ホーム タグ 山田孝之

タグ: 山田孝之

デイアンドナイト

山田孝之が初の“裏方”に徹底!プロデュース作『デイアンドナイト』11月撮影、オーディション情報も

俳優の山田孝之が、旧知の仲である俳優・阿部進之介を主演に迎え、映画『デイアンドナイト』をプロデュースすることが発表された。 山田孝之は一切出演せず“裏方”に徹底。プロデューサーに専念するのは自身初の挑戦に。そんな山田がプロデュースする映画『デイアンドナイト』は、「人間の善悪とは」をテーマに、自分の定義する善悪によって翻弄される人間を描き、観る者の“善悪”の定義について一石を投じる。 山田は本作の脚本開発会議を自ら定期的に主催し、ロケ地の交渉やロケハン、オーディション審査、スポンサーとの交渉なども行う。CM、ドラマ、映画の撮影の合間を縫って、脚本やキャスティングなどにも自ら意見しながら撮影に向けて準備を進めている。 主演は、山田と同じ事務所であり長年の親友でもある俳優・阿部進之介。阿部にとって長編映画初主演となる本作で、自ら企画・原案も担当している。監督は、ドラマ「100万円の女たち」や、映画『7s/セブンス』『光と血』などを手掛ける藤井道人が務める。撮影は11月、ロケ地は秋田県鹿角市と三種町を予定している。 主演以外のキャストは現在検討中だが、今回は色々な役柄をオーディションで広く募っていく。オーディションには山田と阿部も参加し、相手役を務め審査にも加わる。オーディション情報については、役者を目指すすべての人に“学び”と“チャンス”を提供するサービス「mirroRliar(ミラーライアー)」を通じて随時発表・応募が開始される。 山田孝之(プロデューサー)コメント 優しさと厳しさ、理想と現実を見せたとき、そこに善と悪を決めつけることで自分を保つ人は多いのではないかと思う。善と悪など答えはないけれど、自分の中で決めなくては生きていられない。しかし、それでも問いたい。生かされることを人生と思って欲しくないから。そんな映画を作りたくてデイアンドナイトは始まりました。荒削りかもしれない、下手くそかもしれない、でも挑戦しないなんて賢い生かされ方はしたくない。 秋田県、鹿角市、三種町へ向けてのコメント 今回、映画「デイアンドナイト」の撮影で秋田県鹿角市、三種町でロケをさせて頂くことになりました。今年2月挨拶も兼ねてロケハンに行った際、自然が多く素敵な環境に撮影がとても楽しみになりました。撮影は早朝から深夜に及ぶこともありますが、皆様にご迷惑とならないよう、チーム一丸となり心に響く作品を完成させたいと思います。 阿部進之介(主演)コメント 私と藤井監督との出逢いで生まれたこの企画が、多くの仲間の助けを得て1つの映画に成ろうとしている事を、大変嬉しく思っています。今はただ、私が演じる『明石幸次』という人間を愛する事に注力したいです。そして、その先に何が待っているのかを確かめたいと思います。 藤井道人(監督)コメント 阿部さんと「デイアンドナイト」の企画をスタートさせたのは4年前の話のことです。「人の善意や悪意はどこからやっていくるのか」というテーマに向き合って、脚本の改稿は数十回に及びました。山田さんをはじめ、たくさんの方の支えがあって本作がクランクイン出来ることに感謝しています。既成の概念や枠を飛び越えた作品になるように、スタッフキャスト共に団結して完成させたいと思います。 児玉一(秋田県鹿角市長)コメント 日本を代表する俳優の一人である山田孝之さんのプロデュース作品とのことで、ロケ地として非常に期待している。ロケ地に決まったことを機会に、我が鹿角市の知名度向上や地域活性化につながる企画も提案しながら、映画の成功に向けて市としても全力で協力していく。 三浦正隆(秋田県三種町長)コメント 映画「デイアンドナイト」のロケ地に選ばれ、大変光栄に思います。「風車のある当町のロケーション」が山田孝之プロデューサーに気に入っていただき感謝申し上げます。この映画が町の知名度アツプと地域産業への経済効果、観光振興に寄与すること、更には町の新たな魅力を引き出していただくよう期待して居ります。 映画『デイアンドナイト』は2018年公開予定 【CREDIT】 企画・原案:阿部進之介 プロデューサー:山田孝之・伊藤主税 監督:藤井道人 脚本:小寺和久、藤井道人、山田孝之 制作プロダクション:株式会社and picture 制作協力:株式会社プラスディー
ジョジョの奇妙な冒険

