『スター・ウォーズ』エピソード8の邦題は“最後のジェダイ”、公開は12月15日に決定!

スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に続く最新作『STAR WARS:THE LAST JEDI』の邦題が『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に決定した。12月15日に全国公開されることがわかった。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ
© 2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

前作に引き続き、レイ役のデイジー・リドリー、フィン役のジョン・ボイエガ、カイロ・レン役のアダム・ドライバー、ポー・ダメロン役のオスカー・アイザック、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、レイア姫役のキャリー・フィッシャー、C-3PO役のアンソニー・ダニエルズらが出演。また、役どころは未だ明かされていないが、新たにベニチオ・デル・トロ、ローラ・ダーン、ケリー・マリー・トランが加わることが発表されている。前作で監督を務めたJ.J.エイブラムスは本作では製作総指揮を務める。

監督と脚本を担当するライアン・ジョンソンは「『フォースの覚醒』は大冒険でキャラクターを紹介した作品。『最後のジェダイ』はキャラクターを掘り下げ、核心に迫ることになる」とコメント。プロデューサーのキャスリーン・ケネディは「こんなことは初めて言いますが、撮影中のライアンを見ているとスティーヴン・スピルバーグと重なることがあります。ドラマ構築、ユーモアのセンス、カメラワークなどなどすごい感性の持ち主なので、皆さん楽しみにして大丈夫です!」と太鼓判を押している。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は12月15日より全国公開

【CREDIT】
監督・脚本:ライアン・ジョンソン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

© 2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で