ホーム タグ 吉沢亮

タグ: 吉沢亮

銀魂

『銀魂』Blu-ray&DVDが11月22日リリース、メイキングやNGシーンが4時間超の特典映像に!

単行本発行部数累計5,100万部を超える空知英秋原作の大人気コミックを、小栗旬×福田雄一のタッグで実写化した映画『銀魂』のBlu-ray&DVDが11月22日(水)にリリースされる。 パラレルワールドの江戸を舞台に、己を信じる侍魂を堅持するちょっと変わった天パの銀髪男「万事屋」の坂田銀時と、ひょんなことから出会った仲間の身に起きる様々な出来事を描いた本作。 主人公・坂田銀時役の小栗旬ほか、菅田将暉(志村新八役)、橋本環奈(神楽役)、長澤まさみ(新八の姉・妙役)、岡田将生(桂小太郎役)、ムロツヨシ(平賀源外役)、中村勘九郎(近藤勲役)、柳楽優弥(土方十四郎役)、吉沢亮(沖田総悟役)、新井浩文(岡田似蔵役)、佐藤二朗(武市変平太役)、菜々緒(来島また子役)、安田顕(村田鉄矢役)、早見あかり(村田鉄子役)、堂本剛(高杉晋助役)らが共演。脚本・監督を「勇者ヨシヒコ」シリーズや『HK 変態仮面』などで知られる福田雄一が務めた。 11月22日(水)にリリースされるBlu-rayプレミアム・エディションには、小栗旬と福田監督によるビジュアルコメンタリーをはじめ、メイキングや未公開映像、NGシーン集、インタビュー、イベント映像集など4時間を超える豪華映像特典を収録。 さらに、豪華ビジュアルブック(32P)と全15種類のキャラクターカードセット(ムビチケサイズ)も封入される。4K ULTRA HD版や3,000セット限定生産のBlu-rayスチールブック仕様も同時リリース。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=l4eZR-iVLUg] 映画『銀魂』Blu-ray&DVDは11月22日(水)リリース/レンタル同時開始/10月25日(水)よりデジタル先行配信開始 ©空知英秋/集英社 ©2017 映画「銀魂」製作委員会
トモダチゲーム

『トモダチゲーム』山田裕貴、吉沢亮からの直々オファーに感謝「亮を支えられて良かった!」

映画『トモダチゲーム 劇場版FINAL』初日舞台挨拶が2日、都内・ユナイテッド・シネマ豊洲にて行われ、吉沢亮、内⽥理央、⼭⽥裕貴、大倉⼠⾨、根本凪、上野優華、浦上晟周、久保田悠来、監督の永江二朗が登壇した。 「別冊少年マガジン」連載中の原作・山口ミコト×漫画・佐藤友生による同名コミックを映像化した本作。劇場版第2弾では、友達の借⾦を返済するため「トモダチゲーム」に参加した⽚切友⼀(吉沢亮)、沢良宜志法(内⽥理央)、美笠天智(⼭⽥裕貴)、四部誠(大倉⼠⾨)、⼼木ゆとり(根本凪)の5人が、対戦形式の最終ゲーム「友情かくれんぼ」へとコマを進めていくさまが描かれる。 一番のお気に入りシーンを聞かれた吉沢は「シルクロードさんを殴るシーンですかね。友一の一番ゲスい部分が出てると思います。あと(上野演じる)マリアちゃんの顔を舐めるシーンですかね。最初びっくりして、監督に相談したんですよ。本当に良いのかなと思って聞いたら、(上野が)サラッと『いいですよ!』って」とエピソードを披露。 永江監督は「吉沢さんと話し合ったときに、迷うんだったらやめましょうかとも話しはしていたんですけど、実際の段取りで(舐めるのを)しなかったら、上野さんが寂しそうで(笑)」と暴露すると、上野は「そんな顔してないですよ!」とすかさずツッコミ、会場は笑いに包まれた。 内田はお気に入りのシーンで「自分の顔が0.5秒くらいバッと出てくるところがあるんですけど、すごく恐くて!いつ撮ったんだろうって(笑)」とハニカミ。山田は「自分の手を友一に差し伸べたシーンですね。手から発せられる友情があるんですよ」と述べ、大倉も「(内田演じる)志法を家で殴るシーン」と答えた。根本は「(山田扮する)天智が後ろに隠れていて震えているところで、かわいいなぁーと思いながら観てました(笑)」と根本独特の目線で回答など、それぞれのお気に入りのシーンが語られ終始会場は大盛り上がりとなった。 最後に吉沢は「この作品はタイトル通りゲーム性はありますが、友達とはなんだろうということを教えてくれます。仲の良い友達と観ていただきたいです」と語り、内田は「こうやって三部作の最後の舞台挨拶となってしまって寂しいですが、皆さん!トモダチゲームから招待状が来ても行かないように!」とアピール。 山田は「最初にこの作品の企画段階で、亮が天智役に僕を提案してくれて、この作品に参加できました。同じ俳優に『演じて欲しい』と言われたことは凄く嬉しかったです!亮を支えられて良かった!」と仲の良さをのぞかせた。 映画『トモダチゲーム 劇場版FINAL』はシネ・リーブル池袋ほか全国順次公開中 公式サイト:http://tomodachi-game.com (C) 山口ミコト・佐藤友生/講談社/「トモダチゲーム」製作委員会