アンジェロが岩に…吉良吉影の“シアーハートアタック”も登場!?『ジョジョの奇妙な冒険』映像4種

大ヒット公開中の映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』より、4種類の本編映像が到着した。 アンジェロが仗助のクレイジー・ダイヤモンドで岩に!? 形兆の放った矢によって形ある超能力<スタンド>を持つスタンド使いとなった凶悪な連続殺人犯、通称アンジェロ。人の命を奪うことに躊躇はなく、主人公東方仗助(山﨑賢人)の祖父である東方良平(國村隼)を惨殺。 映像では、アンジェロへの敵討ちとして、祖父を殺された仗助が自身のスタンド“クレイジー・ダイヤモンド”の壊れたものをなおす能力を発動し、アンジェロの目の前にあった岩を破壊。アンジェロを岩と融合させる一部始終が収められている。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=oirqaHt_kyE] 康一がスタンド使いになる一部始終も解禁! 杜王町で暗躍するスタンド使い虹村形兆(岡田将生)のスタンド“バッド・カンパニー”の小さな兵士に康一(神木隆之介)が足をナイフで刺されるところから始まる本映像だが、あまりの痛さに悲鳴をあげる康一の体から緑色の模様が描かれた大きな卵が放出。そして「やめろ~!!」と、必死に叫ぶ康一の髪の毛は逆立ち、康一から飛び出た卵からは康一のスタンド“エコーズ”が誕生する。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=_3l92qBLUu0] 吉良吉影が暗躍している...!?謎の部屋のシーンが公開!! 映像では、謎の部屋が収められている。沢山のトロフィーが部屋には飾られており、全て3位という無難な順位。そして、“家庭健康法の知恵”“健康と食品”“人体健康事”など人間の人体に関する書物が本棚を占め、極めつけに切った爪が収められた瓶、紙袋から出ている女性の美しい手と矢が収められている。 このキーワードから、“ジョジョ”ファンは原作「ジョジョの奇妙な冒険」第4部に登場する吉良吉影に関係している部屋だと気づくのでは?吉良吉影は、スタンド使いでありながら表向きは平凡なサラリーマンとして生活しているが、その正体は生まれながらに殺人衝動を持ち、手の綺麗な女性を48人も殺してきた連続殺人鬼。第4部では、仗助たちの敵として登場し、原作ファンから高い人気を誇るキャラクターだ。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=wwz2L1zepxs] 吉良吉影のスタンド“キラークイーン”の爆弾“シアーハートアタック”も登場!? サーモグラフィー映像で仗助、康一、形兆、億泰の姿が。億泰の心臓部分だけが赤く目立つ。続いてガチャガチャとなにやら騒音が聞こえ、一同が身構える中ステンドグラスをぶち破って額に剣が付いたドクロをあしらったキャタピラのついた丸い小さな物体が侵入。これは、仗助の敵となる吉良吉影のスタンド“キラークイーン”の左手から分離する爆弾“シアーハートアタック”で、体温を感知して自動追尾する爆弾だ。このシアーハートアタックはクルクルと回転しながら標的を定め、動きに危機を察知した形兆が「ぼさっとしてんじゃねえぞッ!」と注意を呼びかけるが、果たして彼らの運命とは!? [youtube http://www.youtube.com/watch?v=PwmpxzDKYK0] 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は大ヒット公開中 【CREDIT】 原作:荒木飛呂彦(集英社ジャンプ コミックス刊) 監督:三池崇史 出演:山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、観月ありさ、國村隼、山田孝之、伊勢谷友介 配給:東宝/ワーナー・ブラザース映画 公式サイト:jojo-movie.jp (C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
ジョジョの奇妙な冒険

