ホーム タグ 神木隆之介

タグ: 神木隆之介

3月のライオン

神木隆之介×高橋一生の撮影初日を収めた『3月のライオン』前編のメイキング映像お披露目

【前編】が9月27日(水)、【後編】が10月18日(水)にリリースされる映画『3月のライオン』Blu-ray&DVDより、【前編】メイキング映像の一部が到着した。 メイキングは、クランクインからの撮影風景を追ったドキュメンタリーになっており、キャストたちの撮影の合間の姿も見られる。神木隆之介のクランクインは、高橋一生演じる林田先生との学校の屋上シーン。林田先生は、神木扮する桐山零の良き相談相手であり、将棋ファンでもある。零にとって唯一本音で話せる相手だ。 初日を迎えた神木は「将棋のレッスンとか、色々準備をして来ての(クランク)インなので、楽しみにしていた」と緊張しつつも、楽しんでいる様子。一方の高橋は「僕はいつも通りです。神木さんと、どういう空気感を作れるか、と思いながら現場に臨んでいます」と落ち着いた様子で語っている。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=-H_w8qyA9sI] メイキング映像は【前編】Blu-ray、DVD豪華版の特典映像として約50分も収録されている。他にも監督・大友啓史×神木隆之介×中村倫也×尾上寛之による撮り下ろしのシーンセレクト・ビジュアルコメンタリーや、プロデビュー間もない藤井聡太四段と主演・神木隆之介の貴重な対談映像や、羽生善治三冠のインタビューなど、200分の特典映像が収録される。 映画『3月のライオン』Blu-ray&DVDは【前編】9月27日(水)、【後編】10月18日(水)より発売 【CREDIT】 監督:大友啓史 主演:神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶 佐々木蔵之介 加瀬亮 前田吟 高橋一生 岩松了 斉木しげる 中村倫也 尾上寛之 奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏 伊藤英明/豊川悦司 原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載) 制作プロダクション:アスミック・エース、ロボット 配給:東宝=アスミック・エース ©2017 映画「3月のライオン」製作委員会
メアリと魔女の花

『メアリと魔女の花』観客動員250万人を突破、第22回釜山国際映画祭への出品決定

スタジオポノック第一回長編作品『メアリと魔女の花』が日本興行で観客動員250万人を突破し、第22回釜山国際映画祭(BIFF)の出品が決定した。 10月12日(木)~10月21日(土)の期間に開催される本映画祭に於いて、ワイド・アングル部門のアニメーション・ショーケースにて招待を受け、本作の映画祭参加は国内、海外において初となる。現在、本映画祭へは米林宏昌監督、西村義明プロデューサー、メアリ役の杉咲花が参加予定。韓国の劇場公開は12月を予定している。 映画『メアリと魔女の花』は全国東宝系にて大ヒット公開中 【CREDIT】 キャスト:杉咲花 神木隆之介/天海祐希 小日向文世/満島ひかり 佐藤二朗 渡辺えり/大竹しのぶ 原作:メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊) 脚本:坂口理子 脚本・監督:米林宏昌(『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』) 音楽:村松崇継 プロデューサー:西村義明 制作:スタジオポノック 製作:「メアリと魔女の花」製作委員会 ©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
茅ヶ崎物語

『茅ヶ崎物語』ハワイ国際映画祭で正式上映決定、神木隆之介のコメント入り新予告公開

神木隆之介、野村周平らが出演する『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』が9月16日(土)より全国公開される。この度、本作の「第37回ハワイ国際映画祭」Spotlight on Japan部門への正式上映が決定した。 ハワイ国際映画祭は、1981年にはじまり今年で37回目を迎える国際映画祭。アジアの優れた映画を発掘し、世界に紹介する事をテーマに掲げ、これまで数々のアジア映画を紹介してきた。毎年約150作品が上映され、観客動員数は7万人に上っている。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=oQYc3WGl0Cw] 数多くの才能を輩出し続ける“芸能の地、茅ヶ崎”の謎を、ドキュメント・ファンタジー=「ドキュファ」形式という今までにない新しいメソッドで綴る本作。茅ヶ崎の芸能史を編纂する“日本一のレコードコレクター”であり、洋楽ポップスの一流プロモーターでもある宮治淳一と、アースダイブという手法で茅ヶ崎の秘密を数万年規模で遡る人類学者・中沢新一への密着、 今年、御年80を迎えた今も、現役で新しい音楽に挑み続ける加山雄三へのインタビューなどのドキュメンタリーパート。 “サザンオールスターズの名付け親”としても知られる宮治淳一と、桑田佳祐にとっての運命的な出来事を回想劇として描くファンタジーパートが展開される。ファンタジーパートでは、宮治淳一の青年期を神木隆之介が、男子校で天才的な感性が開花し始める桑田佳祐の学生時代を野村周平がそれぞれ演じる。共演に賀来賢人、須藤理彩、安田顕ミュージシャンの高橋優らが名を連ねる。 映画『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』は9月16日(土)より全国公開 公式サイト:http://tales-of-chigasaki.com (C) 2017 Tales of CHIGASAKI film committee
ジョジョの奇妙な冒険