【試写会】豪華キャスト登壇『斉木楠雄のΨ難』完成披露試写会ご招待!

9月28日(木)開催 『斉木楠雄のΨ難』 キャスト登壇!舞台挨拶付き完成披露試写会 週刊少年ジャンプ連載中の麻生周一による同名漫画を、「勇者ヨシヒコ」シリーズや『銀魂』などで知られる監督・福田雄一が実写映画化。原作は、世界を滅ぼすことができるほどの超能力を持ちながらも普通の生活を望むPK学園の高校生・斉木楠雄と癖の強いクラスメイトたちの“Ψ難”(さいなん)を描く学園エンタテイメント。主人公・斉木楠雄をコメディ映画初主演の山﨑賢人が演じるほか、橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、ムロツヨシ、佐藤二朗など、福田組常連キャストが顔を揃えた映画『斉木楠雄のΨ難』が10月21日(土)より全国公開となります!公開に先駆けて行われるキャスト登壇!舞台挨拶付き完成披露試写会へ5組10名様をご招待致します! プレゼント概要 【上映作品】『斉木楠雄のΨ難』 【登壇者】上映前にキャスト・監督による舞台挨拶を予定 【応募期間】2017年9月1日(金)〜9月15日(金)終日 【ご招待人数】5組10名様 【日程】2017年9月28日(木)夕刻 ※当選者の方に詳細をお知らせいたします。 【会場】丸の内ピカデリー1(千代田区有楽町2丁目5-1 有楽町マリオン9階) [googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m14!1m8!1m3!1d3540.775559527714!2d139.76351700000004!3d35.673579!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x60188be57ea97997%3A0xfb77e92723f9666!2z5Li444Gu5YaF44OU44Kr44OH44Oq44O877yR44O777yS!5e1!3m2!1sja!2sjp!4v1504257795993&w=300&h=300] 【注意事項】 ・急遽、諸事情によりイベント内容や登壇者が変更または中止となる場合がございます。 ・当選権利の転売・譲渡及びオークションへの出品等は違法行為となります。 ・当日はマスコミの取材が入ります。予めご了承ください。 応募方法 Step1:映画ランドアプリをダウンロード (映画ランドアプリでレビューをしていると当選率UP!) ↓ダウンロードはこちらから↓ Step2:Twitter or Facebookで拡散 【Twitterから応募する場合】フォロー&RT (公開アカウントの場合当選率UP!) ✨豪華キャスト登壇✨『#斉木楠雄のΨ難』完成披露試写会ご招待!締切:9/15(金)#山﨑賢人 #橋本環奈 #新井浩文 #吉沢亮 #ムロツヨシ @saikikusuomovie▼▼フォロー&RTしてココから応募▼▼https://t.co/YKNbc96hEb pic.twitter.com/8QIwFXiSw4— 映画ランド (@eigaland) 2017年9月1日 【Facebookの場合】フォロー&いいね Step3:下記ボタンから応募フォームへ! ※注意事項 住所不備により、お送りする試写状ハガキがお手元に届かない事態が発生しています。 応募の前に住所、氏名、SNSアカウントの見直しをお願いいたします。 作品情報 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=TVWui7OTeok] 【STORY】 とてつもない超能力を持っているが、その力を隠して目立たずに、誰にも干渉されない普通の生活を望む高校生の斉木楠雄(山﨑賢人)。しかし、そんな楠雄の思いとは裏腹に、彼の周囲にはなぜか楠雄に思いを寄せる妄想美女・照橋心美(橋本環奈)や、とんでもない“ケツアゴ”を持った自称・斉木の“相棒燃堂力(新井浩文)など、変な奴らが集まってくる。毎年恒例の文化祭も穏便にやり過ごそうする楠雄だったが、次から次へと災難が降りかかり、まさかの地球滅亡の危機にまで発展してしまい……。 【CREDIT】 出演:山﨑賢人 橋本環奈 新井浩文 吉沢亮 笠原秀幸 賀来賢人 ムロツヨシ 佐藤二朗 内田有紀 田辺誠一 ...
レオン

