ホーム タグ 谷内田彰久

タグ: 谷内田彰久

爪先の宇宙

comico連載中「爪先の宇宙」映画化、桐嶋ノドカ×北村諒がW主演!主題歌も決定

マンガ・ノベルサービス「comico」で連載中の原作「爪先の宇宙」の実写映画化が決定。主要キャスト、主題歌アーティストが発表された。 manni原作の「爪先の宇宙」は、人との関わりを絶っていたヒロインの「過去」「こころの声」「成長」を描く再起ストーリー。親友との過去の出来事、親との関係で思っていることが口に出せなくなってしまった亜紀は「自分を変えたい」と近所のカラオケボックスでアルバイトをすることに。バイト仲間との出会いで「親友」「親」「恋愛」に触れ、一歩ずつ成長していく。 主人公の吉河亜紀を演じるのは、先日キングレコードへの移籍が発表されたシンガーソングライター・桐嶋ノドカ。W主演を務めるのは、舞台を中心に活躍している俳優・北村諒。バイト先のドSな先輩で、亜紀にいつしか恋愛感情を抱くことになるアンジを演じる。なお桐嶋は、音楽プロデューサー・小林武史、ryo (supercell)がWプロデュースを手掛ける新プロジェクトの第1弾楽曲で本作の主題歌を担当する。その他、バイト仲間のユメコ役に加村真美、亜紀の親友で店長の妹の朋子役に美沙玲奈がキャスティングされた。監督を『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』の谷内田彰久が務める。 桐嶋ノドカ コメント きっと誰もが持っている壊れやすい人の心の色々を優しく描く物語です。主人公の亜紀ちゃんの奮闘を応援するうちに、私も背中を押されるような気持ちになりました。そんな亜紀ちゃんの不思議な力強さを私の歌でも作品に注入できたらと思っています。そして演技に初挑戦。歌だけをしてきた私にどんなことが出来るのか、この経験がどんなふうに歌に還っていくのか、未知なる世界に踏み出せることを嬉しく、楽しみにしています。 北村諒 コメント はじめまして、アンジ役を演じさせていただきます北村諒です。不思議な魅力を持ったアンジというキャラクターを演じれること、すごく嬉しく思います。この作品の繊細な空気や、葛藤、人間らしさを表現できるよう精一杯努めます。よろしくお願いします。 映画『爪先の宇宙』は2018年公開 【CREDIT】 原作:manni 著「爪先の宇宙」(『comico』にて連載中) 監督:谷内田彰久 © manni/comico
ママダメ

『ママダメ』台湾女優ジェン・マンシューのお茶目なダジャレに誰も気づかず!?

