジュアルが到着した。 本作は、人造人間“レプリカント”の反乱を鎮圧すべく立ち向かう捜査官リック・デッカードの戦いと葛藤を描く『ブレードランナー』の続編。オリジナル作品の舞台である2019年から30年後の2049年の世界を舞台にしており、ハリソン・フォードが前作の主人公リック・デッカード役を再び演じるほか、リドリー・スコットは製作総指揮を執り、『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務める。ハリソン・フォード、ライアン・ゴズリングほかロビン・ライト、ジャレッド・レト、デイヴ・バウティスタらが出演する。 日本版ポスターは、新たなブレードランナー“K”と、かつてのブレード ランナー“デッカード”、2人の新旧ブレードランナーが背中を合わせて並ぶビジュアルに。ポスター中央には“知る覚悟はあるか──。”の文字が刻まれている。 人類への反乱を目論み社会に紛れ込んでいる違法なレプリカントを処分する役目の捜査官“ブレードランナー”であるデッカードをハリソン・フォードが演じ、斬新でありながら現実的な世界観でSFの金字塔となった前作『ブレードランナー』。30年以上経った今なおファンの間で物議をかもしているのが、恋人である女性レプリカント(人造人間)と共に姿を消したデッカードの行方や、彼の正体などの謎、そして人間と見分けのつかない存在である“レプリカントの是非をめぐる”論争だ。長年決着がつかなかった様々な“謎”があるだけに、重大な“真実”が明かされることを明言したポスターに期待が高まるばかり。 デッカードがこつ然と姿を消してから30年、“知る覚悟はあるか──。”という言葉が物語るように、本作では知られざる<封印された真実>が明かされることになる。今なお色あせることなく、映画界と世界中のカルチャーを魅了し続けている『ブレードランナー』。続編『ブレードランナー 2049』で描かれる30年後の世界は、その圧倒的な映像美をよりパワフルに引き継ぎ、ベールに包まれ多くの謎を抱えながらも、新たな映画新時代の幕開けを感じずにはいられない。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=siuNfkQGW_8] 映画『ブレードランナー 2049』は10月27日(金)より全国公開 【CREDIT】 製作総指揮:リドリー・スコット/監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レト、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタ
ラ・ラ・ランド

高速道路を週末の3日間閉鎖!『ラ・ラ・ランド』オープニングシーン撮影秘話、特典映像の一部解禁

第89回アカデミー賞最多6部門を受賞したライアン・ゴズリング×エマ・ストーン共演作『ラ・ラ・ランド』 がBlu-ray&DVDが8月2日(水)に発売される。この度、Blu-rayコレクターズ・エディション&4K UHD BDに収録される特典映像の一部が期間限定で解禁された。 『セッション』の監督デイミアン・チャゼルがメガホンを取った本作は、オーディションに受からず落ち込んでいた女優志望のミアと、いつか自身の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願うピアニスト・セバスチャンの恋愛模様を描いたミュージカル映画。ヒロインのミアを『アメイジング・スパイダーマン』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のエマ・ストーンが、セブ(セバスチャン)を『きみに読む物語』『ドライヴ』のライアン・ゴズリングがそれぞれ演じている。 9月1日(金)まで期間限定で公開される本映像には、オープニングシーンの裏側が披露された「アナザー・デイ・オブ・サン 高速道路の撮影秘話」の一部が収められている。撮影は日頃から多くの車が行き交い混雑する高速道路を週末の3日間閉鎖し行われ、このシーンを振り返りデイミアン監督は「リハーサルでスタッフもダンサーも難しさを認識していたため、失敗すると覚悟した」と語り、「40度近い記録的な暑さの中での撮影だったが、2日目の朝、LAでは珍しい雷が鳴りそうな曇り空に困り果てた」というエピソードも明かした。 ほかにも特典映像には、駐車場に車を並べ自分のスマホを使ってカメラワークを確認しリハーサルを行うデイミアン監督の姿や、リハーサル時には想定出来なかった高速道路の傾斜により急遽ダンスを変更する様子など、完成までの苦労や試行錯誤がうかがえる映像も含まれている。「最初の5分でこの映画がミュージカルだと示したかった」と語るデイミアン監督が表現した圧巻のオープニングシーンがどのように完成したのか、映画作りに対し決して妥協することのないデイミアン監督とスタッフ一同の熱い想いとその裏側がたっぷり明かされる特典映像の全容は要チェックだ。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=RT03xfeZKpQ] 映画『ラ・ラ・ランド』Blu-ray&DVD、4K UHD BDは8月2日(水)リリース 発売元:ギャガ 販売元:ポニーキャニオン © 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.
ブレードランナー