アンジェロが岩に…吉良吉影の“シアーハートアタック”も登場!?『ジョジョの奇妙な冒険』映像4種

大ヒット公開中の映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』より、4種類の本編映像が到着した。 アンジェロが仗助のクレイジー・ダイヤモンドで岩に!? 形兆の放った矢によって形ある超能力<スタンド>を持つスタンド使いとなった凶悪な連続殺人犯、通称アンジェロ。人の命を奪うことに躊躇はなく、主人公東方仗助(山﨑賢人)の祖父である東方良平(國村隼)を惨殺。 映像では、アンジェロへの敵討ちとして、祖父を殺された仗助が自身のスタンド“クレイジー・ダイヤモンド”の壊れたものをなおす能力を発動し、アンジェロの目の前にあった岩を破壊。アンジェロを岩と融合させる一部始終が収められている。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=oirqaHt_kyE] 康一がスタンド使いになる一部始終も解禁! 杜王町で暗躍するスタンド使い虹村形兆(岡田将生)のスタンド“バッド・カンパニー”の小さな兵士に康一(神木隆之介)が足をナイフで刺されるところから始まる本映像だが、あまりの痛さに悲鳴をあげる康一の体から緑色の模様が描かれた大きな卵が放出。そして「やめろ~!!」と、必死に叫ぶ康一の髪の毛は逆立ち、康一から飛び出た卵からは康一のスタンド“エコーズ”が誕生する。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=_3l92qBLUu0] 吉良吉影が暗躍している...!?謎の部屋のシーンが公開!! 映像では、謎の部屋が収められている。沢山のトロフィーが部屋には飾られており、全て3位という無難な順位。そして、“家庭健康法の知恵”“健康と食品”“人体健康事”など人間の人体に関する書物が本棚を占め、極めつけに切った爪が収められた瓶、紙袋から出ている女性の美しい手と矢が収められている。 このキーワードから、“ジョジョ”ファンは原作「ジョジョの奇妙な冒険」第4部に登場する吉良吉影に関係している部屋だと気づくのでは?吉良吉影は、スタンド使いでありながら表向きは平凡なサラリーマンとして生活しているが、その正体は生まれながらに殺人衝動を持ち、手の綺麗な女性を48人も殺してきた連続殺人鬼。第4部では、仗助たちの敵として登場し、原作ファンから高い人気を誇るキャラクターだ。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=wwz2L1zepxs] 吉良吉影のスタンド“キラークイーン”の爆弾“シアーハートアタック”も登場!? サーモグラフィー映像で仗助、康一、形兆、億泰の姿が。億泰の心臓部分だけが赤く目立つ。続いてガチャガチャとなにやら騒音が聞こえ、一同が身構える中ステンドグラスをぶち破って額に剣が付いたドクロをあしらったキャタピラのついた丸い小さな物体が侵入。これは、仗助の敵となる吉良吉影のスタンド“キラークイーン”の左手から分離する爆弾“シアーハートアタック”で、体温を感知して自動追尾する爆弾だ。このシアーハートアタックはクルクルと回転しながら標的を定め、動きに危機を察知した形兆が「ぼさっとしてんじゃねえぞッ!」と注意を呼びかけるが、果たして彼らの運命とは!? [youtube http://www.youtube.com/watch?v=PwmpxzDKYK0] 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は大ヒット公開中 【CREDIT】 原作:荒木飛呂彦(集英社ジャンプ コミックス刊) 監督:三池崇史 出演:山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、観月ありさ、國村隼、山田孝之、伊勢谷友介 配給:東宝/ワーナー・ブラザース映画 公式サイト:jojo-movie.jp (C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
ジョジョの奇妙な冒険

