ホーム タグ 窪田正孝

タグ: 窪田正孝

HiGH&LOW

HiGH&LOW最終章『FINAL MISSION』特報初解禁、窪田正孝扮するスモーキーの窮地に観客悲鳴

9月3日(日)、都内・丸の内ピカデリーにて行われた映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』大ヒット御礼舞台挨拶にて、11月11日(土)公開の最終章『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』の特報映像が初お披露目された。 イベントには、黒木啓司、AKIRA、青柳翔、TAKAHIRO、登坂広臣、小林直己が登壇。特報のラストに窪田正孝扮するスモーキーの衝撃的なセリフと姿が映し出されると、会場に集まったファンから悲鳴が。舞台袖で特報映像を見たキャスト陣から「近すぎてなんのこっちゃわからなかった(笑)」「僕らも初めて見た!」「最後何にキャーッて言ってたの?」との声が。観客から「スモーキー」と聞くと、TAKAHIROは「スモーキーがピンチだ...」とこぼしていた。 さらに黒木が「広斗は?生きてた?」と観客に聞くと、「生きてたー!」との返しが。それを聞いた登坂は「うそ!?」と驚き。TAKAHIROは「亡霊かもしれないからわかんないよ!」と笑いをとってた。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=RfCCLEPfh_I] 映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』は全国公開中/映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』11月11日(土)全国公開 (C)2017「HiGH&LOW」製作委員会
東京喰種

『東京喰種』鈴木伸之、窪田正孝が大好き!「本当に素敵な先輩です!」

映画『東京喰種 トーキョーグール』舞台挨拶イベントが18日、都内・新宿ピカデリーにて行われ、窪田正孝と鈴木伸之の2人が登壇した。 公開から約20日間が経った本作。さまざまなプロモーション活動を一緒に敢行してきた2人だけに、登場早々から仲睦まじい様子が。鈴木は「こないだテレビで窪田さんがライブをしているニュースを見たんですよ!舞台挨拶でLINEを交換した話とか、ずっと焼肉に行くっていう約束をしたと話してきたんですが、一向に誘ってこないんです!それなのに『ライブやってんじゃん!!』と思って(笑)窪田さん!俺との焼肉忘れちゃったんですか?」と茶目っ気たっぷりに話す。 当の窪田は「何をおっしゃいますか!!忘れてるわけないじゃないですか!!」ときっぱり。鈴木は「すごく気持ちよく歌われててかっこよかったです!でも、お誕生日もお祝いしたし焼肉行く約束したし...一向にLINEが光らないなと思って聞いちゃいました(笑)信じてます!」とこぼした。 すると窪田は「今いろいろとお仕事をさせていただいておりまして、明日から『HiGH&LOW』という作品も公開されます!同じ松竹様です!鈴木くんのかっこいいアクションも満載です!ぜひ『東京喰種』を観た後に観ていただきたいです!」とアピールしていた。 さらに、鈴木は「マネージャーさんと喋っていたんですが、『窪田さんて次何やるんだろう?』『次一緒に出させてくれないかな〜?』って。それぐらい窪田さんのことが好きになっちゃったんです!本当に素敵な人なんです!役者としても尊敬してますし、演技の場以外や、こうして舞台挨拶とかでお会いしても本当に素敵な先輩です!面倒も見てくれて...」と窪田に惚れ惚れ。「いやいやいや!」と謙遜する窪田だが、嬉しかったのか「あと焼肉一緒にいけたら100点満点ですね!」とはにかんでいた。 イベントは、ファンへの感謝の気持ちを込めてプレゼント抽選会が行われるなど、大いに盛り上がりを見せていた。 映画『東京喰種 トーキョーグール』は大ヒット公開中 【CREDIT】 原作:石田スイ 出演:窪田正孝 清水富美加 鈴木伸之 蒼井優 大泉洋 監督:萩原健太郎 脚本:楠野一郎 配給:松竹 公式サイト:tokyoghoul.jp ©石田スイ/集英社   ©「東京喰種」製作委員会
HiGH&LOW