映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』初日舞台挨拶が27日、都内・ユナイテッドシネマアクアシティお台場にて行われ、中野裕太、ジェン・マンシュー、原作者で本作のモデルとなったモギ夫妻、監督の谷内田彰久が登壇。主題歌を歌うericka hitomiもサプライズで駆けつけた。 本作は、Facebookで知り合った台湾全力女子「リンちゃん」と日本人緩慢男子「モギさん」が、距離を縮めゴールインするまでの過程をたどるノンフィクション・ラブストーリー。リンちゃんをドラマ「あの日を乗り越えて」の台湾女優ジェン・マンシューが、モギさんを『新宿スワンⅡ』などに出演する中野裕太がそれぞれ演じる。監督を、2016年放送のドラマ「拝啓、民泊様」を手掛けた谷内田彰久が務める。 シャイな日本人男性モギさんを演じた中野は、本作の一番好きなところを聞かれ「めちゃくちゃピュアなところ!恋愛映画だけどキスシーンすらない。手と手がふれ合うというような表現だけで、恋に落ちていく様子や恋愛が成就して結婚に至るまでを、プラトニックに描いているところが好きです」とコメント。 映画のキャンペーンで初めて日本のメディアの前に登場した、ヒロインのリンちゃんを演じた台湾人気女優ジェン・マンシューは、最初に日本語で「私はマンシューです。よろしくお願いします」とお茶目に挨拶。好きなところは「リアルなトゥルーラブストーリーが基になっているところ」と答え、「台湾の観光地なども出てきて、観客のみなさんも行ってみたいなと思ったのではないでしょうか?」と 観客に問いかける一幕も。 続けてマンシューは「リンちゃんとモギさんが2人で東京から長崎まで旅をするシーンを撮るため、ロケをしていました。短いスケジュールの中で、移動しながら少しずつ撮影を進めていくという経験は初めてだった」と語り、「途中、富士山を2人で眺めるシーンを撮るはずが、雲が覆ってしまい見えない状況になってしまった。その時あるダジャレを思いつきました!」と告白。 気になるダジャレは「富士山とモギサン。共通している”さん“のフレーズをかけて、富士山は残念ながら見られなかったけれど、私の目の前には大好きなモギサンがいるよ!という意味で、モギサンに対して”富士山”と指をさしました」と明かし、「そのダジャレに対して、現場で誰も共感してくれずさみしい気持ちになりました」と残念そうな表情。そんなマンシューのお茶目なダジャレに、中野は「正直、何を言われているか分からなかった(笑)俺が富士山!という意味かなと判断し、咄嗟に頭上に腕で三角を作り、山のポーズを決めた!」とコメントし、会場は笑顔に包まれていた。 そしてモデルとなったモギ夫妻はそろって、本作について「台湾の風景、優しさと情熱的な部分を兼ね備えた台湾人らしさを見て、改めて台湾に行きたくなる気持ちにさせてくれるところが好きです」と語り、モギ奥さんは「足つぼマッサージや自宅で麻雀をしていたり、劇中に出てくる母親や 居酒屋の女性達が、いかにも台湾の南の地方の情熱的なおばちゃん!という感じで好きです」と語った。 谷内田監督は「実は僕も2シーンくらい出演をしていたんです。気づいた方いましたか?」と観客に問いかけるが、反応が薄く、中野から「監督は自己顕示欲が強くて、この質問を毎回するけれど、誰も気づいていない!」とツッコミ、笑いをさらっていた。また、谷内田監督は「気軽に観てもらえる映画だと思う。大切な人と観てほしいです」と本作をアピール。最後はサプライズゲストとして、主題歌【ハンブンコ】を歌う ericka hitomi が登場。マンシューへ花束を贈り、イベントを締めくくった。 映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』は絶賛公開中 ©“Mamadame” production committee
ママダメ

