ホーム タグ GACKT

タグ: GACKT

キングコング:髑髏島の巨神

『キングコング:髑髏島の巨神』GACKT、爆音上映に「最高の音を体感できる絶好のチャンス」

映画『キングコング:髑髏島の巨神』爆音・応援上映イベントが5日、都内・丸の内ピカデリーにて行われ、主人公の吹替声優を務めるGACKTが登壇した。 この日は、本作の迫力を存分に味わうことができるIMAXや3D、4DXに続き、ライブ用の音響システムを使った大音響の中で映画を観る&聴くことで「映画」を超えた“体感”型・爆音上映会、更に観客参加型の応援上映もプラスされた史上初となる「爆音&応援上映イベント」を実施。 史上初の爆音×応援上映イベントに会場が沸く中、GACKTは「元気ですか?皆さんのテンションの高さに驚いています。」とコメント。3月15日に行われたジャパンプレミアで、来日キャストと交わした会話について「(トム・ヒドルストンからは)映画の撮影が大変だったという話を聞きました。ジャングルでのロケが本当に暑くて湿度も高く、気が滅入りそうだったそうです。レッドカーペットでは、来日キャストは寒すぎるとずっと言っていましたね。ステージではブリー・ラーソンがあまりの寒さに途中で降壇してしまい、こんなのアリなんだと驚かされました(笑)」と、冗談を交えながら語った。 また、本作の冒頭にMIYAVIが出演していることにちなんで、ハリウッド映画出演について聞かれると「まあ、タイミングが合えば、ですね。最初に映画を観たとき、MIYAVIにそっくりな人が出ているなと驚きました(笑)もしハリウッド映画に出演するなら、キングコングをやりたいですね。人を救うシーンとかなかなか上手いと思うんだけどな」と会場の笑いを誘っていた。 最後に「吹き替え版の僕の声、自分で言うのもなんですが結構良い声だと思うんです。最初はトムの顔が僕の声でしゃべっているので違和感を覚えるかもしれませんが、途中から違和感がなくなってトムの声に聞こえてきますよ!4回くらい観たら、もう僕の声がトムの声だと認識してもらえるかと。最近はタブレットなどの端末で映画を観ることもできますが、やはり映画館が一番だと思います。特に爆音上映は専用のスピーカーを入れて最高の音を体感できる絶好のチャンスです。音と映像を楽しんで行ってください」と、これから映画を観る観客に向けてメッセージを送り、イベントを締めくくった。 映画『キングコング:髑髏島の巨神』は大ヒット公開中 【CREDIT】 出演:トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・C・ライリー、他 監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ 公式サイト:www.kingkong-dokuro.jp ©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
キングコング