【注目新作】『打ち上げ花火』『HiGH&LOW』新作、『ベイビー・ドライバー』ほか公開

<8月18日(金)〜8月19日(土)より公開の新作映画をご紹介!> 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(8.18公開) 原作・岩井俊二、脚本・大根仁、総監督・新房昭之が豪華タッグを組む本作は、“繰り返される夏の一日”、恋の奇跡を描くラブストーリー。「花火は横から見たら丸いのか?平たいのか?」夏休みの花火大会を前に、クラスのアイドル的存在・なずなに想い寄せる典道は、ある出来事から時間が巻き戻る不思議な体験を繰り返していく。再婚する母親から逃れようと「かけおち」を画策するヒロイン・なずな役に広瀬すず、典道役を声優初挑戦となる菅田将暉、典道の恋敵となるクラスメイト・祐介役を宮野真守が演じる。共演に松たか子、花澤香菜、浅沼晋太郎、豊永利行、梶裕貴らが名を連ねる。 チケット予約はアプリ【映画ランド】から! [youtube http://www.youtube.com/watch?v=YUvXV_i-42c] 『ベイビー・ドライバー』(8.19公開) エッジの効いたコメディセンスとヴィジュアル・テクニック、あらゆる映画の引用で世界中のファンから愛されているエドガー・ライト。イギリス出身の彼がハリウッド長編映画デビューを果たし、脚本・監督を務める最新作では、事故の後遺症で耳鳴りが激しい青年が、“音楽”で天才的なドライビング・テクニックを引き出し、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍するさまが描かれる。エドガー自ら「ロックンロール・カーチェイス・ムービー」と評する本作は、カーアクション×監督が厳選した全30曲の名曲の数々で送るアドレナリンフルスロットルの1時間53分。 主人公のベイビーを『きっと、星のせいじゃない。』のアンセル・エルゴートが演じるほか、共演にリリー・ジェームズ、ジェイミー・フォックス、ジョン・ハム、エイザ・ゴンザレス、ケヴィン・スペイシーらが名を連ねる。 チケット予約はアプリ【映画ランド】から! [youtube http://www.youtube.com/watch?v=nwR1dArkDMQ] 『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』(8.19公開) 邦画最⾼峰の圧倒的なスケールのアクション映像で⽇本中の観客を巻き込み、観客動員160万⼈、興⾏収⼊21億円を突破した『HiGH&LOW THE MOVIE』の続編である本作。5つのチームが拮抗する“SWORD地区”の覇権を巡る男たちの熱い闘いと友情ドラマを描く。これまでシリーズ作に出演してきたAKIRA、TAKAHIRO、⻘柳翔、登坂広⾂、岩⽥剛典、鈴⽊伸之、町⽥啓太、⿊⽊啓司、ELLY、⽩濱亜嵐らEXILE TRIBEメンバーの出演に加えて、窪⽥正孝、林遣都、⼭⽥裕貴、ゴールデンボンバー、YOU、飯島直⼦、豊原功補、岩城滉⼀、⼩泉今⽇⼦ら豪華な俳優陣も続投している。 チケット予約はアプリ【映画ランド】から! [youtube http://www.youtube.com/watch?v=BfhZMyX1A0A] 『ダイバージェント FINAL』(8.19公開) ベロニカ・ロスの世界的ベストセラー原作の大ヒット映画『ダイバージェント』シリーズの完結編となる本作。主人公・トリスを『きっと、星のせいじゃない。』のシャイリーン・ウッドリー、トリスの恋人・フォーを『アンダーワールド覚醒』のテオ・ジェームズがそれぞれ演じる。さらに、新作『ベイビー・ドライバー』のアンセル・エルゴート、『セッション』のマイルズ・テラー、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のゾーイ・クラヴィッツ、『ダイアナ』のナオミ・ワッツらが脇を固める。前作に続き、ロベルト・シュヴェンケが監督を務め、前2作をはるかに上回る大規模な視覚効果や広大な風景、派手なアクション・シーンで観客を圧倒させる近未来 SF アクション超大作。 チケット予約はアプリ【映画ランド】から! [youtube http://www.youtube.com/watch?v=VGegLHcGuS0] 週末はチケット予約アプリ【映画ランド】で映画館へ行こう!
HiGH&LOW

CLAMPが描く“可愛い”「HiGH&LOW」メンバー達が本編上映前のNO MORE 映画泥棒に登場!