2人の“新旧”ブレードランナーは追われる立場へ、ライアン・ゴズリング×ハリソン・フォード『ブレードランナー 2049』新予告

SF映画の金字塔と名高いリドリー・スコット監督作『ブレードランナー』の続編、『ブレードランナー 2049』が10月27日(金)に公開される。この度、本作の新たな予告編が解禁となった。 本作は、人造人間“レプリカント”の反乱を鎮圧すべく立ち向かう捜査官リック・デッカードの戦いと葛藤を描く『ブレードランナー』の続編。オリジナル作品の舞台である2019年から30年後の2049年の世界を舞台にしており、ハリソン・フォードが前作の主人公リック・デッカード役を再び演じるほか、リドリー・スコットは製作総指揮を執り、エイミー・アダムス主演『メッセージ』の日本公開を控えているドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務める。ハリソン・フォードのほかライアン・ゴズリング、ロビン・ライト、ジャレッド・レト、デイヴ・バウティスタらが出演する。 人間社会に紛れ込んでいる、労働用の人造人間“レプリカント”を処分する役目の捜査官“ブレードランナー”。ゴズリング扮する捜査官Kは、ある重大な秘密に辿り着き、その真相を知るためハリソン・フォード演じるかつてのブレードランナー、デッカードの行方を追っていく。映像には、レプリカントを製造するウォレス(ジャレッド・レト)の「“彼”が鍵を握っている」との意味深な発言や、危険な事実に近づいた2人の新旧ブレードランナーが、“レプリカント”を追う立場から追われる立場へと変わっていくさまが確認できる。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=UQfUCPW0Ako] 映画『ブレードランナー 2049』は10月27日(金)より全国公開 【CREDIT】 製作総指揮:リドリー・スコット/監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レト、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタ
ラ・ラ・ランド

『ラ・ラ・ランド』シネマ・コンサート、3都市全5公演の開催日程が決定!

4月に公演が延期されていた「ラ・ラ・ランド in コンサート」の3都市全5公演の開催日程が改めて発表された。 日本公演には、300公演を超えるシネマ・コンサートでタクトを振ってきたエリック・オクスナーが来日し指揮を担当。オーケストラは国内屈指の名門、東京フィルハーモニー交響楽団にジャズ・アンサンブルが加わって盤石の態勢で備える。 映画と素晴らしいライブを同時体験出来る斬新なハイブリッド・コンサート「ラ・ラ・ランド in コンサート」のチケットは、7月22日(土)の一般発売に先駆け、6月30日(金)より最速先行予約受付がスタートする。詳細はコンサート公式サイト(http://www.promax.co.jp/lalalandinconcert)まで。 ラ・ラ・ランド in コンサート/LA LA LAND – IN CONCERT 横浜公演(3公演) 日時:9月29日(金)18:00開場/19:00開演、9月30日(土)13:00開場/14:00開演、9月30日(土)17:30開場/18:30開演 会場:パシフィコ横浜 国立大ホール 名古屋公演 日時:10月3日(火)18:00開場/19:00開演 会場:名古屋国際会議場 センチュリーホール 大阪公演 日時:10月4日(水)18:00開場/19:00開演 会場:フェスティバルホール 上映作品:『ラ・ラ・ランド』 音楽(作曲):ジャスティン・ハーウィッツ 上演時間: 140分(途中休憩20分有り) コンサート出演 指揮:エリック・オクスナー 演奏:東京フィルハーモニー交響楽団 ※映画キャスト・シンガーは出演しません。 チケット価格:S席 9,800円/A席 7,800円 ※全席指定・税込、未就学児入場不可 チケット先行受付:6月30日(金)〜 チケット一般受付:7月22日(土)〜 <コンサート公式サイト>http://www.promax.co.jp/lalalandinconcert
ブレードランナー