2020年『ゴジラvs.コング』への伏線?エンドロール最後の映像にGACKT驚愕

映画『キングコング:髑髏島の巨神』公開アフレコが16日、都内・アバコクリエイティブスタジオにて行われ、GACKTと佐々木希が本作の見どころや次回作について言及した。 本作を観賞したGACKTは「おそらく皆さんのキングコングのイメージ、話の展開から『いつビルに登るんだろう』と思うはず。キングコングの誕生から物語がスタートするんですが、途中時間軸が2つに分かれて進行するところとか、想像を超える生物が全部理由があって出てくるんですよね。この世界で生きるのはキツいだろうなと(笑)」と見どころを語る。 続けて、ジブリや日本の特撮作品をオマージュしたようなシーンがちりばめられていることを明かし、「ジブリファン、特撮ファンも『これあのシーンだ!』と感じてもらえる。そういうオマージュも楽しめるんじゃないかなと思います」と笑顔。さらに「エンドロールの最後に、ある予告編が始まるんですが、知っている方はきっと大笑いするはず。嘘だ…と、そこまで予定しているのかという展開がバンバン出てくるので、わかる人は最後手を叩いて笑うと思う」と熱弁していた。 また、2020年に『ゴジラvs.コング/Godzilla vs. Kong(原題)』の公開が予定されているが、「この映画を観た後、みんなきっと『どうなるんだろうな』って思うはず。日本のタイトルでは“キングコング”となってるけど、オリジナルは“コング”。つまり、ただのコングがどうやってキングになっていくのか、そこから次の物語へと進んでいくので...こんなに言っちゃっていいのかな?」と述懐。深くまで内容に切り込んだGACKTは「『ジュラシック・パーク』より20倍、30倍面白い。シリーズ化も決まっているので、これを観ないと楽しめない。騙されたと思って観てください」と本作の出来栄えを絶賛していた。 コングの他にもあらゆるクリーチャーが出てくる本作だが、佐々木は「やっぱりキングコング!最初は『怖いじゃん…』と思っていたんですが、どんどん感情移入していって『キングコング頑張れ!』っていう気持ちになってく。ちょっと可愛らしくも見えるキャラクターでもあって、逞しい様子は男性も女性も好きなんじゃないかなと思います」とコメントした。 『キングコング:髑髏島の巨神』2014年に『ゴジラ』シリーズをリブートして世界的に成功を収めたレジェンダリー・ピクチャーズとワーナー・ブラザースが再びタッグを組み、大自然の真の“キング”を新たな視点で描くスペクタクル超大作。神話の中だけに存在すると思われていた島が実際にあることが分かり、派遣された遠征隊が、地図に載っていない“楽園”の驚異と危険を体感する。 監督をジョーダン・ヴォート=ロバーツが務め、調査遠征隊のリーダー・コンラッド役を『マイティ・ソー』シリーズのロキ役で知られるトム・ヒドルストンが演じ、『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたブリー・ラーソンが戦争写真家ウィバーに扮する。共演にサミュエル・L・ジャクソン、ジョン・C・ライリーが名を連ねる。すでにシリーズ化も決定し、2019年3月には『ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ(原題)』、2020年には“GODZILLA(ゴジラ)”と対峙することも発表されている。 映画『キングコング:髑髏島の巨神』は3月25日より全国公開 【CREDIT】 出演:トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・C・ライリー、他 監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ 公式サイト:www.kingkong-dokuro.jp ©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
キングコング

『キングコング』アフレコでGACKT、緊張気味の佐々木希を紳士にリード「僕はかわいい人に優しい」

映画『キングコング:髑髏島の巨神』公開アフレコが16日、都内・アバコクリエイティブスタジオにて行われ、GACKTと佐々木希が出席した。 『キングコング:髑髏島の巨神』2014年に『ゴジラ』シリーズをリブートして世界的に成功を収めたレジェンダリー・ピクチャーズとワーナー・ブラザースが再びタッグを組み、大自然の真の“キング”を新たな視点で描くスペクタクル超大作。神話の中だけに存在すると思われていた島が実際にあることが分かり、派遣された遠征隊が、地図に載っていない“楽園”の驚異と危険を体感する。 監督をジョーダン・ヴォート=ロバーツが務め、調査遠征隊のリーダー・コンラッド役を『マイティ・ソー』シリーズのロキ役で知られるトム・ヒドルストンが演じ、『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたブリー・ラーソンが戦争写真家ウィバーに扮する。共演にサミュエル・L・ジャクソン、ジョン・C・ライリーが名を連ねる。すでにシリーズ化も決定し、2019年3月には『ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ(原題)』、2020年には“GODZILLA(ゴジラ)”と対峙することも発表されている。 トム・ヒドルストン扮する髑髏島へ派遣された調査隊リーダー・コンラッドの声を担当するGACKT。佐々木が演じるのは、『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したブリー・ラーソン扮する写真家ウィーバーだ。緊張気味の佐々木をリードするかのように完璧な芝居を見せるGACKTは、何度かセリフをつっかえてしまう佐々木を見て「カワイイな」とにっこり。 佐々木は紳士にテイクを付き合ってくれたGACKTとの共演に「本当に感動しました。初めて一緒にお仕事させていただいたんですが、オーラがピカピカっと輝いていて、『私なんかとお話ししてくれるのかな』と思っていたんです。でも最初から色々教えてくださって、すごい優しい方だなって思いました」と明かす。その言葉にGACKTは「僕はかわいい人に優しいですよ。紳士ですから」と笑顔をのぞかせていた。 MCからハリウッド進出について尋ねられると、5ヶ国語が堪能なGACKTは「ツアーの製作のため映画のオファーとか全部断っていたんですが、海外でまた映画をやりたいなと思っていた。チャレンジしたい」とコメント。佐々木も「恐れ多いですが、機会があったら是非挑戦してみたい」と期待を込めた。 映画『キングコング:髑髏島の巨神』は3月25日より全国公開 【CREDIT】 出演:トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・C・ライリー、他 監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ 公式サイト:www.kingkong-dokuro.jp ©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
デッドプール