『ママダメ』原作者モギ夫妻登壇、中野裕太らとほのぼのトーク「この映画を観たらきっと台湾に行きたくなる!」

映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』完成披露試写会が1日、都内・ユナイテッドシネマアクアシティお台場にて行われ、中野裕太、岡本孝、原作者で本作のモデルとなったモギ夫妻、監督の谷内田彰久が登壇した。 本作は、Facebookで知り合った台湾全力女子「リンちゃん」と日本人緩慢男子「モギさん」が、距離を縮めゴールインするまでの過程をたどるノンフィクション・ラブストーリー。リンちゃんをドラマ「あの日を乗り越えて」の台湾女優ジェン・マンシューが、モギさんを『新宿スワンⅡ』などに出演する中野裕太がそれぞれ演じる。監督を、2016年放送のドラマ「拝啓、民泊様」を手掛け、現在韓国に在住している谷内田彰久が務める。 イベントは、惜しくも来日できなかったヒロインのジェン・マンシューからのビデオメッセージで幕を開け、映画さながらほのぼのとした雰囲気でスタート。「この映画を観れば、こんな良いことがある!」とのMCからの問いかけに、中野は「僕から答えたいところなんですが、先ほど控え室でリンちゃんが『話がかぶった時に私パニクるからリハーサルした方がいい』って話してて、リンちゃんが先に答えてくれれば後は機転を利かせます!」と、慣れないステージに緊張しているリンちゃんに対し紳士な振る舞い。 中野のフォローで口を開いたリンちゃんは「映画を観たらきっと台湾に行きたくなると思います!」とにっこり。モギさんも「この映画を観た日本人が台湾を好きになって、この映画を観た台湾人が日本を好きになってくれる映画だと思います」と続けた。 中野は「この映画に90分を使ってくれると、その日の残り時間は普段よりちょっと笑顔多めで過ごせる。最近手をつないでなかったカップルなら、映画を観た帰りに手をつなぐ空気になると思う。その日を爽やかに、楽しく過ごせる良いきっかけになると思います」と本作の魅力を明かした。 また、撮影時の裏話を尋ねられると、リンちゃんは「最後のお母さんとリンちゃんのシーン。私も現場にいたんですが、十何回くらい撮って十何回くらい泣きました」と振り返る。中野は「リンちゃんは毎日現場に来てくれてて、モニターで自分の追体験しながら涙してましたね」としみじみ。モギさんも「蛭子さんが僕の下の名前を劇中で呼ぶんですが、その瞬間ドキッとしてましたね」と言い、劇中でモギさんの父親役を演じる蛭子能収との対面に興奮しきりだった様子。中野は「モギさんは、あまり心が揺れ動くことってないんじゃないかってくらい喋らないし物静かな人なんですが、蛭子さんがいる時だけすごいソワソワしてて、オフショットとかメイキングを撮った時に、蛭子さんの時のフレームにだけ入ろうとしてましたね(笑)」と裏話を明かし、笑いを誘っていた。 最後に谷内田監督は「携帯の電源はつけっぱなしにしてください。好きなシーンを写真に撮ったり、動画に撮っていただいて構いません。それをシェアしていただいても構いません。隣の人と喋りながら、楽しみながら観てください。90分全部は撮らないでくだいさいね(笑)」とアピールし、イベントを締めくくった。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=yPNKCDD0M7A] 映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』は5月27日より新宿シネマカリテ他にて順次公開 ©“Mamadame” production committee
ママダメ

中野裕太×ジェン・マンシュー『ママダメ』ポスター&予告編解禁、キャストコメントも到着

Facebookで知り合った台湾全力女子「リンちゃん」と日本人緩慢男子「モギさん」が、距離を縮めゴールインするまでの過程をたどるノンフィクション・ラブストーリー『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』が5月27日に公開される。この度、本作の予告編とポスタービジュアルが解禁となった。 本作のモデルとなるリンちゃん&モギさん本人が、2人の日常を紹介するFacebookページ「雖然媽媽説我不可以嫁去日本。」は現在32万人のファンを突破。Facebookの投稿を読みやすくまとめ、公開後大反響を呼んだウェディングフォトを収録した書籍「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」を原作に、リンちゃんをドラマ「あの日を乗り越えて」の台湾女優ジェン・マンシューが、モギさんを『新宿スワンⅡ』などに出演する中野裕太がそれぞれ演じる。監督を、2016年放送のドラマ「拝啓、民泊様」を手掛け、現在韓国に在住している谷内田彰久が務める。 予告編には、リンちゃん(簡嫚書: ジェン・マンシュー)とモギさん(中野裕太)2人がFacebookを通じて知り合う様子や、台湾の街中をデートする可愛らしい映像が主題歌「ハンブンコ」(ericka hitomi)にのせて映し出されている。また、本作のタイトルにもなっているような、リンちゃんが日本へお嫁に行くことを全力で止めようとするママ(王彩樺:ワン・サイファー)と言い争う一幕も。 [youtube http://www.youtube.com/watch?v=yPNKCDD0M7A] 中野裕太 コメント 原作の雰囲気を踏襲したポスタービジュアルですが、映画は、またそれをファンタジーにまでしっかり作り上げた、素敵なラブストーリーになっています。恋っていいな、旅っていいなって興味がわくキッカケにな るんじゃないかな!まずは予告編でその世界を少しのぞいて見て下さいね。 簡嫚書:ジェン・マンシュー コメント ようやく、日本の皆さんにこのキュートな実話を元にした映画を観て頂ける事に興奮しています!ポスター は元になったモギ夫婦の本の表紙とリンクしています。この映画の世界感を感じて頂けると嬉しいです! 谷内田彰久監督 コメント この映画には、恋して結婚できるってほんとに幸せなことだ!ってなんで忘れてた?って気がついて明日運命の人にできるかどうかは自分次第だというメッセージを込めています。一回目に1人で見た人は、2回目は絶対誰かと一緒に見てください! 映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』は5月27日より新宿シネマカリテ他にて順次公開 ©“Mamadame” production committee
ママダメ