山﨑賢人、岡田将生らが『ジョジョ』迫力のスタンドバトル!オープニング含む本編映像5種公開

大ヒット公開中の映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』より、SNS上で反響が出ているクレイジー・ダイヤモンドをはじめとする白熱するスタンドバトル映像と、マーティ・フリードマンが楽曲を提供している本作のオープニング映像をあわせた5種類の本編映像が到着した。 時を止めて仗助からの攻撃を回避ッ!! <クレイジー・ダイヤモンド V.S. スタープラチナ戦> 東方仗助(山﨑賢人)を怒らせてしまった空条承太郎(伊勢谷友介)。「まずい、奴のスタンドが来る!」と気づいた頃には、仗助のスタンド“クレイジー・ダイヤモンド”が承太郎のスタンド“スタープラチナ”のみぞおちにパンチを食らわせる。危機を回避するために、承太郎が“スタープラチナ”の時を止める能力を使い、仗助の後ろに回り込み、今度はスタンドではなく、仗助自身にパンチをお見舞い。仗助が殴られるのを見ていた女子高生たちが心配して駆けつけると、承太郎が原作でお馴染みの「やかましい!俺は女が騒ぐとむかつくんだ!」という台詞を吐き捨て一喝!白熱のスタンドバトルとともに、原作ファン必見の承太郎の名台詞が収められた1シーンとなっている。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=Umv2Ai5zkuY] 承太郎のスタンドが大活躍ッ!! <スタープラチナ V.S. アクア・ネックレス戦> 凶悪な連続殺人犯・アンジェロ(山田孝之)に、仗助と承太郎が立ち向かうシーン。水分から溶け込み侵入をすることで人体を内部から破壊する能力を持つアンジェロのスタンド“アクア・ネックレス”が、仗助の体内に入ろうと口をめがけて飛び込もうとする。あと少しというところで、承太郎が時を止める能力を持つスタンド“スタープラチナ”を駆使して、“アクア・ネックレス”をつかみ応戦!仗助は危機一髪のところで命拾い。果たして、仗助たちとアンジェロの決戦の行方は? [youtube http://www.youtube.com/watch?v=odAYfuuHBlE] 億泰のスタンドの全貌が明らかにッ!! <クレイジー・ダイヤモンド V.S. ザ・ハンド戦> 杜王町で暗躍するスタンド使い虹村億泰(新田真剣佑)。億泰の屋敷を突き止め乗り込む仗助の前に、億泰が自身のスタンド“ザ・ハンド”を発動させて仗助の前に立ちはだかる。億泰の後ろには“ザ・ハンド”が現れ、謎の手の動きを見せると、仗助のスタンド“クレイジー・ダイヤモンド”に右手で攻撃をしようと殴り掛かる。“ザ・ハンド”の右手は何やら不思議な能力があるようで、つかみ取った看板の文字が“立入禁止”から“入”の部分が削り取られ、“立禁止”に!億泰は不敵な笑みを浮かべ、仗助に「これがある限り、てめえはオレから逃げられねえ」と言い放つ。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=tIY2Da6h0Jw] クレイジー・ダイヤモンドの「ドラララララララ」全開ッ! <クレイジー・ダイヤモンド V.S. バッド・カンパニー戦> 杜王町で暗躍するスタンド使い虹村形兆(岡田将生)が、自身のスタンド“バッド・カンパニー”に「全部隊、総攻撃の態勢をとれ!」と命令し、仗助に攻撃を仕掛ける。この“バッド・カンパニー”に描かれている迷彩柄は、原作者・荒木飛呂彦が本作のために描きおろしたビジュアルだ。仗助のスタンド“クレイジー・ダイヤモンド”が「ドララララララララララララララララララッッ!!!!」とパンチをかまして、“バッド・カンパニー”の攻撃をよけるシーンが収められている。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=aDV4dS2JTi0] マーティ・フリードマンが楽曲提供!かっこよすぎるオープニング映像解禁ッ!! マーティ・フリードマンはBIG4と呼ばれる世界的メタル・バンドのひとつ、メガデスの元ギタリスト。原作に登場するスタンドの名が、アーティスト名や曲名に由来することが多いことから、『「ジョジョの奇妙な冒険」で英語を学ぶ!』(集英社)というジョジョの名言や台詞を英語に訳し、英会話を学と学術書の監修を任されるなど、ジョジョと深い繋がりを持つフリードマン。本編の冒頭に流れる、フリードマンが楽曲提供したジョジョの世界観をイメージさせるロックテイストの楽曲、そして原作コミックを彷彿とさせるかっこよすぎるオープニング映像が解禁となった。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=-lMXCAAe2VU] 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は大ヒット公開中 【CREDIT】 原作:荒木飛呂彦(集英社ジャンプ コミックス刊) 監督:三池崇史 出演:山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、観月ありさ、國村隼、山田孝之、伊勢谷友介 配給:東宝/ワーナー・ブラザース映画 公式サイト:jojo-movie.jp (C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
3月のライオン