『ブレードランナー』新作の“2049枚限定”前売り券発売、特典に“留之助ブラスター”!前作の爆音上映も開催決定

SF映画の金字塔と名高いリドリー・スコット監督作『ブレードランナー』の続編、ライアン・ゴズリング×ハリソン・フォード『ブレードランナー 2049 』が10月27日(金)に公開される。この度、本作の公開を記念し<限定特典付き・前売ムビチケカード>を7月10日(月)のみ、“2049枚限定”で先行発売することが決定した。 先行発売日の7月10日(月)は、1982年に公開されたリドリー・スコット監督作『ブレードランナー』の日本公開日で「ブレードランナー記念日」。日本上陸35年周年を迎える記念すべき日に手に入る限定特典「留之助ブラスター1/5 ミニチュア<ブラック・エディション>」は、ハリソン・フォードが演じた捜査官“ブレードランナー”のデッカードが劇中で使用していたモデルをベースに作られており、新作映画のタイトルになぞらえ2049丁用意されている。 さらに、この「ブレードランナー記念日」に東京・丸の内ピカデリーにてファンイベントを開催。ゲストをお迎えし、『ブレードランナー』の魅力をファンと共にとことん語りつくす。 イベントでは『ブレードランナー』(インターナショナル劇場版/完全版)が、日本で初めて“爆音”上映される。“インターナショナル劇場公開版”は、1982 年に日本で公開される際に使われたバージョン。リドリー・スコットが続編を熱望し製作総指揮を務め、SFに愛されたハリウッド伝説の俳優”ハリソン・フォードがカムバックを果たした最新作『ブレードランナー 2049 』が公開する年の「ブレードランナー記念日」に日本初となる“爆音”上映は、ファンの心を鷲掴みにする特別な1日になりそうだ。 ブレードランナー記念日“2049 枚限定”前売ムビチケカード先行発売 概要 発売日:7月10日(月)0:00~ 発売サイト:「映画前売券のことならメイジャー」(https://www.major-j.com/) 通販サイトにて販売開始 券種・料金:一般 1,400 円(税込)※なくなり次第販売終了 限定特典:留之助ブラスター1/5 ミニチュア<ブラック・エディション> 本作は、人造人間“レプリカント”の反乱を鎮圧すべく立ち向かう捜査官リック・デッカードの戦いと葛藤を描く『ブレードランナー』の続編。オリジナル作品の舞台である2019年から30年後の2049年の世界を舞台にしており、ハリソン・フォードが前作の主人公リック・デッカード役を再び演じるほか、リドリー・スコットは製作総指揮を執り、エイミー・アダムス主演『メッセージ』の日本公開を控えているドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務める。ハリソン・フォードのほかライアン・ゴズリング、ロビン・ライト、ジャレッド・レト、デイヴ・バウティスタらが出演する。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=siuNfkQGW_8] 映画『ブレードランナー 2049』は10月27日(金)より全国公開 【CREDIT】 製作総指揮:リドリー・スコット/監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レト、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタ
ラ・ラ・ランド