8月19日(土)より『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』が公開される。この度、公開を記念して、週刊少年マガジンで連載中のCLAMPが描く「HiGH&LOW g-sword」と「NO MORE映画泥棒」の5週連続週替わりコラボが決定した。 本作の上映前に「NO MORE映画泥棒」の「HiGH&LOW g-sword」スペシャルコラボバージョンが上映。8月19日(土)から5週間の間、SWORDの5チームが週替わりで登場する。実際にどのチームが登場するかは劇場に行ってからのお楽しみだ。 「HiGH&LOW g-sword」とは「HiGH&LOW」の硬派な世界観を、数々のヒット作を生んだ漫画家集団CLAMPが可愛く描いた衝撃作。SWORD各チームや雨宮兄弟、MIGHTY WARRIORSたちのお茶目な一面を垣間見ることができる。 映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』8月19日(土)全国公開/映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』11月11日(土)全国公開 ©「映画館に行こう!」実行委員会 ©Hi-AX/LDH ASIA © CLAMP・ST/講談社 ⓒ2017「HiGH&LOW」製作委員会
HiGH&LOW

岩田剛典、窪田正孝ら『HiGH&LOW』バラード曲流れる特別予告解禁、楽曲の配信リリース日決定

8月19日(土)公開の映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』より、感動のバラード曲に載せたHiGH&LOW Special Trailer「END OF SKY」/Valentine feat. Rui & Afrojack「Break into the Dark」が解禁となった。 今作の名セリフとアクション、感動シーンが満載のロングトレーラー。挿入歌を歌うのは、世界的DJ・音楽プロデューサーである“Afrojack”が発掘しプロデュースする実力派ヴォーカリスト・Valentine。彼のデビュー曲であり、今作の挿入歌となる「Valentine feat. Rui & Afrojack /Break into the Dark」は8月16日(水)に配信リリースされる。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=CqKl9mErUW4] 映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF...
HiGH&LOW