知英×竹中直人W主演『レオン』新たに山崎育三郎、吉沢亮ら参戦

2014年に活躍の場を日本へ移した知英が主演、竹中直人と共演を果たす映画『レオン』が2018年春に公開される。この度、追加キャストとして山崎育三郎、大政絢、吉沢亮、斉藤慎二(ジャングルポケット)らの参加が発表された。 スマホマガジン「Hot-DogPress」連載のオリジナル漫画を映画化した本作は、地味な派遣OLと女好きなワンマン社長が、ひょんな事故から中身が入れ替わってしまう痛快コメディ。彼氏にフラれ、会社もクビになった地味な派遣OL・小鳥遊玲音を、劇場用長編映画初主演となる知英が演じ、玲音と中身が入れ替わってしまう朝比奈玲男に竹中直人が扮する。そのほか、山崎育三郎、吉沢亮、大政絢、斉藤慎二(ジャングルポケット)、ミッツ・ マングローブらが名を連ねる。監督を「ドラゴン桜」「お迎えデス。」など数々のTVドラマを手掛けた塚本連平が務め、脚本を『ヒロイン失格』の吉田恵里香が担当する。 ドラマ・舞台などに大活躍中の山崎の役どころは朝比奈社長(竹中直人)が経営する朝比奈フーズの税理士。知英演じるOL・玲音をもてあそび、朝比奈フーズを乗っ取ろうとたくらむ。そして玲音の親友であり、体が入れ替わった2人をサポートするサリナ役に大政絢。朝比奈フーズを愛し、中身がおっさんになった玲音にほのかな恋心を抱いてしまうどこか変わった好青年、一条役に吉沢亮。社長の右腕として働きながら、虎視眈々と社長の座を狙う朝比奈政夫役には、ジャングルポケットの斉藤慎二がそれぞれ抜擢された。 その他、社長秘書・猫田役にはミッツ・マングローブ、朝比奈社長に近づく謎のインタビュアーに原幹恵、朝比奈社長が昔、愛した女性・愛梨役に河井青葉など多種多彩な役者たちが勢ぞろいした。 山崎育三郎 コメント 朝比奈フーズ税理士の日下は、常に薔薇を持ち、キレッキレに動く自信過剰のナルシスト。 かなりキャラクターの濃い役を今回やらせて頂きました。 塚本監督と作り上げた日下は今までにない「非常にムカつく悪役」になっていると思います。 ラストシーンで登場する、日下の超巨大パネルは圧巻です。 大政絢さん コメント 今回私は知英ちゃん演じる玲音の親友「サリナ」を演じました。 サリナは同じ会社の同僚でもあり、常に一緒にいる親友で玲音をいつも引っ張るサバサバな性格なんですが、 二人が入れ替わってることにはなかなか気付かない天然なところも…。 二人の入れ替わったときのお芝居がリアルすぎて何度も現場で笑いを堪えました! 皆さんには映画館で思いっきり笑ってもらえればと思います!中身がエロ社長の知英ちゃん…最高すぎます! 色んなキャラクターの方達が大集合しているのぜひ皆さんに観ていただきたいです。 吉沢亮 コメント 一条徹役で出演させて頂くことになりました。 知英さん演じる小鳥遊の中身がおっさんに変わっているなんていざ知らず、そんな彼女に恋をしてしまうとても 可哀想な男です。 まっすぐでピュアで少し抜けたところがある、宙にフワフワと浮いているような役でした。 というか、撮影中に何度か浮きました。 お楽しみに。 斉藤慎二(ジャングルポケット) コメント よろしくお願い致します! まず、映画に出演するのが初めてで私なんかをキャスティングして下さったスタッフさんに感謝の言葉しかありません!素敵な配役を頂いて、実力派な役者さんに囲まれて刺激をうける毎日でした!実際に映画を見てみないと、何とも言えませんが自分なりに演じきれたと思っています!ストーリーがとにかく面白いですし、笑いあり、感動もある貴重な作品になっているのは間違いないので、劇場で濃い顔の私を堪能して下さい! 映画『レオン』は2018年春、全国公開 【CREDIT】 監督:塚本連平 出演:知英 大政絢 吉沢亮 斎藤慎二(ジャングルポケット) ミッツ・マングローブ 原幹恵 河井青葉 / 山崎育三郎 / 竹中直人  脚本:吉田恵里香 原作:「レオン」(講談社KCデラックス) 製作:映画『レオン』製作委員会 配給:ファントム・フィルム
トモダチゲーム ファイナル