『3月のライオン』2ヶ月連続ソフト化、特典に神木隆之介と藤井四段の対談など

映画『3月のライオン 前編』Blu-ray&DVDが9月27日(水)にリリースされる。この度、豪華特典映像の一部が解禁となった。 本作は、幼い頃に両親と妹を交通事故で亡くし、孤独を抱え、すがりつくように将棋を指し続けてきた17歳のプロ棋士・桐山零が、同じ下町に住む三姉妹との出会いや数々の対局から人生を取り戻していくさまを描く。主人公・桐山零を神木隆之介が演じるほか、島田開役に佐々木蔵之介、後藤正宗役に伊藤英明、宗谷冬司役に加瀬亮、川本あかり役に倉科カナ、川本ひなた役に清原果耶、川本相米二役に前田吟、幸田香子役に有村架純、幸田柾近役で豊川悦司、神木扮する零のライバルであり“心友”二海堂晴信役で染谷将太が共演する。前編主題歌をぼくのりりっくのぼうよみ、後編主題歌を藤原さくらが務める。 この度解禁されたのは、今年2月にJ:COMプレミアムチャンネルにて放送されたエンタメ・ドキュメント特別番組「神木隆之介と指す!」の1部。主人公・桐山零を演じる神木隆之介とプロデビューして間もない藤井聡太四段との対談映像や、先日惜しまれつつ引退した、加藤一二三九段の将棋解説、そして数々の偉業を成し遂げ、将棋界の天才棋士と呼ばれる羽生善治三冠のインタビューなどが収録されている。ほかにも監督・大友啓史×神木隆之介×中村倫也×尾上寛之による、撮り下ろしのシーンセレクト・ビジュアルコメンタリーや、イベント映像など200分にも及ぶ特典映像が用意されている。さらに『3月のライオン 後編』のソフトリリースが10月18日(水)に予定されている。 【『3月のライオン 前編』Blu-ray&DVD】 Blu-ray 豪華版(Blu-ray1枚+特典DVD1枚)¥6,800(税別) DVD 豪華版(DVD2枚組)¥5,800(税別) DVD 通常版 ¥3,800(税別) <豪華版特典ディスク(DVD)収録内容> ・前編シーンセレクト・ビジュアルコメンタリー (大友啓史監督×神木隆之介×中村倫也×尾上寛之) ・前編メイキング ・エンタメ・ドキュメント特別番組「神木隆之介と指す!」 スタジオ・ゲストに加藤一二三九段、VTR ゲストに羽生善治三冠、藤井聡太四段を招いた特番。 ・イベント映像集 (前編完成披露試写会/第一回 LINELIVE/ひなまつりイベント/ スペシャルトークショー(大友啓史監督&倉科カナ)/第二回 LINELIVE 公開前夜祭/前編初日舞台挨拶) ・聖地巡礼映像「飛ぶ!3月のライオン・聖地巡礼」 道先案内人は、原作の“ニャー将棋”でお馴染みのニャーたち!神木隆之介と将棋が指せる映像も!? ・主題歌 PV ぼくのりりっくのぼうよみ「Be Noble(re-build)」 (short ver.) <本編ディスク映像特典> ・予告編集(特報/予告/TV-SPOT) <外装・封入特典> ・前・後編豪華版収納特製アウターケース ・宗谷冬司 -寂寞の庭- 縮刷写真集(38P) ・前編ブックレット 桐山 零版「将棋世界」仕様(40P) [youtube http://www.youtube.com/watch?v=krGoPV9VFbo] 映画『3月のライオン』Blu-ray&DVDは【前編】9月27日(水)、【後編】10月18日(水)より発売 【CREDIT】 監督:大友啓史 主演:神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶 佐々木蔵之介...
メアリと魔女の花

