ジェラルド・バトラー主演のディザスター映画『ジオストーム』B’zの新曲流れる日本語版予告

ジェラルド・バトラー主演のディザスター・アクション『ジオストーム』が2018年1月19日(金)より公開される。この度、主題歌を担当するB’zの新曲「Dinosaur」が流れる日本語版主題歌予告が到着した。

ジオストーム

主題歌を担当するB’zの新曲「Dinosaur」流れる日本語版主題歌予告が到着


映像には、地球全土がとてつもない大災害に見舞われる様子が捉えられている。リオデジャネイロに突如出現する「氷点下の津波」や東京・銀座に降り注ぐ「5m級の雹」。B’zの新曲「Dinosaur」に乗って、衝撃的な映像と仕上がった。

ジオストーム

B’zが洋画の主題歌を担当するのは本作が初。『インデペンデンス・デイ』シリーズなど、数多くのデ ィザスター作品に携わってきた監督ディーン・デブリンは「とても野性的なギター音と歌声は、空前絶後のディザスタームービーである『ジオストーム』にぴったりですし、また彼らの一貫したブレない音楽性は、本作の主人公・ジェイク・ローソンの生き方そのもののようで、出会うべくして出会った楽曲だと確信しました!」と語り、本コラボを大絶賛している。

また配給会社のワーナー・ブラザース映画は、「『ジオストーム』はエンターテインメント超大作です。どんなアーティストとコラボさせていただくのがよいかと考えた時に真っ先に案にあがったのが、大迫力のギターサウンドと熱い歌詞でファンを魅了するB’zさんでした」 と熱烈オファーの胸の内を明かした。


本作の舞台は、未曾有の自然災害に襲われ続ける地球・人類を守るため、世界各国が団結し、最新テクノロジーを搭載した天候を制御できる気象コントロール衛星を開発している『ジオストーム』の世界。世界の天候は完璧に管理されていたが、運用開始から3年後、地球を守ってきた“気象コントロール衛星”が大暴走、世界中で不可解な異常気象を次々と引き起こし、地球に猛威を振るうさまが描かれる。

気象コントロール衛星の生みの親である科学者・ジェイク役にジェラルド・バトラー、ジェイクの弟で国務省職員のマックス役にジム・スタージェスが扮する。監督を『インデペンデンス・デイ』で製作・脚本を担当したディーン・デブリンが務める。

映画『ジオストーム』は2018年1月19日(金)より全国公開

【CREDIT】
監督:ディーン・デブリン
出演:ジェラルド・バトラー、ジム・スタージェス、アビー・コーニッシュ、アレクサンドラ・マリア・ララ、ダニエル・ウー、エウヘニオ・デルベス、エド・ハリス、アンディ・ガルシア
配給:ワーナー・ブラザース映画

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
映画ランドをインストール