吉沢亮、内田理央ら『トモダチゲーム 劇場版FINAL』キャラ紹介動画が公開日まで毎日配信!

吉沢亮、内田理央ら出演の劇場版第2弾『トモダチゲーム 劇場版FINAL』をより楽しむために、8月25日(金)より公開日9月2日(土)までシリーズを振り返る動画「主要全キャラクター紹介動画」が毎日公式ツイッターで配信されることがわかった。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=N6noL8K3W_w] 「Twitter動画キャンペーン」配信スケジュール(@tomodachi_game) 8月25日(金) 90秒でわかる「トモダチゲーム」おさらい動画 8月26日(土) 片切友一(吉沢亮)キャラクター紹介動画 8月27日(日) 沢良宜志法(内田理央)キャラクター紹介動画 8月28日(月) 美笠天智(山田裕貴)キャラクター紹介動画 8月29日(火) 四部 誠(大倉士門)/心木ゆとり(根本凪)キャラクター紹介動画 8月30日(水) 東條レン(久保田悠来)/水瀬マリア(上野優華)キャラクター紹介動画 8月31日(木) 鬼瓦百太郎(シルクロード)/柱谷千聖(財木琢磨)/丹羽万里(町山博彦)キャラクター紹介動画 9月1日(金)  紫宮京(浦上晟周)/門倉十蔵(上松大輔)キャラクター紹介動画 映画『トモダチゲーム 劇場版FINAL』は9月2⽇(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次公開 公式サイト:http://tomodachi-game.com (C) 山口ミコト・佐藤友生/講談社/「トモダチゲーム」製作委員会
トモダチゲーム