『メアリと魔女の花』神木隆之介が“花様”杉咲花にサプライズ「生まれてはじめて花冠をかぶりました」

7月8日(土)に公開され、公開30日間で動員1,777,848人、興収2,222,897,400円と大ヒットを記録している『メアリと魔女の花』。そんな映画の大ヒットを記念して、作品のタイトルでもあり、劇中でも重要なカギを握るアイテムである“花”にちなみ、8月7日=花(はな)の日ということで大ヒット御礼舞台挨拶を、大阪・TOHOシネマズ梅田にて実施した。 舞台挨拶にはヒロイン・メアリ役を演じ、名前にも“花”の一文字が入っている杉咲花に加え、杉咲のことを“花様”と呼び数多くのプロモーションを共にしてきた神木隆之介、映画のラストに主題歌で“花”を添えたSEKAI NO OWARIのメンバーが登場。さらに米林宏昌監督と、西村義明プロデューサーも駆けつけチームメアリが再び集結した。 イベントでは夏休み期間中ということで各キャストが「夏休みにしてみたいことを発表!」杉咲が「大人数でBBQに挑戦したい!」と答えると神木は「ラベンダー畑に行ってみたい!そこでFukaseさんにRAINを歌ってほしい!」とSEKAI NO OWARIへのラブコールを送った。SEKAI NO OWARIを代表してDJ LOVEが「ウォータースライダーなどプールで遊びたい!」と発言すると、先日男子メンバーでプールに遊びに行っていたことが判明。NakajinとDJ LOVEがひと泳ぎした後にプールサイドでの会話を楽しむ中、一切誰とも会話をすることなくFukaseさんが黙々と泳ぎ続けていたというストイックエピソードも暴露され、会場は笑いの渦に包まれた。 そして杉咲にはサプライズで神木から映画のプロモーションを完走した彼女への労いの気持ちを込めた“花”の冠をプレゼント。突然のサプライズに杉咲は動揺を隠せず、「生まれてはじめて花冠をかぶりました。本当に嬉しいです。大事にします」とコメント。神木も大成功に終わったサプライズに満面の笑みを浮かべていた。 杉咲花 コメント この映画を観て、日常に転がっている小さな幸せを見つけて、少しでも明日が楽しみになればと思います。私はこの映画が大好きです。何回でもこの映画を観て、みなさんにとっての魔法を見つけてもらえるとうれしいです。 神木隆之介 コメント 今日は本当に来てくださってありがとうございます。本当に心からこの映画を皆様が愛してくださっているのだなと感じることができて本当にうれしいです。先日、カラオケでRAINを歌ってみたのですが、歌いだしの部分が難しすぎて心が折れました(笑) SEKAI NO OWARI コメント(代表してNakajinから) こうしてチームメアリの一員として舞台挨拶に参加し、映画を観たお客さんの前でお話しする機会を与えていただいて本当に幸せです。主題歌「RAIN」がこれからも長く、多くの人に愛される曲になればいいなと思います。 米林宏昌監督 コメント 今日は本当にすごくたくさんの人に集まってもらえてうれしいです。主題歌RAINが映画を観た皆様の心にしみわたり、心の中にきれいな花を咲かせることでいつまでも思い出として残ってもらえれば。 西村義明プロデューサー コメント 今日は8月7日で“花”の日ということで、こうやって舞台挨拶を実施することができて本当にうれしいです。映画が公開され、最近は小さな子からお手紙や写真を送っていただく機会が増え、映画が本当に多くの方に愛していただいていることを実感しています。 映画『メアリと魔女の花』は全国東宝系にて大ヒット公開中 【CREDIT】 キャスト:杉咲花 神木隆之介/天海祐希 小日向文世/満島ひかり 佐藤二朗 渡辺えり/大竹しのぶ 原作:メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊) 脚本:坂口理子 脚本・監督:米林宏昌(『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』) 音楽:村松崇継 プロデューサー:西村義明 制作:スタジオポノック 製作:「メアリと魔女の花」製作委員会 ©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
ジョジョの奇妙な冒険