『HiGH&LOW』岩田剛典、窪田正孝ら豪華キャスト60名一挙集結!見どころや思い出語る

映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』完成披露プレミアが9日、都内・東京国際フォー ラムにて開催され、岩田剛典、黒木啓司、NAOTO、TAKAHIRO、登坂広臣、AKIRA、窪田正孝、林遣都、山田裕貴、中村蒼ら総勢60名の豪華キャストが集結した。 会場内には来場者4,000人が集まり、イベントの様子は全国47都道府県の劇場、278スクリー ンでのライブビューイングが行われた。 『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』完成披露プレミアを迎えての感想 HIRO:本日は皆さん、お忙しい中お集まりいただき、ありがとうございます。いよいよ完成ということで、ここにいる素晴らしいキャストの皆様、スタッフの皆様のおかげで、 日本映画史上に誇る素晴らしい作品が誕Thしたと思います。何回見ても面白い作品だと思うので、今日の上映を楽しんでいただき、好きなシーンなどを見つけてもら えたらと思います。 山王連合会・White Rascals・DOUBTインタビュー (岩田への質問)かなり大掛かりな撮影だったと思うのですが、撮影中のウラ話、エピソードがあれば教えてください。 岩田:撮影中に誕生日だったので、山王連合会のメンバーがサプライズでお祝いしてくれたのが良い思い出です!そして、次の日も久保監督とアクション監督の大内監督が撮影用の大型トラックにバースデーケーキをのせてもってきてくれたことが嬉しかったです! (黒木への質問)闘いで傷ついたROCKYの姿を演じ、いかがでしたか? 黒木:これまでROCKYはスマートな役でしたが、今回は人間臭さや何度でも這いつくばって立ち上がるような泥臭さを見せる役どころでした。アクションシーンも多かったのですが、拳を交えるにしても愛やメッセージをもって演じさせていただきました。 (中村への質問)蘭丸という悪のカリスマ役に挑戦されて、いかがでしたか? 中村:初めは、自分にオファーが来たことが間違いかと思いました(笑)豪華なキャスト陣が勢揃いした撮影現場でしたが、レギュラーチームの方々が暖かく迎えてくれたので、初参戦の自分もとても入りやすい現場でした。黒木さんとは闘うシーンがあるので、現場ではじめて会った時は、体格が大きくて絶対負けるだろうと思いました(笑) 九十九&琥珀・雨宮兄弟・九龍グループインタビュー (皆さんへの質問)今回は九十九&琥珀、雨宮兄弟、九鬼源治のカーアクションが見どころとなっていましたが、いかがでしたか? TAKAHIRO:雨宮兄弟とムゲンはこれまで組むことがなかったのですが、今回は直己さん演じる九鬼源治が素晴らしい迫力でしたので、手を組まざるを得なかったです(笑) NAOTO(MC):僕らは雨宮兄弟、九十九&琥珀、九鬼とは別の撮影でしたが、僕たちの方にも直己さんの役作りがすごいという噂は広がってました(笑) 直己:現場では役に入りこんでいて、普段より冷たく接していたので、結構クレームがありました(笑) (ケンチへの質問)九龍グループはそうそうたる俳優陣が揃いましたが、共演されていかがでしたか? ケンチ:前作よりも圧倒的に進化していて、現場は威圧感がすごくて、ずっと背筋が伸びている感じでした(笑)岩城滉一さんともお話させていただく機会があったの ですが、最近はこういう男臭い映画があまりないので、今後もこういうエンタテインメントを作って欲しいとお話されていました。 RUDE BOYS・鬼邪高校・達磨一家インタビュー (山田への質問)今回の撮影で思い出にのこっているエピソードはありますか? 山田:今回は林遣都さん演じる日向と対峙するシーンがあったのですが、そのシーンがとても楽しかったです。「達磨」ならではの僕のアドリブも入れていますので、ぜひご注目ください!また、鬼邪高校ならではのアクションシーンにも、ぜひ注目してもらいたいです! (窪田への質問)RUDE BOYSはスモーキーの姿に衝撃の変化も見られました。今作について一言お願いします! 窪田:RUDE BOYSを引っ張ってくれたチームのみんなに一言ずつもらいたいと思います! 佐野玲於:窪田さんのお芝居にはとても説得力があって、チームを引っ張っていただきました! 佐野岳:今回初めてこの作品に参加させていただいたのですが、今まで感じたことのない不思議な空気感の中で撮影出来たことを光栄に思っています。 ZEN:毎回現場に行く度に、今回はどんな事に挑戦するのだろう?!という期待をもって参加させていただきました! (林への質問)撮影中のエピソードや思い出はございますか? 林:シリーズを重ねるごとにどんどんスケールアップしているので、今作は「達磨一家」らしい登場シーンに注目してもらいたいです! プリズンギャング・MIGHTY WARRIORSインタビュー (ELLYへの質問)MIGHTY WARRIORSは今回重要な局面で登場しますが、注目してほしいポイントはありますか? ELLY:SWORDとはまた違った、MIGHTY WARRIORSらしさを出せたら良いなと思いながらやっていました。今回新しく作った音楽もぜひ楽しんで見てもらいたいです。 (メンディーへの質問)メンディーさんは今作初登場となりますが、いかがでしたか? メンディー: 前作を見させていただいた時に、MIGHTY WARRIORSがすごく格好良かったことが印象的でした。今回はMIGHTY WARRIORSと一緒に出演できて嬉しかったです!   映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 /...
東京喰種