吉沢亮、内田理央らが『トモダチゲーム 劇場版』語るメイキング映像の一部解禁

吉沢亮が主演を務める劇場版第1弾『トモダチゲーム 劇場版』Blu-ray&DVDより、特典映像に収録されるメイキング映像の一部が公開された。 「別冊少年マガジン」連載中の原作・山口ミコト×漫画・佐藤友生による同名コミックを映像化した本作。解禁された映像で、主人公・片切友一を演じる吉沢亮は「ずっと屋上にいるというワンシチュエーションの撮影なので、舞台をやっているみたいで、すごく楽しい」とコメント。沢良宜志法役の内田理央は「仲間に陥れられてしまうので、終始誰かを疑うという撮影だった」、美笠天智役の山田裕貴は「表と裏の感情が重要になってくるので、監督とコミュニケーションをとって(相談して)いた」と、今回難しい演技を求められた苦労を語っている。 四部誠役の大倉士門は「仲間に見放されるシーンがあり、本当の素の自分が出てしまった」と告白し、心木ゆとり役の根本凪は「ゆとりになりきれたと思うので、是非注目してほしい」とコメント。Blu-ray&DVDに収録されるメイキングでは、フルのインタビュー映像の他に、撮影日がクリスマスだったとこともあり、皆でクリスマスのお祝いをしたり、内田さんはドラマ版に続き食レポを披露するなど、本番とは打って変わって、撮影の合間で和気あいあいとした和やかなシーンが収められている。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=UhHJIWzKC6Q] なお、劇場版第2弾『トモダチゲーム 劇場版FINAL』は9月2日(土)より公開される。 映画『トモダチゲーム 劇場版』Blu-ray&DVDは8月23日(水)リリース 公式サイト:http://tomodachi-game.com (C) 山口ミコト・佐藤友生/講談社/「トモダチゲーム」製作委員会
ママレード・ボーイ

「ママレード・ボーイ」実写映画化!吉沢亮「この顔面をフル活用する時が来た」桜井日奈子とW主演

集英社の月刊少女マンガ誌「りぼん」にて1992年5月号から1995年10月号まで連載され、シリーズ累計発行部数1,000万部の吉住渉の大人気コミック「ママレード・ボーイ」の実写映画化が決定。W主演に桜井日奈子×吉沢亮を迎え、2018年に全国公開されることがわかった。 両親のダブル離婚・ダブル再婚によって、同い年の遊と同居生活することになる女子高生・小石川光希役に、「岡山の奇跡」で一躍注目を集め、現在ドラマ・CM・舞台と活躍の場を広げている女優・桜井日奈子。本作では元気で少し子供っぽい一面があるが、同居する遊に次第に惹かれていく主人公を演じる。 頭脳明晰・スポーツ万能と王子様を絵に描いたような松浦遊役は、2017年『銀魂』をはじめ5本の映画に出演し、いま最も勢いのある俳優・吉沢亮。本作では人あたりが良いため多くの女性に好意を持たれがちだが、冷めたところがあり、人と距離を置くようなそぶりを見せるクールなイケメンを演じる。 監督は『ストロボ・エッジ』『オオカミ少女と黒王子』『PとJK』の廣木隆一。脚本を『今日、恋をはじめます』の浅野妙子が担当する。プロデューサーは『銀魂』の小岩井宏悦&松橋真三と、『22年目の告白 -私が殺人犯です-』『ちはやふる』シリーズの北島直明のヒットメーカーが強力タッグを組む。年内にクランクインして、2018劇場公開される。     小石川光希役:桜井日奈子 コメント 私が映画のヒロイン役?本当の事なんだろうか?とまだ実感できていないのが正直な気持ちです。「ママレード・ボーイ」のヒロイン、小石川光希はとにかくピュアで、すぐに頬を赤く染めてしまうような子なんです。20年以上も前の作品を現代でどう表現するのか、光希の髪型や衣装がどうなるのか、今からワクワクしています。そして、廣木監督とお仕事できることを幸せに思います。デビューしたばかりで経歴の浅い私にとっては、思ってもみなかったチャンスです。家族に翻弄され、恋に悩み苦しむピュアで一途な光希を全力で演じたいと思います。 松浦遊役:吉沢亮 コメント 今までにも少女漫画原作の作品には出させて頂いたことがありますが、お調子者の三枚目キャラや、根暗な役など、あまりカッコ良くない役が多かったので、今回のようなドストレートな二枚目は初めてです。ついにこの顔面をフル活用する時が来たなと。廣木監督とは以前にも少女漫画原作でご一緒させてもらっていて、是非またお仕事させて頂きたいとずっと思っていたので、とても嬉しいです。90年代の恋愛の金字塔とも呼べる大人気コミックを今の若い世代で頑張って作り上げます。どうぞ温かい目で見守ってください。 監督:廣木隆一 コメント 少女漫画ってなんだろうと思わせてくれる、僕の中での原点でもあり今なお愛されてる原作を映画化できることはとても嬉しいです。思春期の男女がピュアに誰かを好きになるということがどんなことなのか?そうして悩んだ時もある大人達のドラマもあり広い層に愛される作品にしたいと思います。未知数の桜井と演技派でもある吉沢でどんなラブストーリーを見せてくれるのか楽しみです 原作者:吉住渉 コメント 実写化は憧れだったので、お話を頂いてとても嬉しかったです。フレッシュで可愛い桜井さん、誰もが認める超美形の吉沢さんが、廣木監督の美しい映像の中で、光希と遊としてスクリーンで輝く姿を見るのが本当に楽しみです! プロデューサー:小岩井宏悦 コメント 女子高生の等身大の恋愛を描く少女コミックの原型を作ったのがこの「ママレード・ボーイ」です。異性との同居、ツンデレの彼、三角関係、引き裂かれる2人、友情、家族愛。これ以上の青春ラブストーリーはないと断言できる究極の胸キュンと感動のラブストーリーをいよいよ実写化できることになり興奮しています! 監督はこれまであまたの人気少女コミックを血が通う男女の物語に昇華してきた廣木隆一監督、プロデューサー陣も『パラダイス・キス』『オオカミ少女と黒王子』『銀魂』の松橋真三プロデューサーと『ちはやふる』シリーズ、『オオカミ少女と黒王子』の北島直明プロデューサーと青春ラブストーリーの名手たち、と究極の少女コミックにふさわしい完璧なスタッフ陣です。 光希役の桜井日奈子さんは、1年半前にCMで見て「この女の子は誰だ?」と調べてから、いつか仕事がしたかった女優さんでようやっとチャンスが来ました。遊役の吉沢亮君は『オオカミ少女と黒王子』『銀魂』などに出てもらって人気だけでなく華があって芝居に安定感がある今一番手ごたえがある若手の俳優さんです。このフレッシュな2人にもご期待ください! 映画『ママレード・ボーイ』は2018年全国公開 【CREDIT】 主演:桜井日奈子 吉沢亮 原作:吉住渉 監督:廣木隆一 公式サイト:http://marmaladeboy.jp (C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
斉木楠雄のΨ難