山﨑賢人、岡田将生らが『ジョジョ』迫力のスタンドバトル!オープニング含む本編映像5種公開

大ヒット公開中の映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』より、SNS上で反響が出ているクレイジー・ダイヤモンドをはじめとする白熱するスタンドバトル映像と、マーティ・フリードマンが楽曲を提供している本作のオープニング映像をあわせた5種類の本編映像が到着した。 時を止めて仗助からの攻撃を回避ッ!! <クレイジー・ダイヤモンド V.S. スタープラチナ戦> 東方仗助(山﨑賢人)を怒らせてしまった空条承太郎(伊勢谷友介)。「まずい、奴のスタンドが来る!」と気づいた頃には、仗助のスタンド“クレイジー・ダイヤモンド”が承太郎のスタンド“スタープラチナ”のみぞおちにパンチを食らわせる。危機を回避するために、承太郎が“スタープラチナ”の時を止める能力を使い、仗助の後ろに回り込み、今度はスタンドではなく、仗助自身にパンチをお見舞い。仗助が殴られるのを見ていた女子高生たちが心配して駆けつけると、承太郎が原作でお馴染みの「やかましい!俺は女が騒ぐとむかつくんだ!」という台詞を吐き捨て一喝!白熱のスタンドバトルとともに、原作ファン必見の承太郎の名台詞が収められた1シーンとなっている。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=Umv2Ai5zkuY] 承太郎のスタンドが大活躍ッ!! <スタープラチナ V.S. アクア・ネックレス戦> 凶悪な連続殺人犯・アンジェロ(山田孝之)に、仗助と承太郎が立ち向かうシーン。水分から溶け込み侵入をすることで人体を内部から破壊する能力を持つアンジェロのスタンド“アクア・ネックレス”が、仗助の体内に入ろうと口をめがけて飛び込もうとする。あと少しというところで、承太郎が時を止める能力を持つスタンド“スタープラチナ”を駆使して、“アクア・ネックレス”をつかみ応戦!仗助は危機一髪のところで命拾い。果たして、仗助たちとアンジェロの決戦の行方は? [youtube http://www.youtube.com/watch?v=odAYfuuHBlE] 億泰のスタンドの全貌が明らかにッ!! <クレイジー・ダイヤモンド V.S. ザ・ハンド戦> 杜王町で暗躍するスタンド使い虹村億泰(新田真剣佑)。億泰の屋敷を突き止め乗り込む仗助の前に、億泰が自身のスタンド“ザ・ハンド”を発動させて仗助の前に立ちはだかる。億泰の後ろには“ザ・ハンド”が現れ、謎の手の動きを見せると、仗助のスタンド“クレイジー・ダイヤモンド”に右手で攻撃をしようと殴り掛かる。“ザ・ハンド”の右手は何やら不思議な能力があるようで、つかみ取った看板の文字が“立入禁止”から“入”の部分が削り取られ、“立禁止”に!億泰は不敵な笑みを浮かべ、仗助に「これがある限り、てめえはオレから逃げられねえ」と言い放つ。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=tIY2Da6h0Jw] クレイジー・ダイヤモンドの「ドラララララララ」全開ッ! <クレイジー・ダイヤモンド V.S. バッド・カンパニー戦> 杜王町で暗躍するスタンド使い虹村形兆(岡田将生)が、自身のスタンド“バッド・カンパニー”に「全部隊、総攻撃の態勢をとれ!」と命令し、仗助に攻撃を仕掛ける。この“バッド・カンパニー”に描かれている迷彩柄は、原作者・荒木飛呂彦が本作のために描きおろしたビジュアルだ。仗助のスタンド“クレイジー・ダイヤモンド”が「ドララララララララララララララララララッッ!!!!」とパンチをかまして、“バッド・カンパニー”の攻撃をよけるシーンが収められている。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=aDV4dS2JTi0] マーティ・フリードマンが楽曲提供!かっこよすぎるオープニング映像解禁ッ!! マーティ・フリードマンはBIG4と呼ばれる世界的メタル・バンドのひとつ、メガデスの元ギタリスト。原作に登場するスタンドの名が、アーティスト名や曲名に由来することが多いことから、『「ジョジョの奇妙な冒険」で英語を学ぶ!』(集英社)というジョジョの名言や台詞を英語に訳し、英会話を学と学術書の監修を任されるなど、ジョジョと深い繋がりを持つフリードマン。本編の冒頭に流れる、フリードマンが楽曲提供したジョジョの世界観をイメージさせるロックテイストの楽曲、そして原作コミックを彷彿とさせるかっこよすぎるオープニング映像が解禁となった。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=-lMXCAAe2VU] 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は大ヒット公開中 【CREDIT】 原作:荒木飛呂彦(集英社ジャンプ コミックス刊) 監督:三池崇史 出演:山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、観月ありさ、國村隼、山田孝之、伊勢谷友介 配給:東宝/ワーナー・ブラザース映画 公式サイト:jojo-movie.jp (C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
ハード・コア