どんなスタンドが欲しい?『ジョジョ』神木隆之介×岡田将生が企み、山田孝之は「ただ“美女”が出るやつ」

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』公開記念舞台挨拶が5日、都内・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、山田孝之、伊勢谷友介、監督の三池崇史が登壇した。 19世紀末のイギリスを舞台にした第1部から始まる“ジョジョ”ことジョースター家の代々の戦いを描く原作から今回描かれるのは第4部「ダイヤモンドは砕けない」。主人公・東方仗助役に山﨑賢人、仗助の同級生・広瀬康一役を神木隆之介、同じく同級生の山岸由花子役を小松菜奈、仗助と対立する虹村形兆役を岡田将生、形兆の弟・虹村億泰役を新田真剣佑、仗助の母親・東方朋子役に観月ありさ、仗助の祖父・東方良平役に國村隼、町の平和をおびやかす殺人犯・アンジェロ(片桐安十郎)役を山田孝之、仗助を導く空条承太郎役を伊勢谷友介がそれぞれ演じる。 本作の見どころの一つでもある、人間など生物の精神力を具現化した特殊能力“スタンド”を使ったバトルが繰り広げられるが、MCから「どんなスタンドが欲しいか」問われたキャスト陣。山﨑は「仗助の“クレイジー・ダイヤモンド”は本当に好きで、ものを治せる能力で戦っていくアイデアがめちゃくちゃ面白いですし、愛を持ってやっていたんですが...やっぱ瞬間移動とかしたいですね」とこぼす。 一方の神木は「なんでもいいんですか?僕は身体能力が上がるやつがいいです!」とハニカミ。「アクションシーンとかあるじゃないですか!身体能力が上がれば、漫画やアニメの速度で戦えるんです!そんな速さで戦ってみたい」と妄想を膨らませると、それに共感したのか岡田も「それ相手も身体能力高くないとできないよね!?待って、俺の番が来た時それ(身体能力が欲しいことを)言うわ!」と無邪気な笑顔をのぞかせた。 そんな岡田の出番になると、神木が「頼んだよ!」とワクワクした様子で話し、岡田は「任せろ!僕は身体能力が上がる能力が欲しいです!」と告白。すると神木は「あ!一緒だね!」と喜び、岡田も「あっ一緒だ!じゃちょっと神木くんとアクション映画お願いします!」と期待を込め、会場を沸かせていた。 また、新田の順番が回ってくると、伊勢谷が「ずっと君の後ろにスタンドが見える、パパ(千葉真一)が!ずーっと気になってたんだけど、急に名字ついたでしょ!?千葉じゃねぇのかよってずっと思ってた!」と胸中を明かす。新田は「千葉でもよかったんですが、うちの社長と相談して(『ちはやふる』で演じている綿谷新から)新田にしました」と続けた。 一方、山田は「僕は大それたことは望まないので、何にもしなくていいから、ただただすっごい綺麗な“美女”が出てくるスタンドが欲しい。パッっとやったら背の高いすっごい綺麗な人が出てくる!」と興奮しきりに話し、観客の笑いを取っていた。 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は大ヒット公開中 【CREDIT】 原作:荒木飛呂彦(集英社ジャンプ コミックス刊) 監督:三池崇史 出演:山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、観月ありさ、國村隼、山田孝之、伊勢谷友介 配給:東宝/ワーナー・ブラザース映画 公式サイト:jojo-movie.jp (C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
ジョジョの奇妙な冒険