山﨑賢人『斉木楠雄のΨ難』場面写真3点、“ケツアゴ”新井浩文や“漆黒の翼”吉沢亮の姿も

週刊少年ジャンプ連載中の麻生周一による同名漫画を、「勇者ヨシヒコ」シリーズや『銀魂』などで知られる監督・福田雄一が実写映画化した『斉木楠雄のΨ難』の場面写真が解禁となった。 場面写真には、生まれながらに与えられたとんでもない超能力を隠して高校生活を送る斉木楠雄(山﨑賢人)と、橋本環奈や吉沢亮らが扮する“ワケあり”クラスメイトたちの姿が収められている。天下無敵の美少女であることを自覚している学園のアイドル照橋心美(橋本環奈)が、なぜか気になってしかたがない斉木にしつこくつきまとっているシーンや、とんでもない“ケツアゴ”を持った自称・斉木の“相棒”燃堂力(新井浩文)、中二病にどっぷり浸かり、“漆黒の翼”として謎の組織(ダークリユニオン)と戦っている設定の海藤瞬(吉沢亮)、見た目は真面目だけど、実は暴走族の元総長の窪谷須亜蓮(賀来賢人)らお騒がせトリオの姿など。 さらには、本気になりすぎるとすぐに“お尻”が出ちゃうけど、信頼が厚い熱血の学級委員長の灰呂杵志(笠原秀幸)に、“カンチョー”をおみまいする燃堂の一幕が確認できる。エンターテイメント性溢れる本作の“カオス”な世界観を存分に映し出した場面写真ばかりだ。 原作は、世界を滅ぼすことができるほどの超能力を持ちながらも普通の生活を望むPK学園の高校生・斉木楠雄と癖の強いクラスメイトたちの“Ψ難”(さいなん)を描く学園エンタテイメント。監督・脚本を『銀魂』「勇者ヨシヒコ」シリーズを手掛ける福田雄一が務め、主人公・斉木楠雄をコメディ映画初主演の山﨑賢人が演じる。映画では、年に一度の文化祭<PK祭>にスポットが当てられる。 山﨑扮する斉木に想いを寄せる照橋心美役に橋本環奈、斉木の相棒を自称するバカ・燃堂力役に新井浩文、闇の組織と戦っている設定の中二病・海藤瞬役に吉沢亮、熱血の学級委員長・灰呂杵志役に笠原秀幸、見た目は真面目だけど元ヤンの窪谷須亜蓮役に賀来賢人、騒動を巻き起こしがちの大人気イリュージョニスト・蝶野雨緑役にムロツヨシ、ちょっとエロい校長・神田品助役に佐藤二朗、斉木の両親を内田有紀、田辺誠一がそれぞれ演じる。『銀魂』「勇者ヨシヒコ」「スーパーサラリーマン左江内氏」などに出演する福田組常連キャストが揃った。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=5B7QxQPjGTY] 映画『斉木楠雄のΨ難』は10月21日(土)より全国公開 【CREDIT】 出演:山﨑賢人 橋本環奈 新井浩文 吉沢亮 笠原秀幸 賀来賢人 ムロツヨシ 佐藤二朗 内田有紀 田辺誠一 脚本・監督:福田雄一 原作:「斉木楠雄のΨ難」麻生周一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載) 制作プロダクション:プラスディー 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント=アスミック・エース 公式サイト:www.saikikusuo-movie.jp (C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