山田孝之×佐藤健が兄弟役で共演!「ハード・コア」実写映画化、監督は山下敦弘

山田孝之が盟友・山下敦弘監督と組み、愛読書していたコミック「ハード・コア -平成地獄ブラザーズ」(原作:狩撫麻礼/いましろたかし)を実写映画化。山田が主演・プロデュースを務め、佐藤健。荒川良々が共演する。 埋蔵金掘りに勤しむ、世知辛い世の中に馴染めずにいるピュアな男・権藤右近を主人公に、エリート商社マンの弟・権藤左近、埋蔵金掘りの友人・牛山の3人が、ある日発見したロボットとともに破天荒な事件に巻き込まれ、人生を一変するやも知れない事態に直面するさまを描く。 本作のプロデュースも務める山田孝之が右近を演じ、左近役に佐藤健、牛山役に荒川良々がキャスティングされた。監督を『映画 山田孝之3D』を手がけた山下敦弘が務める。8月上旬にクランクイン、8月上旬~9月上旬にかけて都内近郊で撮影を敢行する。 山田孝之 コメント 全くどうしようもなく不器用な男の生き様を見ていると、イライラしてくる。でも嫌いになれない。この男の不器用さは自分に足りない部分なのでは?とすら思えてくる。そして男たちの結末に、僕は泣いた。それはきっと、曲がった世界を真っ直ぐ生きる男の姿、そこに間違いなく憧れがあるからだろう。 佐藤健 コメント 山田孝之ファンとしては、山田孝之との兄弟役と聞き2秒で出演を決めました。詳しく話を聞いていくと、素敵な共演者の方々、原作、そして山下監督とご一緒できるとのことで、棚から牡丹餅的な気持ちです。不思議な魅力を漂わせる映画になればいいなと思っております。ご期待ください。 荒川良々 コメント オファーを頂いて、自分が生きてくうえでのバイブル「ハード・コア」の映画化、「やっっっと来た!」と感じています。山下監督と、10年程前に下北沢の居酒屋で初めてお会いした時に「ハード・コア」の話しになり映画化になるなら牛山の役は自分しかいないという話しをしたとかしないとか…まさか実現するとは、初めての山下組!死ぬ気でやります! 山田孝之さんとは2度目の共演です。今回はガッツリです。食うか食われるか!下から見るか上からみるか!相手にとって不足なし!首を洗って待ってろよ!佐藤健さんとは、今回が初対面です、よろしくお願いします。現在邦画はビックリする程漫画原作ばかりです…。原作を読んでいる方にも、読んでいない方にも楽しんでもらえるような、スゴイ映画になるよう一生懸命に挑む所存です!乞うご期待!!役作りは完璧に仕上がってます!早く始めて下さい! 狩撫麻礼 コメント いましろたかし君とコンビが組める。「ハード・コア」のすべては、そこから発想しました。最下層の男たちの世間とのギクシャク、それに尽きます。山下敦弘は良き映像作家である、と思います。映画に期待しています。 いましろたかし コメント なんというのか、この漫画を実写でやろうという人達が現れるとは思ってもみませんでした。楽しみです。 山下敦弘監督 コメント 「なんで今「ハード・コア」を映画化するの?」と、ある友人に言われました。“今”っていうのがこのご時世って事なのか、僕の監督のキャリアにおいてなのか意味は分かりませんが、ともかく傑作マンガ「ハード・コア」を前にしてご時世もキャリアもへったくれも無いです。山田孝之の口から「山下さん「ハード・コア」って読みました?」っていう言葉が飛び出して早5年。もうこれはやらねばというか、やる運命というかハッキリ言って使命にも似た境地です。原作を初めて読んだのは確か23歳くらいの頃。とにかく興奮しっぱなしで、自分の描きたいこと、描くべきことが全て詰まっていると感じました。が、しかし41歳になった今、あの頃の興奮はありません。この19年で何かを得ては確実に何かを失なったんだと思います。気付いたら主人公の右近より歳とってました。そんな普通のオッさんがマンガ界の中でも純度の高い『ハード・コア』を監督します。是非とも楽しみにしていてください。 映画『ハード・コア』は2018年全国公開 出演:山田孝之、佐藤健、荒川良々 原作:狩撫麻礼/いましろたかし「ハード・コア-平成地獄ブラザーズ」エンターブレイン刊 監督:山下敦弘 制作プロダクション:マッチポイント 配給:KADOKAWA © 2018「ハード・コア」製作委員会
ジョジョの奇妙な冒険

