『恋と嘘』北村匠海、佐藤寛太が森川葵に公開プロポーズ!どっちを選ぶ…?

映画『恋と嘘』公開直前ウエディングイベントが10日、都内・アニヴェルセル表参道にて行われ、森川葵、北村匠海、佐藤寛太が登壇した。

恋と嘘

森川がウエディングドレス姿、北村と佐藤がタキシード姿でそれぞれ登場。ブルーのバージンロードを1人ずつゆっくりと歩くと、会場に集まった女子高生たちから「かっこいい♡」「かわいい♡」と黄色い歓声が。森川が階段を上がる際には、佐藤が手を差し伸べてエスコートする一幕も見られた。

恋と嘘

森川は「(イベントでのウエディングドレス姿は)初めてです!映画の撮影とかでは着たことあるんですが、イベントで…しかも素敵なチャペルで出来るなんて、すごく嬉しいです」とにっこり。

恋と嘘

トークでは、「結婚相手に対して絶対に譲れないこと・望むことは?」との質問が。森川は「なんだろう…美味しいものを食べてる時がすっごい幸せで。甘いものが大好きで、自分が『美味しいっ』って感じるものを、一緒に『美味しいっ』って分かち合える人」と答え、いま一番ハマっている食べ物を聞かれると「グミ」と即答。北村は「ちょっと理解できない(笑)」とハニカムも、一方の佐藤は「俺グミ好きですよ!」と意気投合した様子。

恋と嘘

北村は「もちろん僕も結婚したことないのでわからないですけど…(笑)お芝居が好きな人かな。一緒に映画観て楽しめる人。結構コアな映画が好きなんですが、終わった後にその映画について論議できる人がいい」とコメント。森川は「だめだー(笑)私、映画の感想とかを話し合えないんです」と答えると、佐藤は「俺出来るよ!」と北村ともマッチングしていた。

恋と嘘

そんな佐藤は「“圧倒的に”笑ってくれる人がいい!」と答えるも、絶対的なスベり知らずというわけでもないようで「なんだろう…普通に(笑)普通に笑ってくれる人」と笑顔をのぞかせていた。森川も北村も「寛太といると楽しいから自然に笑っちゃう!」と仲睦まじい様子をのぞかせた。

恋と嘘

イベントでは、北村と佐藤から森川へプロポーズの言葉を発表。北村は劇中同様、幼馴染という設定で「同じ帰り道に、普段から会っている時計台のある公園で夜空を見ながら…」とシチュエーションから入り、森川に馴れ初めを交えながら「俺の全てをかけて葵を幸せにするから…結婚してください」とプロポーズの言葉を披露。

森川は「ズッキュン♡」と胸を押さえながら悶絶していた。その様子に佐藤は「慣れてんな(笑)初めてじゃないでしょ!」とツッコミ、劇中でのワンシーンを思わせるシチュエーションに笑いをこらえていた。

恋と嘘

佐藤は、北村とシチュエーションを同じくして「映画楽しかったね!あのさぁ…一生大事にするので結婚してください!」と唐突にプロポーズ。森川には刺さらなかったようで「ええ!?」と苦笑い。北村も「『映画楽しかったね!』からの、ジェットコースターのようなプロポーズだった(笑)」と笑みをこぼしていた。

恋と嘘

結果的に森川は、熟考の末「選べません…」と答え、「(佐藤は)一緒にいて楽しいけど、キメる時の男らしさが足りない!(北村は)普段はケンカしがちだけど、キメる時に男らしくキメてくれる…良いところがそれぞれあるから、本当に決められない!」と悩ましい選択にため息をこぼしていた。

恋と嘘

イベントの最後には、森川が集まった女子高生たちに向かってブーケトスを行うなど、大盛り上がりの中で幕を閉じた。


原作はマンガアプリ「マンガボックス」にて連載され、一ヶ月あたり総閲覧数350万人を超え読者人気No.1に輝き、発売されたコミックスも続々重版となった大ヒット漫画。どこにでもいるようなお姫様になることに憧れる女の子が、性格が真逆の2人のイケメン男子に挟まれる王道の三角関係ストーリー。物語は、国が国民の遺伝子情報を分析・把握し最良の結婚相手を決める政策「超・少子化対策法」(通称「ゆかり法」)が施行された世界で繰り広げられる。

政府が決めた最高の結婚相手か、側にいる最高の相手か、究極の選択を迫られるヒロイン・仁坂葵役に森川葵、葵に密かに想いを寄せるイケメンで優しい幼なじみ・司馬優翔役に北村匠海(DISH//)、葵の政府通知相手であり、謎めいた無口なオラオラ系イケメン・高千穂蒼佑役に佐藤寛太(劇団EXILE)が選ばれた。監督を『ReLIFE リライフ』『一礼して、キス』の古澤健が務める。

映画『恋と嘘』は10月14日(土)より全国公開

【CREDIT】
出演:森川葵、北村匠海、佐藤寛太、浅川梨奈、田辺桃子、温水洋一、遠藤章造、中島ひろ子、三浦理恵子、木下ほうか、徳井義実
原作:ムサヲ(週刊少年マガジン編集部「マンガボックス」連載)
配給:ショウゲート
制作プロダクション:The icon
公式サイト:koiuso.jp

©2017「恋と嘘」製作委員会 ©ムサヲ/講談社

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で