山﨑賢人は見えたかな?『斉木楠雄のΨ難』福田雄一が制作した3種類の幕間映像解禁

週刊少年ジャンプ連載中の麻生周一による同名漫画を、「勇者ヨシヒコ」シリーズや『銀魂』などで知られる監督・福田雄一が実写映画化した『斉木楠雄のΨ難』の劇場幕間映像が解禁となった。 福田雄一によって特別に制作された3種類の幕間映像では、主演の山﨑賢人が劇中で扮する斉木楠雄の姿で、とんでもなくシュールに映画の告知をする姿が映し出される。体育館でバスケのシュートに取り組む斉木楠雄が、30秒間に8本ものシュートを放ちながらも、まさかの1本もゴールに入らない。超能力者でありながら、シュートが入らないというあまりに“残念”な姿を映し出しながら、「ボールは入らなかったけど、お客さんは入ってほしいな。」とひたむきに告知をするシュールな映像に仕上がっている。 ほかにも、教室の教壇に立って告知をする斉木の姿を見るのが困難なほど、大量のクラスメイトがその前を行き来して、単純にクラスメイトが邪魔すぎて、じわじわ笑えてくる面白映像。もはや誰なのかわからないほど遠く離れた廊下の端から話す斉木楠雄の姿を定点カメラで映し出した、“あまりに豪華すぎる無駄遣い!”な映像など、『斉木楠雄のΨ難』だからこそ楽しめる、今までにない幕間映像になっている。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=sdOQN_gijb0] 原作は、世界を滅ぼすことができるほどの超能力を持ちながらも普通の生活を望むPK学園の高校生・斉木楠雄と癖の強いクラスメイトたちの“Ψ難”(さいなん)を描く学園エンタテイメント。監督・脚本を『銀魂』「勇者ヨシヒコ」シリーズを手掛ける福田雄一が務め、主人公・斉木楠雄をコメディ映画初主演の山﨑賢人が演じる。映画では、年に一度の文化祭<PK祭>にスポットが当てられる。 山﨑扮する斉木に想いを寄せる照橋心美役に橋本環奈、斉木の相棒を自称するバカ・燃堂力役に新井浩文、闇の組織と戦っている設定の中二病・海藤瞬役に吉沢亮、熱血の学級委員長・灰呂杵志役に笠原秀幸、見た目は真面目だけど元ヤンの窪谷須亜蓮役に賀来賢人、騒動を巻き起こしがちの大人気イリュージョニスト・蝶野雨緑役にムロツヨシ、ちょっとエロい校長・神田品助役に佐藤二朗、斉木の両親を内田有紀、田辺誠一がそれぞれ演じる。『銀魂』「勇者ヨシヒコ」「スーパーサラリーマン左江内氏」などに出演する福田組常連キャストが揃った。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=5B7QxQPjGTY] 映画『斉木楠雄のΨ難』は10月21日(土)より全国公開 【CREDIT】 出演:山﨑賢人 橋本環奈 新井浩文 吉沢亮 笠原秀幸 賀来賢人 ムロツヨシ 佐藤二朗 内田有紀 田辺誠一 脚本・監督:福田雄一 原作:「斉木楠雄のΨ難」麻生周一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載) 制作プロダクション:プラスディー 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント=アスミック・エース 公式サイト:www.saikikusuo-movie.jp (C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会
トモダチゲーム