どんなスタンドが欲しい?『ジョジョ』神木隆之介×岡田将生が企み、山田孝之は「ただ“美女”が出るやつ」

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』公開記念舞台挨拶が5日、都内・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、山田孝之、伊勢谷友介、監督の三池崇史が登壇した。 19世紀末のイギリスを舞台にした第1部から始まる“ジョジョ”ことジョースター家の代々の戦いを描く原作から今回描かれるのは第4部「ダイヤモンドは砕けない」。主人公・東方仗助役に山﨑賢人、仗助の同級生・広瀬康一役を神木隆之介、同じく同級生の山岸由花子役を小松菜奈、仗助と対立する虹村形兆役を岡田将生、形兆の弟・虹村億泰役を新田真剣佑、仗助の母親・東方朋子役に観月ありさ、仗助の祖父・東方良平役に國村隼、町の平和をおびやかす殺人犯・アンジェロ(片桐安十郎)役を山田孝之、仗助を導く空条承太郎役を伊勢谷友介がそれぞれ演じる。 本作の見どころの一つでもある、人間など生物の精神力を具現化した特殊能力“スタンド”を使ったバトルが繰り広げられるが、MCから「どんなスタンドが欲しいか」問われたキャスト陣。山﨑は「仗助の“クレイジー・ダイヤモンド”は本当に好きで、ものを治せる能力で戦っていくアイデアがめちゃくちゃ面白いですし、愛を持ってやっていたんですが...やっぱ瞬間移動とかしたいですね」とこぼす。 一方の神木は「なんでもいいんですか?僕は身体能力が上がるやつがいいです!」とハニカミ。「アクションシーンとかあるじゃないですか!身体能力が上がれば、漫画やアニメの速度で戦えるんです!そんな速さで戦ってみたい」と妄想を膨らませると、それに共感したのか岡田も「それ相手も身体能力高くないとできないよね!?待って、俺の番が来た時それ(身体能力が欲しいことを)言うわ!」と無邪気な笑顔をのぞかせた。 そんな岡田の出番になると、神木が「頼んだよ!」とワクワクした様子で話し、岡田は「任せろ!僕は身体能力が上がる能力が欲しいです!」と告白。すると神木は「あ!一緒だね!」と喜び、岡田も「あっ一緒だ!じゃちょっと神木くんとアクション映画お願いします!」と期待を込め、会場を沸かせていた。 また、新田の順番が回ってくると、伊勢谷が「ずっと君の後ろにスタンドが見える、パパ(千葉真一)が!ずーっと気になってたんだけど、急に名字ついたでしょ!?千葉じゃねぇのかよってずっと思ってた!」と胸中を明かす。新田は「千葉でもよかったんですが、うちの社長と相談して(『ちはやふる』で演じている綿谷新から)新田にしました」と続けた。 一方、山田は「僕は大それたことは望まないので、何にもしなくていいから、ただただすっごい綺麗な“美女”が出てくるスタンドが欲しい。パッっとやったら背の高いすっごい綺麗な人が出てくる!」と興奮しきりに話し、観客の笑いを取っていた。 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は大ヒット公開中 【CREDIT】 原作:荒木飛呂彦(集英社ジャンプ コミックス刊) 監督:三池崇史 出演:山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、観月ありさ、國村隼、山田孝之、伊勢谷友介 配給:東宝/ワーナー・ブラザース映画 公式サイト:jojo-movie.jp (C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
ジョジョの奇妙な冒険