『ジョジョ』山﨑賢人の“珍行動”に山田孝之らがツッコミ!ファンのパネルに「それ菅田将暉が言ってたやつ!」

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』公開記念舞台挨拶が5日、都内・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、山田孝之、伊勢谷友介、監督の三池崇史が登壇した。 19世紀末のイギリスを舞台にした第1部から始まる“ジョジョ”ことジョースター家の代々の戦いを描く原作から今回描かれるのは第4部「ダイヤモンドは砕けない」。主人公・東方仗助役に山﨑賢人、仗助の同級生・広瀬康一役を神木隆之介、同じく同級生の山岸由花子役を小松菜奈、仗助と対立する虹村形兆役を岡田将生、形兆の弟・虹村億泰役を新田真剣佑、仗助の母親・東方朋子役に観月ありさ、仗助の祖父・東方良平役に國村隼、町の平和をおびやかす殺人犯・アンジェロ(片桐安十郎)役を山田孝之、仗助を導く空条承太郎役を伊勢谷友介がそれぞれ演じる。 大歓声で迎えられたキャスト陣。それぞれ挨拶する中、MCから「今だから話せる裏話」と聞かれると、山﨑は「『ドラララッ!!』って叫ぶシーンがあるんですが、アフレコで撮らせてもらって声が枯れました!全力でやらせてもらったので」と笑顔。小松は「山﨑さんと初めて共演させていただいたんですが、(スペイン・シッチェスの)現場で鳩を追いかけてました(笑)」と暴露。 続けて、「不思議な方なんだなと思って...それが印象的すぎて(笑)私と神木さんはすごい寒かったので手を温めたりしてたんですが、山﨑さんは海岸ところで鳩を追いかけてた!」と話すと、当の山﨑は「え?どこで?」とキョトン顔。伊勢谷は「『100点のビジュアルに0点の賢人くんが好き』って(ファンが持っていたパネルに)書いてあるけど、中身ゼロやん!寒い中、鳩追っかけて(笑)」とツッコミ。山﨑は「それ菅田将暉が言ってたやつです!」とはにかんでいた。山田も「毎日毎日ステーキばっか食ってたので、そろそろ鳥食いたいとは言ってました」と爆弾を投下し、会場は笑いに包まれていた。 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は大ヒット公開中 【CREDIT】 原作:荒木飛呂彦(集英社ジャンプ コミックス刊) 監督:三池崇史 出演:山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、観月ありさ、國村隼、山田孝之、伊勢谷友介 配給:東宝/ワーナー・ブラザース映画 公式サイト:jojo-movie.jp (C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
ジョジョの奇妙な冒険

空条承太郎の”スタープラチナ”、広瀬康一の”エコーズ”登場!『ジョジョの奇妙な冒険』新映像

大ヒット公開中の映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』より、伊勢谷友介演じる空条承太郎のスタンド”スタープラチナ”と、神木隆之介演じる広瀬康一のスタンド”エコーズ”の全貌が明らかになる新映像が公開された。 平和な町<杜王町>を恐怖に陥れる凶悪な連続殺人犯アンジェロ(山田孝之)、そしてその背後で暗躍する虹村形兆(岡田将生)と虹村億泰(新田真剣佑)の虹村兄弟たちに立ち向かう、<スタンド>と呼ばれる形ある超能力を持つ高校生・東方仗助(山﨑賢人)。血縁上では仗助の甥にあたる空条承太郎(伊勢谷友介)、そして仗助の同級生の広瀬康一(神木隆之介)たちと共に杜王町を守るため、スタンドを駆使したスタンドバトルを繰り広げる。 映像では、これまでベールに包まれていた承太郎のスタンド”スタープラチナ”、さらに広瀬康一もスタンド使いだったことが判明。康一のスタンド”エコーズ”の姿が明らかになり、億泰のスタンド”ザ・ハンド“や形兆のスタンド”バッド・カンパニー“らが激熱のスタンドバトルを繰り広げるシーンが収められている。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=zuh4HD3GlwE] 仗助と出会ったことから杜王町で起こる奇妙な事件に巻き込まれることになった康一。その最中、凶悪なスタンド使いに襲われ窮地に陥った康一の目の前に突如現れたのは、緑の斑点がついた大きな卵。そしてその卵の中から、殻を突き破り何かの手が出現。空間を削りとることができる能力を持った億泰のスタンド”ザ・ハンド“が仗助に襲い掛かる姿や、形兆のスタンド”バッド・カンパニー“がミサイルを発射し攻撃するスタンドバトルのシーンが立て続けに映し出されると、続いて承太郎の姿が。水分に溶け込み操ることで人体を内部から破壊する”アクア・ネックレス”というスタンドを操るアンジェロに、承太郎は自身のスタンド”スタープラチナ”の時を止める能力「スタープラチナ・ザ・ワールド」を使うと、「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!!!」と叫びながら強烈なパンチをアクア・ネックレスにぶつける。そして映像の最後には、康一の目の前に現れた卵から飛び出した、康一のスタンド”エコーズ”の姿が。ジタバタと腕を振り回しながら攻撃する様子が伺えますが、はたしてその能力とはいかに!? 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は大ヒット公開中 【CREDIT】 原作:荒木飛呂彦(集英社ジャンプ コミックス刊) 監督:三池崇史 出演:山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、観月ありさ、國村隼、山田孝之、伊勢谷友介 配給:東宝/ワーナー・ブラザース映画 公式サイト:jojo-movie.jp (C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
13,732ファンいいね
19,933フォロワーフォロー
28,146フォロワーフォロー

記事ランキング

公式Instagram