中野裕太、Facebookで出会った日台カップルの実話描く主演作をアピール「『国際結婚って素敵だな』と思えるような作品」

映画『ママは日本に嫁に行っちゃダメと言うけれど。』イベント試写会が6日、都内・新宿シネマカリテにて行われ、主演の中野裕太、監督の谷内田彰久が出席した。 本作のモデルとなるリンちゃん&モギさん本人が、2人の日常を紹介するFacebookページ「雖然媽媽説我不可以嫁去日本。」は現在32万人のファンを突破。Facebookの投稿を読みやすくまとめ、公開後大反響を呼んだウェディングフォトを収録した書籍「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」を原作に、リンちゃんをドラマ「あの日を乗り越えて」の台湾女優ジエン・マンシューが、モギさんを『新宿スワンⅡ』などに出演する中野裕太がそれぞれ演じる。監督を、2016年放送のドラマ「拝啓、民泊様」を手掛け、現在韓国に在住している谷内田彰久が務める。 この日は約40名のツインプラネット所属モデル・タレントが本作を鑑賞。Facebookで出会った国籍の違う2人の男女が結婚した実話を映像化するにあたって、役作りや意識したことを尋ねられた中野。「このお話をいただいた時に、原作のモギさんとリンちゃん、監督と一緒にご飯を食べて、お2人の関係性とか人柄を感じるところからまず入りました。映画を作る上で、モギさんたちの人生をそのままドキュメンタリーのように再現するというより、もっとファンタジックに、『国際結婚って素敵だな』と思えるような作品を目指そうと監督と意識しました」と言及した。 続けて役について「モギさんは言葉が少ないんです。言葉でバーッと感情表現するわけではないけど、何も考えていないわけではなくて。お芝居としては、言葉じゃないところの目の動き、空気感のやり取りとかを一番気をつけましたね」と明かした。 本作のヒロインを台湾女優のジエン・マンシューが演じている。彼女について谷内田監督は「台湾では有名な女優さん。ちょっと変わった女優さんで、すごく自分の世界を持っているんです。男っぽくてサバサバしていて、何か指示すると大体『バカ』って言われるんです(笑)」と吐露。中野も「覚えてる日本語がそれだけなんだよね(笑)」と言い、笑いを取っていた。 最後に中野は「人生を考えさせられる映画があったり、ジェットコースターに乗ったかのような映画もあって。この映画はサラッと爽やかに観れる。1日のうちの90分をこの映画に使ってくれれば、普段よりほっこりと、気の緩んだ笑顔の多い日を過ごせるかなと思います」とアピール。 谷内田監督は「好きなシーンがあったら、そのまま携帯で撮って持って帰ってシェアしていただいて結構です!」と大胆発言。会場から驚きの声が溢れると、「さすがに90分ずっと撮るのはやめてくださいね(笑)隣の人とおしゃべりしながら観ていただいても構わないし、好きにリラックスして観ていただけたら」と語った。谷内田監督のシェア発言に、中野は「そう観てもらえるように僕たちは作ったので、別に手を抜いてるわけではないです(笑)」と笑顔をのぞかせ、イベントは幕を閉じた。 映画『ママは日本に嫁に行っちゃダメと言うけれど。』は5月27日より新宿シネマカリテ他にて順次公開 ©“Mamadame” production committee
13,732ファンいいね
19,933フォロワーフォロー
28,146フォロワーフォロー

記事ランキング

公式Instagram