『ジョジョ』山﨑賢人の“珍行動”に山田孝之らがツッコミ!ファンのパネルに「それ菅田将暉が言ってたやつ!」

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』公開記念舞台挨拶が5日、都内・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、山田孝之、伊勢谷友介、監督の三池崇史が登壇した。 19世紀末のイギリスを舞台にした第1部から始まる“ジョジョ”ことジョースター家の代々の戦いを描く原作から今回描かれるのは第4部「ダイヤモンドは砕けない」。主人公・東方仗助役に山﨑賢人、仗助の同級生・広瀬康一役を神木隆之介、同じく同級生の山岸由花子役を小松菜奈、仗助と対立する虹村形兆役を岡田将生、形兆の弟・虹村億泰役を新田真剣佑、仗助の母親・東方朋子役に観月ありさ、仗助の祖父・東方良平役に國村隼、町の平和をおびやかす殺人犯・アンジェロ(片桐安十郎)役を山田孝之、仗助を導く空条承太郎役を伊勢谷友介がそれぞれ演じる。 大歓声で迎えられたキャスト陣。それぞれ挨拶する中、MCから「今だから話せる裏話」と聞かれると、山﨑は「『ドラララッ!!』って叫ぶシーンがあるんですが、アフレコで撮らせてもらって声が枯れました!全力でやらせてもらったので」と笑顔。小松は「山﨑さんと初めて共演させていただいたんですが、(スペイン・シッチェスの)現場で鳩を追いかけてました(笑)」と暴露。 続けて、「不思議な方なんだなと思って...それが印象的すぎて(笑)私と神木さんはすごい寒かったので手を温めたりしてたんですが、山﨑さんは海岸ところで鳩を追いかけてた!」と話すと、当の山﨑は「え?どこで?」とキョトン顔。伊勢谷は「『100点のビジュアルに0点の賢人くんが好き』って(ファンが持っていたパネルに)書いてあるけど、中身ゼロやん!寒い中、鳩追っかけて(笑)」とツッコミ。山﨑は「それ菅田将暉が言ってたやつです!」とはにかんでいた。山田も「毎日毎日ステーキばっか食ってたので、そろそろ鳥食いたいとは言ってました」と爆弾を投下し、会場は笑いに包まれていた。 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は大ヒット公開中 【CREDIT】 原作:荒木飛呂彦(集英社ジャンプ コミックス刊) 監督:三池崇史 出演:山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、観月ありさ、國村隼、山田孝之、伊勢谷友介 配給:東宝/ワーナー・ブラザース映画 公式サイト:jojo-movie.jp (C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
ジョジョの奇妙な冒険

空条承太郎の”スタープラチナ”、広瀬康一の”エコーズ”登場!『ジョジョの奇妙な冒険』新映像

大ヒット公開中の映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』より、伊勢谷友介演じる空条承太郎のスタンド”スタープラチナ”と、神木隆之介演じる広瀬康一のスタンド”エコーズ”の全貌が明らかになる新映像が公開された。 平和な町<杜王町>を恐怖に陥れる凶悪な連続殺人犯アンジェロ(山田孝之)、そしてその背後で暗躍する虹村形兆(岡田将生)と虹村億泰(新田真剣佑)の虹村兄弟たちに立ち向かう、<スタンド>と呼ばれる形ある超能力を持つ高校生・東方仗助(山﨑賢人)。血縁上では仗助の甥にあたる空条承太郎(伊勢谷友介)、そして仗助の同級生の広瀬康一(神木隆之介)たちと共に杜王町を守るため、スタンドを駆使したスタンドバトルを繰り広げる。 映像では、これまでベールに包まれていた承太郎のスタンド”スタープラチナ”、さらに広瀬康一もスタンド使いだったことが判明。康一のスタンド”エコーズ”の姿が明らかになり、億泰のスタンド”ザ・ハンド“や形兆のスタンド”バッド・カンパニー“らが激熱のスタンドバトルを繰り広げるシーンが収められている。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=zuh4HD3GlwE] 仗助と出会ったことから杜王町で起こる奇妙な事件に巻き込まれることになった康一。その最中、凶悪なスタンド使いに襲われ窮地に陥った康一の目の前に突如現れたのは、緑の斑点がついた大きな卵。そしてその卵の中から、殻を突き破り何かの手が出現。空間を削りとることができる能力を持った億泰のスタンド”ザ・ハンド“が仗助に襲い掛かる姿や、形兆のスタンド”バッド・カンパニー“がミサイルを発射し攻撃するスタンドバトルのシーンが立て続けに映し出されると、続いて承太郎の姿が。水分に溶け込み操ることで人体を内部から破壊する”アクア・ネックレス”というスタンドを操るアンジェロに、承太郎は自身のスタンド”スタープラチナ”の時を止める能力「スタープラチナ・ザ・ワールド」を使うと、「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!!!」と叫びながら強烈なパンチをアクア・ネックレスにぶつける。そして映像の最後には、康一の目の前に現れた卵から飛び出した、康一のスタンド”エコーズ”の姿が。ジタバタと腕を振り回しながら攻撃する様子が伺えますが、はたしてその能力とはいかに!? 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は大ヒット公開中 【CREDIT】 原作:荒木飛呂彦(集英社ジャンプ コミックス刊) 監督:三池崇史 出演:山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、観月ありさ、國村隼、山田孝之、伊勢谷友介 配給:東宝/ワーナー・ブラザース映画 公式サイト:jojo-movie.jp (C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
ジョジョの奇妙な冒険

