マーベル『デッドプール2』2018年6月に日本上陸!“俺ちゃん節全開”の特別映像も

マーベル史上最も過激(やりすぎ)なヒーローが主役の映画『デッドプール』待望の続編、『デッドプール2(仮題)』の日本公開が2018年6月に決定。合わせて、“俺ちゃん節全開”の特別映像と特別画像が到着した。

デッドプール
「デッドプール2(仮題)」特別画像

特殊部隊の精鋭だったウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)が、意思とは裏腹に不死身の肉体を身につけ、自ら作ったユニフォームで“デッドプール”として戦うさまを描いた前作『デッドプール』。能天気で無責任、口から飛び出すのは毒舌ばかり、子供のようなギャグが大好き、自分のことを“俺ちゃん”と呼び、ハローキティグッズを愛用するお茶目な一面もあるヒーローが“デッドプール”だ。

「デッドプールと油彩画法を学ぶ絵画教室」と銘打った日本初解禁となる映像は、日本でも1990年代前半に放送され人気を集めたTV番組「ボブの絵画教室」をパロディしたもの。画家ボブ・ロスのトレードマークともいえる白シャツにGパン(もちろんシャツはイン)にアフロヘアーまで真似したデッドプール。

しっかり“しごいた”筆で“おしっこ色”から描き始めると、瞬く間に芸術的な絵が完成。「“白い粉”の中を転げまわりたい」などと俺ちゃん節全開で進行していく。突如、激しいアクションシーンや、仲間たちが映し出されるが、たった数秒で終わってしまい、気がつけば先程とは違った絵が完成している。

映像のラストにも登場する画像は、アメリカ人画家ノーマン・ロックウェルの感謝祭の七面鳥をオーブンから出している家庭の風景を描いた絵。これまたパロディーで、子供たちに料理を振舞うお母さんにデッドプールが扮している姿が確認できる。サポートする父親はデッドプールの相棒・ケーブル、料理を楽しみに待つ子供達にウィーゼル、コロッサス、ブラインド・アル、ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド、ヴァネッサ、ドーピンダー、本作から新たに登場するドミノというクセが強すぎる家族がお目見え。壁にはマーベル・コミックスの巨匠スタン・リーの姿が。

ジョン・ウィック』の共同監督デヴィッド・リーチが監督を務める本作は、ライアン・レイノルズが引き続きデッドプールを演じプロデューサーも兼任。感謝祭の絵に描かれているようにジョシュ・ブローリン演じるケーブルや、ザジ・ビーツ演じるドミノなど新キャラクターも登場する。

映画『デッドプール2(仮題)』は2018年6月より日本公開

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
映画ランドをインストール