野田洋次郎が『東京喰種』主題歌を弾き語りで生披露!窪田正孝の誕生日を祝福

映画『東京喰種 トーキョーグール』公開記念舞台挨拶が7日、都内・丸の内ピカデリーにて行われ、主演の窪田正孝をはじめ、CCG(喰種対策局)捜査官・亜門を演じた鈴木伸之、監督の萩原健太郎が登壇した。 公開から10日を迎えた本作だが、満席となった会場を見て窪田が「公開して、たくさんの方に愛されてることを実感しました。去年の今頃、汗水たらして作った作品が、みなさんの元に届いて、今はいい意味で客観視して見れることができていると思います」と語り、原作ファンだけでなく、幅広い層から愛される作品となった本作に感慨深い様子をみせた。 窪田と2度目の共演となる鈴木だが、これまで連絡先を交換しておらず、本作のイベントや取材で親睦を深め、数ヶ月前にようやく交換したことを明かし、「焼肉屋に今度連れて行ってくれる約束をしたんです!」と嬉しそうに語った。「俳優の先輩としてこれまでの作品を見させていただいていた中で、ご一緒に芝居をさせていただき、また共演したいと思える俳優さんです」と尊敬のまなざしを向けていた。 今回は、主題歌を書き下ろしたRADWIMPSボーカル・野田洋次郎さんのソロプロジェクト、illionがスペシャルゲストとして登場。実は、萩原監督は元々illionのファンであり、「Miracle」を聞いて『東京喰種 トーキョーグール』の世界観にピッタリだということからオファー。野田は、「半年以上前にお話しをいただいて、作品を観る前から関わっているすべての人が物凄い熱量でこの作品を届けたいという気持ちをぶつけてくださって、その後作品を見たら、出演しているすべての人が本作を愛していて伝えたいという思いが画面から伝わってきました。この作品に見合うだけの音楽を作りたいと思い、(主題歌を)担当させていただきました」と、主題歌を担当したことへの思いを語った。 そして、今回、特別に本作の主題歌である「BANKA」をピアノの弾き語りで披露。「人前で歌うのは今日が初めてなんですけど、精いっぱい歌わせていただきます」と言葉を投げかけると、ピアノの繊細な旋律が流れ、透き通るような歌声が会場に響き渡った。弾き語りを目の前で聞いた窪田は「本当にこの作品に携われて心から良かったと思っています」と言い、うっすら涙を浮かべていた。萩原監督も「最初に野田さんにお会いして、『東京喰種 トーキョーグール』を通して伝えたかった事や想いを話させていただいたんですが、野田さんなりの表現で包んでくれた。この曲が完成した時に『東京喰種 トーキョーグール』の新しい一面が見えたので、それをこうして目の前で聞けて感激しています」、鈴木も「心と言葉が突き刺さる音楽で、こんな目の前で聞かせていただいたのは初めてで、余韻が抜けないです」とコメントし、会場全体が余韻に浸っていた。 そんな感動の余韻が残るなか、鈴木の呼びかけで、8月6日(日)に誕生日を迎えたばかりの窪田にバースデイケーキが用意され、観客と一緒にバースデーソングを合唱。サプライズで行われたこの演出に、「ありがとうございます」と満面の笑みを浮かべながら嬉しそうにする窪田は、「去年の昨日、現場で東京喰種のスタッフに祝っていただいて、この1年でも大きな変化がありました。作品を通して出会いがあるわけで、これからも人との出会いを大切にしていきたいですし、悔いなく思い切って生きましたと言える1年にしたいと思います。そして、もっと楽しい30代を迎えられたらと思います」と20代最後の抱負を語った。最後に、「『東京喰種 トーキョーグール』に一役者として関われて幸せです。ぜひみなさんの手でたくさんの方に広めていただきたいです」とメッセージを送り、イベントは終了した。 映画『東京喰種 トーキョーグール』は大ヒット公開中 【CREDIT】 原作:石田スイ 出演:窪田正孝 清水富美加 鈴木伸之 蒼井優 大泉洋 監督:萩原健太郎 脚本:楠野一郎 配給:松竹 公式サイト:tokyoghoul.jp ©石田スイ/集英社   ©「東京喰種」製作委員会
HiGH&LOW

岩田剛典、窪田正孝ら出演『HiGH&LOW』SWORD各チーム、雨宮兄弟、琥珀&九十九の劇中カット

8月19日(土)公開の映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』より、SWORD各チーム、雨宮兄弟、琥珀&九十九の場面写真が解禁となった。 5つのチームが拮抗するSWORD地区を舞台に、覇権を争う若き男たちの闘いと、 熱い友情ドラマを描いてきた「HiGH&LOW」シリーズ。解禁されたのは、山王連合会・White Rascals・鬼邪高校・RUDE BOYS・達磨一家のSWORD各チーム、かつて圧倒的な支配力を誇っていたムゲンとたった2人で渡り合った最強の兄弟・雨宮兄弟(次男・雨宮雅貴:TAKAHIRO&三男・雨宮広斗:登坂広臣)、伝説のバイクチーム「ムゲン」のメンバー琥珀:AKIRA&九十九:青柳翔の場面写真。それぞれのカットが壮絶な物語を想起させる仕上がりに。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=BfhZMyX1A0A] 映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』8月19日(土)全国公開/映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』11月11日(土)全国公開 (C)2017「HiGH&LOW」製作委員会
犬猿