『ラ・ラ・ランド』Blu-ray&DVDが8月2日リリース、特典に舞台裏や豪華インタビュー映像収録

第89回アカデミー賞最多6部門を受賞したライアン・ゴズリング×エマ・ストーン共演作『ラ・ラ・ランド』 がBlu-ray&DVDが8月2日(水)に発売されることがわかった。 『セッション』の監督デイミアン・チャゼルがメガホンを取った本作は、オーディションに受からず落ち込んでいた女優志望のミアと、いつか自身の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願うピアニスト・セバスチャンの恋愛模様を描いたミュージカル映画。ヒロインのミアを『アメイジング・スパイダーマン』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のエマ・ストーンが、セブ(セバスチャン)を『きみに読む物語』『ドライヴ』のライアン・ゴズリングがそれぞれ演じている。 『ラ・ラ・ランド』セルは全部で5形態の商品が発売。スタンダード・エディションのBlu-rayとDVDには、デイミアン・チャゼル監督と作曲のジャスティン・ハーウィッツによるオーディオ・コメンタリーをはじめとする貴重な特典映像を収録。コレクターズ・エディションと4K UHD BDセットには、スタンダード・エディションと同内容の特典に加えて、圧巻のオープニングとなった高速道路でのミュージカルシーンの撮影秘話や、ライアン・ゴズリングとデイミアン・チャゼル監督来日時のインタビュー映像などが収録される。さらに、コレクターズ・エディションと4K UHD BDセットには、初回特典としてアウターケースおよびブックレットが付属。なお、数量限定生産でコレクターズ・エディションのスチールブック仕様も同時リリースされる。 ◯ DVDスタンダード・エディション 価格:¥3,800+税 特典映像:後述 ◯ Blu-ray スタンダード・エディション 価格:¥4,700+税 特典映像:後述 ◯ Blu-ray コレクターズ・エディション 2枚組 価格:¥5,800+税 ※本編ディスクの収録内容はスタンダード・エディションと同じ 特典映像:後述 初回限定特典:アウターケース仕様、ブックレット封入 ◯ Blu-ray コレクターズ・エディション 2枚組 【初回限定生産スチールブック仕様】 価格:¥6,700+税 ※収録内容はコレクターズ・エディションと同じ。 特典映像:後述 初回限定特典:ブックレット封入 ◯ 4K ULTRA HD+本編Blu-ray+特典Blu-ray 3枚組 価格:¥7,800+税 ※4K ULTRA HDに加えて、コレクターズ・エディションと同じBlu-ray2DISCを収録。 特典映像:後述 ※コレクターズ・エディションと同様 初回限定特典:アウターケース仕様、ブックレット封入 [特典映像] スタンダード・エディション/本編DISC(コレクターズ・エディションにも収録)特典映像 ※収録内容は予定 ①監督&作曲者によるオーディオ・コメンタリー ②ロサンゼルスに恋して ③ライアン&エマ 3度目の共演 ④予告編集 ⑤キャスト・スタッフ プロフィール(静止画) ⑥プロダクションノート(静止画) コレクターズ・エディション 特典DISC特典映像 ※収録内容は予定 ①「アナザー・デイ・オブ・サン」 高速道路での撮影秘話 ②パーティシーンの裏側 ③ライアン・ゴズリング ピアノ演奏への熱意 ④ミュージカルにかけるチャゼル監督の思い ⑤楽曲制作の舞台裏 ⑥ジョン・レジェンドの俳優デビュー ⑦妥協のないセットと衣装 ⑧エンディングシーンの舞台裏 ⑨作曲者が歌う「ア・ラブリー・ナイト」&「シティ・オブ・スターズ」 ⑩チャイニーズ・シアターでの監督インタビュー ⑪オープン・スポットライトでのエマ・ストーン&スタッフインタビュー ⑫ライアン・ゴズリング×デイミアン・チャゼル監督 来日インタビュー 映画『ラ・ラ・ランド』Blu-ray&DVD、4K UHD BDは8月2日(水)リリース 発売元:ギャガ 販売元:ポニーキャニオン © 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001:...
ナイスガイズ!

ラッセル・クロウ×ライアン・ゴズリング『ナイスガイズ!』Blu-ray&DVDが8月2日リリース

ラッセル・クロウ×ライアン・ゴズリングW主演、笑いとハードなアクションが散りばめられたポップ・アクション・エンターテインメント『ナイスガイズ!』のBlu-ray&DVDが8月2日(水)にリリースされる。 本作は、乱暴者の示談屋×お調子者の私立探偵と車の運転までこなす13歳の娘が、ある失踪した少女の捜索依頼を引き受けるが、1本の映画にまつわる連続不審死事件へと繋がり、やがて3人はアメリカ国家を揺るがす巨大な陰謀に巻き込まれていく。腕っ節の強い示談屋ヒーリーをラッセル・クロウが、シングルファーザーで酒浸りの私立探偵マーチをライアン・ゴズリングがそれぞれ演じる。共演にアンガーリー・ライス、マット・ボマー、マーガレット・クアリー、キム・ベイシンガーが名を連ねる。監督・脚本を『アイアンマン3』を監督したシェーン・ブラックが務める。 映画『ナイスガイズ!』Blu-ray&DVDは8月2日(水)リリース/レンタル版同時リリース © 2016 NICE GUYS, LLC
ブレードランナー

人造人間“レプリカント”誕生シーン収めた『ブレードランナー 2049』新予告、ジャレッド・レトの姿も

SF映画の金字塔と名高いリドリー・スコット監督作『ブレードランナー』の続編、ライアン・ゴズリング×ハリソン・フォード『ブレードランナー 2049 』が10月27日(金)に公開される。この度、本作の新たな予告編が解禁となった。 本作は、人造人間“レプリカント”の反乱を鎮圧すべく立ち向かう捜査官リック・デッカードの戦いと葛藤を描く『ブレードランナー』の続編。オリジナル作品の舞台である2019年から30年後の2049年の世界を舞台にしており、ハリソン・フォードが前作の主人公リック・デッカード役を再び演じるほか、リドリー・スコットは製作総指揮を執り、エイミー・アダムス主演『メッセージ』の日本公開を控えているドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務める。ハリソン・フォードのほかライアン・ゴズリング、ロビン・ライト、ジャレッド・レト、デイヴ・バウティスタらが出演する。 予告編は、“レプリカント”誕生シーンから幕開け。袋の中から滑り落ちる“レプリカント”、それを迎えるジャレッド・レト演じる謎の男の姿が捉えられており、人間と“レプリカント”の壮絶な戦いを予感させる映像が続く。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=siuNfkQGW_8] 映画『ブレードランナー 2049』は10月27日(金)より全国公開 【CREDIT】 製作総指揮:リドリー・スコット/監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レト、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタ
ラ・ラ・ランド