吉沢亮×山田裕貴、初共演に好感触「びっくりするくらい良い感じ!」「初日からすごく波長が合った」

映画『トモダチゲーム 劇場版FINAL』完成披露イベントが3日、都内・ユナイテッド・シネマ豊洲にて行われ、吉沢亮、内⽥理央、⼭⽥裕貴、大倉⼠⾨、根本凪、監督の永江二朗が登壇した。 「別冊少年マガジン」連載中の原作・山口ミコト×漫画・佐藤友生による同名コミックを映像化した本作。劇場版第2弾では、友達の借⾦を返済するため「トモダチゲーム」に参加した⽚切友⼀(吉沢亮)、沢良宜志法(内⽥理央)、美笠天智(⼭⽥裕貴)、四部誠(大倉⼠⾨)、⼼木ゆとり(根本凪)の5人が、対戦形式の最終ゲーム「友情かくれんぼ」へとコマを進めていくさまが描かれる。 真冬の森の中での撮影に挑んだ吉沢と山田は、揃って「クソ寒かった!」とぼそり。吉沢が「真冬なのに虫がいたんです。カマドウマっていう結構ヤバめの虫がいて...」と話すと、山田が「おった...!こんなん」とカマドウマのヤバさを体全体で表現。吉沢は「ほんとこんなやつがいて(笑)似てる!」とはにかんでいた。 また、『トモダチゲーム 劇場版FINAL』からシリーズの撮影を始めていったという山田。吉沢との初タッグに「初日からすごく波長が合った。お芝居の感覚とかも良くて、すごいよかったです!」と笑顔。森の中での撮影には参加しなかった内田から「森の空気はいかがでしたか?」「トイレとかは?」との質問が飛ぶと、「本当にそれ聞きたいことか!?」「仮説トイレはちょっと残念なことに小汚い感じだったよね」(山田)、「すごく美味しかったよ!」「トイレは女子にはかわいそうなところだったね」(吉沢)と、仲睦まじい様子をのぞかせた。 続けて、大倉から「初めてだから『無理かもしれん...』『これからの撮影に響くな...』とかはなかった?」と聞かれると、山田は「全然なかった!」と即答。吉沢も「初日からびっくりするくらい良い感じだった!」と言うと、山田は「マネージャーさんに『亮とお芝居やりやすいです!』って言ってたら、亮もマネージャーさんに同じ話ししてて...すごい本当に波長が合った」と撮影初日から意気投合時ていた様子。 さらに、山田が「撮影の合間にどんどん俺のこと嫌いになっていった⼠⾨とは違う...」と爆弾発言。大倉は「ちゃうちゃうちゃう!ちゃいまっせ!!」と否定し、「俺が嫌われてたと思ってた!ガチで内田理央ちゃんに『俺...裕貴くんに嫌われてるみたいなんやけど、なんかしたかな?』『俺が直した方がいいところどこ?』って聞いたんですよ!」と言うと、内田は「(当時)『そんなことないと思うよ〜』『そのままでいいと思うよ〜』って(笑)」とにっこり。大倉は「全然アドバイスにならんかった(笑)」と内田の天然っぷりにタジタジだった。当の山田は「全然そんなことないです!」と大倉嫌いを全否定し、「本当に嫌いな時は思いっきり嫌いますから!」と明かした。 映画『トモダチゲーム 劇場版FINAL』は9月2⽇(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次公開 公式サイト:http://tomodachi-game.com (C) 山口ミコト・佐藤友生/講談社/「トモダチゲーム」製作委員会
13,681ファンいいね
19,929フォロワーフォロー
28,185フォロワーフォロー

記事ランキング

公式Instagram