【注目新作】『ジョジョの奇妙な冒険』『仮面ライダーエグゼイド』『トランスフォーマー』新作ほか公開

<8月4日(金)〜8月5日(土)より公開の新作映画をご紹介!> 『トランスフォーマー/最後の騎士王』(8.4公開) 新シリーズは毎年1本づつ3年連続で封切られる3部作構想。監督はハリウッドきっての“破壊王”で知られるマイケル・ベイ。主演を前作『トランスフォーマー/ロストエイジ』に引き続きマーク・ウォールバーグが務め、新たなヒロインに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のローラ・ハドックが抜擢。共演にはアンソニー・ホプキンス、ジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、ジョン・タトゥーロ、スタンリー・トゥッチらが名を連ねる。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=f4ioZrtDGyI] 『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(8.4公開) 19世紀末のイギリスを舞台にした第1部から始まる“ジョジョ”ことジョースター家の代々の戦いを描く原作から、今回映画化されるのは第4部「ダイヤモンドは砕けない」。主人公・東方仗助役に山﨑賢人、仗助の同級生・広瀬康一役を神木隆之介、同じく同級生の山岸由花子役を小松菜奈、仗助と対立する虹村形兆役を岡田将生、形兆の弟・虹村億泰役を新田真剣佑、仗助の母親・東方朋子役に観月ありさ、仗助の祖父・東方良平役に國村隼、町の平和をおびやかす殺人犯・アンジェロ(片桐安十郎)役を山田孝之、仗助を導く空条承太郎役を伊勢谷友介がそれぞれ演じる。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=ezDHHez9qAA] 『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』(8.5公開) 『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』の舞台はVR(仮想現実)空間。“真のエンディング”が描かれる劇場版では、現実の世界を滅ぼしてVR(仮想現実)空間での支配を企む忍者集団と、仮面ライダーエグゼイド/宝生永夢たちが激闘を繰り広げる。VR(仮想現実)空間での活動が可能になる新型フォーム“仮面ライダーエグゼイド クリエイターゲーマー”へ変身するための重要なアイテム「幻夢VR」が登場する。ゲストとして、エグゼイドと対立する謎の忍者ライダー 仮面ライダー風魔/南雲影成を、CHEMISTRYの堂珍嘉邦、黒幕ジョニー・マキシマ役にブラザートム、ストーリーの重要な鍵を握る少女・星まどかの母親・星朱美役に、8年ぶりの映画出演となる藤本美貴が出演する。 同時上映の『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』。スーパー戦隊シリーズ新時代の幕開けとなる第41作目「宇宙戦隊キュウレンジャー」のモチーフは<宇宙×星座>。シリーズ史上、最多人数となる<9人の究極の救世主> が宇宙を駆けめぐり、悪に支配された銀河を解放に導くSFヒーローファンタジー。本作では、巨大人工彗星ゲース・スターの地球衝突、ジャークマター独立部隊の隊長ゲース・インタベーの企みを阻止すべく立ち上がるキュウレンジャーの姿を描く。ロンドンブーツ1号2号・田村亮がゲース・インダベー役でゲスト出演する。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=F9z7a1BCgWA] 『闇金ドッグス6』(8.5公開) ラストファイナンスの社長・安藤忠臣を山田裕貴が、バディを組む元イケメンホスト・須藤司を青木玄徳がシリーズに引き続き同役を演じる本作。債権ブローカーから焦げ付いた債権を安く買い取り、債務者から更に搾り取る男・伊良部慎太郎を長谷川忍(シソンヌ)が、山田扮する忠臣の元恋人で現・伊良部の妻、借金を背負った夫が行方不明となりラストファイナンスに救いを求めるヒロイン・荒木未奈美を西原亜希がそれぞれ演じる。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=g58168K3rsU] 週末はチケット予約アプリ【映画ランド】で映画館へ行こう!
ジョジョの奇妙な冒険