窪田正孝、新井浩文と兄弟役で共演!吉田恵輔が4年ぶりオリジナル脚本で挑む新作『犬猿』2018年2月公開

『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督の新作、オリジナル脚本で挑む『犬猿』の劇場公開が決定。主演を窪田正孝が務め、新井浩文、江上敬子(ニッチェ)、筧美和子が共演する。 吉田恵輔監督、4年ぶりのオリジナル脚本は「兄弟」「姉妹」をテーマにした人間ドラマ。印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この2組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく。 兄と弟、姉と妹の特別な関係は、次第に複雑な感情を溜め込んでついに爆発し、激しくぶつかり合う。マジメで気の優しい等身大のサラリーマンの弟役に窪田正孝、乱暴者でトラブルメーカーの兄役新井浩文、姉妹役に江上敬子(ニッチェ)と筧美和子がキャスティングされた。 窪田正孝 コメント 吉田恵輔監督のオリジナル脚本のもと、今回初参加させていただきました。兄弟姉妹を題材にした作品で共感できる箇所が沢山あると感じていました。吉田監督の演出はとても魅力的で日常に起こり得る、心情の静かなトーンやダークな色合いを引き出してもらい、気付けばご本人の人柄に惹かれていました。芝居の話や普段の会話をしていく中で、いつの間にか心の中の本音を見られている気がして怖くもありゾクゾクもしていました。 役に寄り添ってもらったり、時に突き離されたり、どこか摑みどころのない方だからこそ沢山話をして監督と演者の感覚を近づけたいと努めていました。人間って何なんだろう。なんで兄弟なんだろう。なんで家族なんだろう。なんであの人は…。誰しも色んな場面で不公平と思う瞬間が沢山あるかと思います。見え隠れする心情がこの犬猿という映画につまっていると思います。今回参加させていただき大変光栄でしたし、貴重な経験をさせていただきました。 新井浩文 コメント 窪田君とうちが兄弟にみえるのか。 それだけが心配です。 江上敬子(ニッチェ)コメント 犬猿のお話をいただいた時に、マネージャーから『とても出番が多い役だよ』と言われ、何故私にお声をかけて下さったのか謎でしたが、台本の自分の役名の下に、『太っていて容姿が醜い女性』と、ご丁寧にキャラクター説明がされてあり、納得した反面、もうちょいオブラートに包んだ言い方はできないものかと憤慨しました。そんな気持ちのまま読んだ台本でしたが、読み進めて行くにつれて、自分の役である由利亜に感情移入をしてしまい、引くぐらい泣いてしまったのです。初めてしっかり挑んだ映画が犬猿で良かったですし、演じた役が由利亜で良かった!それは間違いなく言えます。コントの演技で培った顔芸は封印し、(のつもりですが…)女優になった私の演技をぜひ見て頂きたいです。 筧美和子 コメント 映画犬猿にて幾野真子役を演じさせていただくことになりました筧美和子です。脚本を初めて読んだ時、不思議なほどに自分と役とが重なる感覚がありました。兄弟という関係を通じて一人一人が抱えている葛藤や弱さや思いがすごくリアルで人間味溢れる登場人物それぞれが愛おしかったです。こんなにも素敵な映画で大切な役を任せて頂けたこと、憧れの監督や役者さんとご一緒させて頂けること、すべてチャンスだと思って役と一緒に自分も成長していく気持ちで一生懸命やらせて頂きました。 吉田恵輔監督 コメント 久々のオリジナル作品。 数年間、溜め込んだアイデアを全て放出し、 やりたい事をやりつくしました。 お陰様で今は抜け殻です・・・ 妬み嫉みの行く先に見える、 愛の形はどんなもんか見てやって下さい。 映画『犬猿』は2018年2月より全国公開 ※吉田恵輔の「吉」は口の上が「土」が正式 【CREDIT】 脚本・監督:吉田恵輔 出演:窪田正孝 新井浩文 江上敬子(ニッチェ) 筧美和子 配給:東京テアトル 公式HP:http://kenen-movie.jp (C)2018『犬猿』製作委員会
東京喰種