『デッドプール』GACKTが“デップー”アクションを絶賛 「エクストリームマーシャルアーツが凄い」

映画『デッドプール』ジャパンプレミアが26日、都内・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた。ゲストにGACKT、ヒップホップユニットのCreepy Nuts(R-指定&DJ松永)が登壇した。 『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』に登場した異色のヒーロー、デッドプールを主役に描くアクションエンタテインメント。末期ガンを宣告され、悲惨な人体実験の被験者となった特殊部隊出身の傭兵ウェイド・ウイルソン(ライアン・レイノルズ)が、驚異的な治癒能力を武器に、毒舌家で自己中心的という型破りなアンチヒーロー・デッドプールとして悪の組織と戦うさまを描く。 舞台挨拶前に行われたステージイベントは、“俺ちゃん”ことデッドプールを筆頭に、ダンサーとCreepy NutsのR-指定&DJ松永によるスペシャルパフォーマンスで幕開け。R-指定が軽快にラップを繰り広げる中、デッドプールが茶目っ気たっぷりにパフォーマンスに参加し、会場は熱気に包まれていた。 続けて、“デップー”グッズやコスプレに身を包んだファンが待つ舞台挨拶会場では、会場が熱気に包まれる中、歓声とともに登場したGACKT。デッドプールの大ファンというGACKTは「『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』の時からデッドプール大好きで、こうして単独の作品が出てくるのをずっと待っていたんですよ。英語版で観たんですが、ぶっ飛んでるんですよね」とコメント。 さらに「これ日本でやるときに『R-15でいけるのかな』ってずっと思っていたんです。だいぶブラックな発言も多いですし、あまり言えないですが、アボカドのくだりとかちょー好きなんですよ」と本作の感想を明かした。マーベル映画ならではのド派手なアクションシーンについても「凄いんですよね、今までのアプローチと全然違うやり方。専門的な見方をすると、“エクストリームマーシャルアーツ”のような表現をしていて、いろんな技を魅せてくれる。なかなか大きな技は映画で使われないんですが、むちゃくちゃ使ってきてる」と語り、「よく映画の中で上手に組み込んできたなと。派手なアクションに目が行きがちなんですが、結構細かいことを役者がやっているので、『一体何人怪我したんだろう』っていう視点でも観ると、2回3回観れるんじゃないかな」とアクションシーンを絶賛した。 また、“クソ無責任ヒーロー”と称されるデッドプールに対し、「だいぶツボにハマりましたね。こういうヒーローのアプローチの仕方ってなかったので、『やっときたか!』という感じ。ハリウッドもコミックから映画化される作品が増えてきていて、パターン化してきたところもあるんです。ダークヒーローってよりも、頭の悪いヒーロー。でも強いんですよ!新しいアプローチになるんじゃないかな」とアピールした。 最後に本作の大ヒットを祈願した鏡開きが行われた。レッドカーペット招待ゲストには、読売ジャイアンツのマイルズ・マイコラスとローレン夫妻、女子プロボクサーの高野人母美が登場した。 映画『デッドプール』は6月1日よりTOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー 【CREDIT】 監督:ティム・ミラー 出演:ライアン・レイノルズ、モリーナ・バッカリン、エド・スクライン、T.J.ミラー、ジーナ・カラーノ 配給:20世紀フォックス映画 レイティング:R15 公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/ 公式Twitter:https://twitter.com/DeadpoolMovieJP Facebook:https://www.facebook.com/deadpoolmoviejp/ © 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
13,681ファンいいね
19,927フォロワーフォロー
28,184フォロワーフォロー

記事ランキング

公式Instagram