山﨑賢人、「ジョジョ」原作者・荒木飛呂彦からの称賛に感激「死ぬ気でやったので本当に嬉しい」

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』ジャパンプレミアが26日、都内・恵比寿ザ・ガーデンホールにて行われ、山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、山田孝之、伊勢谷友介、監督の三池崇史が登壇した。 スペイン・シッチェスで撮影が行われた本作。それぞれ思い出を聞かれるも、滞在期間が3日ほどだったという小松は「ウロウロしてました!小さいんですが本当に綺麗な街で、海もすぐ近くにあって、一番やりたかったなと思うのがビーチバレー。楽しそうだなと思って(笑)ほんとに撮影してちょっと観光して帰ってきました」と明かす。本作の印象的なシーンについて「スタンドで戦うシーンは女性から観てもハラハラしました!手に汗握って興奮して観てました」と笑顔をのぞかせた。 シッチェスでの撮影に、神木は「ほんとに綺麗な街でしたね。バルセロナでもロケをしまして、そこで撮ったスタンドが初めて出てくるシーンが一番好きですね!どうやってスタンドが出てくるんだろう?どうやって表現するんだろう?皆さんも思ってるかと思いますが、本当に衝撃的でした!新しいものに出会えた感覚を味わえたので、皆さんにも楽しんでもらいたい」と語った。 一方、本作で主演を務めた山﨑は「最初から最後までシッチェスにいたので、ほんと思い出だらけですね。孝之さんも伊勢谷さんも将生くんにもご飯連れて行ってもらって、500gの肉を食べたり...楽しかったー!」と思い出を振り返る。神木とは「サッカー観ましたね!カンプ・ノウに行ったり」と仲睦まじい様子をのぞかせていた。 イベントでは、原作者・荒木飛呂彦からのビデオメッセージが上映された。荒木は「完成度の高さは皆様の予想を超えています」「主演の山崎さんの存在感が作品を引っ張ってくれました」と称賛を贈ると、山﨑は「『ジョジョ』の生みの親の荒木先生にこういう言葉をいただけるのは...死ぬ気でやったので本当に嬉しいですね!荒木先生が喜んでくださっているのが本当に嬉しい...嬉しいです!」と万感の想いを明かした。 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は8月4日(金)全国公開 【CREDIT】 原作:荒木飛呂彦(集英社ジャンプ コミックス刊) 監督:三池崇史 出演:山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、観月ありさ、國村隼、山田孝之、伊勢谷友介 配給:東宝/ワーナー・ブラザース映画 公式サイト:jojo-movie.jp (C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
ジョジョの奇妙な冒険

岡田将生×新田真剣佑、『ジョジョ』撮影で“兄弟愛”育む「アニキ!アニキ!アニキご飯食べようぜ!アニキ!」

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』ジャパンプレミアが26日、都内・恵比寿ザ・ガーデンホールにて行われ、山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、山田孝之、伊勢谷友介、監督の三池崇史が登壇した。 本作で杜王町で暗躍するスタンド使い・虹村兄弟を演じる岡田と新田。兄・形兆役の岡田を「億泰は兄の形兆を本当に愛している役なので、僕も岡田さんに『愛している』と言えるようになりたい」と制作発表会見で答えていた新田は、撮影を終えて、その後の関係性を聞かれると「唯一、タメ口で喋らせてもらってます」と明かす。 岡田が「本当にタメ口なんです!結構、僕年上なのに...」とこぼすと、新田は「愛してます」と岡田の目を見つめて告白。「全力で形兆を役として愛しましたし、真剣佑としても岡田将生を愛しました」と続けると、その様子に岡田は「お前ちょっとバカにしてるだろ!」とツッコミ、仲の良さをうかがわせた。 また、スペイン・シッチェスでの撮影中のエピソードを聞かれると、岡田は「よく遊んだりご飯食べに行ったりしましたね。ほんとに仲良かったよね」とにっこり。新田は「デイシーンが多くて、ナイトシーンがあまりなかったので暗くなったら撮影が終わったんです。だから夜は必ずアニキとご飯行ったよね」と振り返っていた。 一方、初の悪役に挑戦した岡田は、同じく制作発表会見の際に「原作を読み返して精神を整えています」と発言していたが、MCから「初の悪役、撮影を終えられていかがでしょう?」と問われると、「今のでわかると思うんですが、精神を統一したくても、隣で(新田が)『アニキ!アニキ!アニキご飯食べようぜ!アニキ!』ってずっと言ってくるので、集中が全くできませんでした」と吐露。「でも本当に居てくれるだけで兄弟の関係性になれたことは、お芝居にも活きたのかなと思います」と述懐した。 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は8月4日(金)全国公開 【CREDIT】 原作:荒木飛呂彦(集英社ジャンプ コミックス刊) 監督:三池崇史 出演:山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、観月ありさ、國村隼、山田孝之、伊勢谷友介 配給:東宝/ワーナー・ブラザース映画 公式サイト:jojo-movie.jp (C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
13,681ファンいいね
19,929フォロワーフォロー
28,185フォロワーフォロー

記事ランキング

公式Instagram