『東京喰種』超特急・小笠原海、窪田正孝に顔を舐められた撮影裏話を披露「全然嫌じゃなかった」

映画『東京喰種 トーキョーグール』公開記念舞台挨拶が2日、都内・ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて行われ、出演の小笠原海(超特急)が登壇した。 石田スイ原作、週刊ヤングジャンプにて連載中の累計1800万部を誇る超人気コミックスを窪田正孝主演で実写映画化した本作。小笠原は窪田演じる主人公・カネキの唯一の親友・ヒデ役で出演している。 大きな拍手に迎えられた小笠原は公開後の周囲からの反応について「原作が好きな友人から『期待して見に行って、その期待を裏切らない、凄く面白かった』と言ってもらえたらので凄く良かったですね」と笑顔を見せた。また小笠原演じるヒデがSNS等で大きな反響を呼んでいることについて「ヒデがカネキを思う気持ちが伝わっていてくれたら嬉しいです」と頷いた。 またファンからの質問に答えるコーナーでは「潔癖症と聞いたのですが、血糊まみれになってどうでしたか?」と聞かれると「原作でもそうなので(現場でも)そういうことだろうなだろうなと思っていたので、凄くいやな感じとかはなかったです」と返答。続けて、「血糊のシーンは、朝入ってすぐ血みどろになって、夜まで血みどろで、次の日も血みどろっていう日が5日間くらいありました(笑)」と振り返り、「金髪だったんですけど、血糊の赤が入って、ちょっと赤く染まっちゃうっていう。でも次の日も血糊だから大丈夫かなって(笑)」と撮影秘話を明かした。 また、劇中で食べたハンバーグの食レポをリクエストされた小笠原は「質問じゃない!」と戸惑いを見せながら「毎回作りたてを持って来てくれるので、毎回新鮮な美味しさで、凄くジューシーで、ナイフを入れると肉汁が溢れてきて、口の中に入れるとアツアツなんですけど、噛めば噛むほど肉の甘さ、油の甘さが滲み出てきて、凄く美味しかったです。いかがでしょうか?」と華麗に対応。質問者から「素晴らしいです。頭の中にハンバーグが浮かびました」と高評価をもらい、交流を深めた場面も。 さらに「もし、小笠原自身がカネキみたいに半分人間で、半分喰種だったら親友に相談しますか?」との質問に、「いや、しないと思いますね…いや、するなあ(笑)」と葛藤。「いや、どうなんですかね?この仕事をしてないで普通に社会人だったらすぐに行方を眩まします。僕はアオギリ(原作に登場する過激派の喰種集団)に入ります(笑)」と語った。 窪田に顔を舐められるシーンについて「あれはアドリブで、窪田くんの」と撮影裏話を披露すると会場からは驚きの声が。「台本には"(窪田に)喰べられそうになる"とは書いてあったんですけど。まさか顔を舐められると思わなくて、びっくりしたんですけど、でも出来上がった映像を見たら凄く緊迫感があって、凄くカネキの喰種の一面が出ていたので、凄くいいシーンだと思いました」と窪田の演技へのアプローチに感銘を受けたことを明かした。そして「潔癖症だと自分で思ってるんですけど、(顔を舐められたことは)嫌ではなくて、多分ここにいる人で窪田くんに顔舐められて嫌な人いないと思います(笑)」と会場の笑いを誘った。 最後に「みなさんぜひ、今年の夏は東京喰種を見ていただければと思います」と締め、ファンとの交流を深めた舞台挨拶は無事幕を下ろした。 映画『東京喰種 トーキョーグール』は大ヒット公開中 【CREDIT】 原作:石田スイ 出演:窪田正孝 清水富美加 鈴木伸之 蒼井優 大泉洋 監督:萩原健太郎 脚本:楠野一郎 配給:松竹 公式サイト:tokyoghoul.jp ©石田スイ/集英社   ©「東京喰種」製作委員会
13,732ファンいいね
19,933フォロワーフォロー
28,146フォロワーフォロー

記事ランキング

公式Instagram