『ラ・ラ・ランド』歌唱部分に英字幕を載せた新バージョン完成、コスプレありの発声上映開催決定!

第89回アカデミー賞にて本年度最多の6部門受賞(監督賞、主演女優賞エマ・ストーン、撮影賞、美術賞、作曲賞、主題歌賞City of Stars)を記録したミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』。この度、歌唱部分に英字幕を載せた新バージョンが完成。併せて発声上映が決定した。 『セッション』の監督デイミアン・チャゼルがメガホンを取る本作は、オーディションに受からず落ち込んでいた女優志望のミアと、いつか自身の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願うピアニスト・セバスチャンの恋愛模様を描くミュージカル映画。ヒロインのミアを『アメイジング・スパイダーマン』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のエマ・ストーンが、セブ(セバスチャン)を『きみに読む物語』『ドライヴ』のライアン・ゴズリングがそれぞれ演じる。 鑑賞後「思わず拍手をしたくなった」という観客の要望に答え、発声だけではなく、拍手、手拍子、更にセブとミアのコスプレなどが出来る。今回英語歌詞が付けられたのはアカデミー賞で主題歌賞を獲得した「CITY OF STARS」は勿論、華麗なるオープニングを飾った「ANOTHER DAY OF SUN」など、『ラ・ラ・ランド』の世界を余す事なく楽しめるはずだ。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=uQ7aNUxvDv8] 概要 『ラ・ラ・ランド』英語歌詞付き発声上映 歌詞がつく曲は以下の通り。 ・ANOTHER DAY OF SUN ・SOMEONE IN THE CROWD ・A LOVELY NIGHT ・CITY OF STARS (SOLO) ・CITY OF STARS (DUET) ・START A FIRE ・AUDITION(THE FOOLS WHO DREAM) 【実施予定劇場】 東京:TOHOシネマズみゆき座、TOHOシネマズ日本橋、TOHOシネマズ新宿、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、新宿バルト9、池袋HUMAXシネマズ、109シネマズ二子玉川、T・ジョイPRINCE品川 神奈川:TOHOシネマズららぽーと横浜、横浜ブルク13 TOHOシネマズ川崎、109シネマズ湘南 埼玉:MOVIXさいたま、ユナイテッド・シネマ浦和 千葉:シネマイクスピアリ 大阪:TOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズなんば 京都:TOHOシネマズ二条 兵庫:OSシネマズミント神戸 愛知:TOHOシネマズ名古屋、ミッドランドスクエアシネマ 福岡:TOHOシネマズ天神、T・ジョイ博多、ユナイテッド・シネマキャナルシティ13 北海道:札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌 ※上映時間は各劇場へのお問い合わせまたは映画公式サイト(http://gaga.ne.jp/lalaland/theater/index.php)にてご確認ください。 【注意事項】 ※声だし可、手拍子可、コスプレ可の上映回になります。静かに映画をご鑑賞されたいお客様には不向きの上映となりますことを予めご了承下さいませ。 ※コスプレをされる方は、周りや後方のお客様の視界を遮るような衣服の着用はご遠慮ください。 ※劇場内にお着替え用スペースはございません。劇場内でのお着替えはご遠慮ください。 ※上映中の許可のない撮影、録音はご遠慮ください。 ※火器類の持ち込み・クラッカー・笛などの鳴り物の使用、飛ぶ・跳ねる・暴れる・物を叩くなどの周りの方のご迷惑になる行為は固くお断りいたします。余りに過剰に行われた場合は上映中止になる場合もございます。 ※内容等、変更となる場合がございますので予めご了承ください。 フォトギャラリー 【CREDIT】 監督・脚本:デイミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、J.K.シモンズ 配給:ギャガ/ポニーキャニオン © 2016 Summit Entertainment, LLC....
13,679ファンいいね
19,927フォロワーフォロー
28,184フォロワーフォロー

記事ランキング

公式Instagram